2007年11月12日富士五湖撮影レポ *−1

富士五湖での寒〜い撮影から帰ってきました。^^

心配していた天気も晴天にはならなかったものの、時間、時間で変化する様々な自然の顔、全てを体験できる、不思議な1日の中、晴れ間や雨の中、色々な表情の自然とのコラボ写真を撮ることができました。

私達が撮影に行った本栖湖、西湖周辺は今が紅葉の真っ最中で、湖になだれ込むようにして山の木々達がこんもり美しい色で声をあげていました。すごい勢いです。

「日本に生まれてよかったね〜」ってみんなで言いながら秋を満喫。

朝方4時過ぎに西湖に到着。
もちろん真っ暗闇の中、撮影ポジションに既に釣り師の方達の先客がいました。
「ものすごい朝早くからお魚さん釣っているんですね。そのことにびっくり。」
「しかも、独りで。」
日の出と共に撮影開始で、色が上がってしまうほんの30分間のあの朝もやのなんとも言えないブルーの中で撮りたい!というコンセプトがあったので、日の出にあわせて急ピッチで準備を開始。

その時間、急な雨が降ったり止んだりの繰り返しだったのですが、朝霧の中での撮影30分の間だけは不思議と雨が止んでいました。
最後の方、急に雨がわ〜っと降ってきて、あえなくそこでの撮影は終了。
でもその最後の雨も望んでいたわけではないけれど、降ってくれたお陰でしっとりとした良い写真が撮れたと思います。

私のイメージは朝もやの日が上がるまでのほんの何十分間のあの美しいブルーは心の中にある自分の湖の色なんです。






写真は連日のお仕事でお疲れなのに、わざわざ今回のKOKIAのスチール撮影のメイキング風景を撮りに参加してくれに来た、お馴染み土屋監督こと、ツッチー。


移動中に沈没。ティッティを膝に乗せたままぐ〜ぐ〜。

2007年11月10日雨はまだ降る〜:::::

雨乞いをする人あれば、輝輝坊主をかかげる人あり・・・。
この分では雨の中、過酷な撮影になりそうですが、自然の中に行くのはいつでも楽しいので、いい空気を吸ってきます。
深夜2時出発なので本当は今から少し寝た方がいいくらいなんだけど、流石にこの時間には眠れなくて、色々と遠足前のように準備しています。
帰ってきたら撮影レポ載せますね。
どんな写真が撮れるか楽しみです。自然相手だとこうしてお天気にはこちらが思うように恵まれなくても、その時々に見せる自然の色身、質感、想像もしない素晴らしい写真になることもありますからね。
私はそういう偶発的なものも好きです。
予定調和じゃないのがいいです。
っというわけで、行ってきま〜す。

2007年11月10日雨が降〜る〜♪撮影なのに〜

思わず歌っちゃいました。^^;

ロケハン行った時はあんなに晴れていたのに・・・。
今日の深夜から明日にかけて、富士五湖で撮影があるのですが、まさかの雨でガ〜〜〜ンってなっています。
どうか、夜までには嘘のように止んで、朝方にが綺麗な朝日が拝めますように・・・。
みんなで輝輝坊主して下さい。

寒いのは我慢します。でも、雨では撮影ができなくなってしまうんです。かんぴー。

2007年11月07日アルバムレコーディング日記 ♪

ども。KOKIAざんす。
今月はなんと今から9曲のレコーディングが待っています。
9曲というと、そのまま1日1曲で9日間と思われるかもしれませんが、生で入れる楽器があればその楽器のレコーディングに始まり、歌(メインボーカル)入れ、コーラス入れ、MIX,と、1曲にかかる時間が2日から3日はかかるんです。
^^:・・・というわけで、毎日レコーディングをしてもかなりタイトになってきます。
ギャオ〜〜〜〜〜〜〜!!(吠えてみたくもなります)

11月21日にはシングルが出ますし、なんだか私の頭の中は賑わっています。
21日にシングルがリリースされた暁には、この今レコーディングしているアルバムについて、少しずつこの場を借りて語らせてもらおうかなぁって考えています。

そうそう、今、私の頭の中をかなりの範囲で占めているホームページのグランドリニューアルももうすぐです。
多分、シングルの発売にどうにかあわせられるんじゃないかなぁ?っと、思っています。思考錯誤の末、カワゆくて見やすい、デザインが出来上がりつつあります。

雰囲気は今のページとはガラっと変わってしまういますが、お楽しみに!
ほいでは、がんばります。

2007年11月06日KOKI薬曲〜ありがとう。

KOKI薬曲では、たくさんのメッセージをありがとうございました。
お陰で、喋る事がいっぱいあって、おしゃべりしている私もとっても楽しかったし、あっという間の30分になりました。
次回もみんなメールやファックス下さいね。

KOKIAより。^_^/

2007年11月05日三軒茶屋より〜KOKI薬曲

毎月第1第3月曜日、夜20:30~からはインターネットラジオ、歌う薬剤師KOKIAの「KOKI薬曲」の時間です。
今日は三軒茶屋に早くつきすぎて、こうしてブログを書くほどの余裕が!
みんなKOKIAに質問メールでも、ファックスでもおくれ〜。
待ってます。
ほいでは、がんばります。あと、20分後です。^_^/

2007年11月04日11月になりました。

11月は母の誕生月です。
そのせいか、私の母のイメージはシクラメンやコスモスといった秋の花です。
小さい頃、よくシクラメンやコスモスが好きだと言って母が山口百恵の「秋桜」や布施明の「シクラメン」を歌いながら家事をしていたのを覚えています。
あの頃は母の歌うその歌の歌詞の意味など分からずに聞いていましたが、大人になって改めて聞くと本当にいい曲だなぁっと思います。
「ありがとう噛み締めて 私なりに生きて行きます」(秋桜歌詞より)
のフレーズなんて、今の私の心境まんまです。

母は毎年、小さなシクラメンを駅前で買ってきては、自分の家用と私の家用に分けてくれます。今年も小さな赤と白のシクラメンをくれました。
そんな母が好きです。
毎日仕事でお互いに忙しく過ごしているので、毎日顔を会わせる事がなくても、窓辺に笑うシクラメンを眺めることで、母を想います。

私が中学生の頃、母とあまりコミュニケーションが上手くいってなかった時、こんな事がありました。
秋の始まり、車の中から見えた光の束のようなイチョウに。
「イチョウの葉っぱ綺麗!」と母が声をあげました。
私は・・・「う・・・ん」
小さくうなずいただけ。
その後母は言いました。
「綺麗なものを見て綺麗!って声を出して言えないなんて、かわいくないね」って。
その言葉は私をはっとさせました。

時が流れ、季節は巡り、毎年同じ紅葉の季節を迎えても2度と同じ風景はないのですね。
あの時があって、今がある。
母のように、花を愛せる人になりたい。

2007年11月01日ぴんくの象

今日、お友達の愛ちゃんからぴんくの象をもらいました。

ぴんくの象の中に更に象の模様がたくさん書いてあります。^^

ティッティは自分のおもちゃと私の持ち物を一応判別できているようで、「これは私のだ

から噛んじゃだめよ!」っというと、匂いをくんくんするだけで、様子を伺っています。


2007年10月31日Happy hallowe'en!!^_^/

ハロウィンですよ。
子供達が仮装して自転車に乗っているのを見かけました。
KOKIAもしたい。^^

結局、どんなに忙しくとも恒例のハロウィンパーティーをしようと心に決めていたのに、今年もできず、仮装ではなく、ここ2,3日朝から晩までプーさんのパジャマのまま、スタジオで曲を作っていました。^^;

でも、今日は久しぶりにイタリアから帰って来たまりさんと食事に出かけました。
来年こそはイタリアのまりさんの家を訪ねることを、改めて約束し、楽しい時間を過ごしてきました。

ハロウィンはできなかったけど、スタジオワークに一段落したら、何かの理由を見つけて、お鍋の会でも開きたいです。

2007年10月29日季節はめぐる〜

気がつけばもう11月になろうとしています。
季節は巡りますね。
日本は四季+梅雨なんていう自然のセレモニーがあるので、普段何気なく暮らしていても、とっても季節の流れを感じられますよね。
季節やお天気によって、今年の梅雨、雨の降る頃にはあんな事あったな。とか、暑い夏の日、こんな事もあったなぁ。など、覚えているものですよね。
私は部屋でシマトネリコという観葉植物を育てているのですが、この夏の暑さで一時は「もうダメか!?」という所までひからびきってしまったのに、今ではまた青青とした葉をつけ、元気に育ってくれています。
見かけには朽ち果てていても、根はまだ生きているもの。
植物の生命力というのはすごいものです。

ファンの方からいただいたシャコバサボテンはもう何年も元気に暮らしています。

気候がとても良いので、ウォーキングなんぞを始めました。
体にもいいし、スタジオ作業で煮詰まりぎみの私には最適な気分転換です。

この夏、中越沖地震のことで、柏崎の方達と知り合い、ふれあうこととなった私は、改めて音楽の持つ力を感じることができました。

そこで、今、新しいアルバムを作っているのですが、そのアルバムのコンセプトが夏に新潟を訪れる前と今、夏を越した後とでは、その心境の変化と共に少し変わろうとしているのです。
そのため、多分、いい意味で少しアルバムを作る途中で、現在悩みに入りました。

5月、6月頃に次回作のアルバムのコンセプトはデビューしてから10周年という事もあって、デビューしてから今日までの集大成的なカラーを強く持っていこうと、かなり大曲や、KOKIAにしかできないワールド全快をしようと思っていたんです。
例えばそれは、調和のような多重ものとか。

でも、今、小さな歌(仮)という曲を書いています。
その歌詞は今の私の気持ちなんです。
「もしもこの世を救う 歌があるとしたなら、
それはきっととても素朴で決して飾り立てられていない 
1人の人に向けられた 真っすぐな愛の歌でしょう」♪

今の私の気持ちはこの世の中にたくさんの音楽が溢れているけれど、なぜこの世の中に音楽や歌が必要か?という本質的な所に向かっています。
だから、私は想いのある歌を歌いたい。
歌われる歌によって、人が幸せになる。
そんな当たり前で、心の温まる歌。

きっと、決して飾り立てられていなくてもそんな歌は人々の心に届くもの。っと。
全ての私に起こる体験がまさに私の歌になってゆく。
そう思います。
次のアルバムは、KOKIAにしかできない、私らしさと私にしか呟けない大事な気持ちをみんなに伝えたいと思います。

KOKIA