2007年12月01日アルバムレコーディング天国♪つづき

12月になっちゃったよ〜!まだツリーを出せていません。(グスンッ)早く出したい。

今日は久しぶり?に、1日中レコーディングスタジオに戻ってきました。
そして初めての代官山のスタジオデビュー。
こんなオシャレでうきうきな場所にあるスタジオだと、ついつい遊びたくなっちゃうざんす。

でも、今の私にはそんな時間は残されていないのだ〜。

う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。困りました。

長らく引きずっている風邪からおおよそ復活したと思っていたのですけど、マイクを通して歌録りをすると、明らかにいつもの具合とは違う声。違う調子。@@;
音程も思うように定まらず、自声と裏声の切り返しポイントもはっきりせず、裏声の抜けもなく、どうにもこうにも、本調子でないようで、あの手この手を試してがんばったのですが、やはり大事なアルバムなので、自分の本来のコンディションで望みたい!というわけで、せっかく1日中色々と試して歌ってみたのですが、2日くらい、お休みして再会という結論になってしまいました。
エンジニアの朝野さん、平野さん、スタジオの関くん、みなさん、ごめんなさ〜い。

でもね、自分の事だけど、今回の事ですっごい分かった事があるの。

自分にとってのフラットな状態。つまり普段のコンディションが如何に繊細な所で歌っていたんだろうってこと。
今、KOKIAは普通に暮らすにはとっても元気な状態なんだけど、いざ歌ってみるとヘロヘロで、なんでだろう?って感じなの。
それだけ自分の求めている音質やパフォーマンスは、繊細な所にあるんだなって思いました。
この10日間にんにくとか、唐辛子入りもつ鍋とか、しょうがチャーハンとか、とにかく元気になるもの食べ続けて、元気になるように務めてきたんだけど、ちょっとこの風邪菌にはお手上げです。

でも、もうめげている時間もなくなってきているので、かなり焦っています。

誰か、このKOKIAのピンチを乗り越えられるミラクルが起こるように、祈っていて下さい。プリーズ!