2007年12月18日サンポーニャ♪

今日はディナーショーのリハーサルを終えた後、1月に出るシングル、のカップリング、「生まれたての白」のオケの音源を確認しに、
またまたぴーすけさんのお家に伺いました。

私から見たぴーすけさんのイメージは人に優しい音楽を奏でる人です。
そんなぴーすけさんの周りには、マイナスイオンを出す人がいっぱい集まっています。

わ〜ほわ〜ってしてる和み系の方達の事です。^^ほっこり組ともいいます。
ぴーすけさんからすると、草食動物みたいな人達なんですって。これってすごい言い表してる表現だと思って、壷でした^^

その中の1人、笛吹きの岡田さんはサンポーニャという可愛い名前の笛を今回の曲の中でも素晴らしく切ない音で参加して下さいました。実はこの岡田さんはぴーすけさん仕切りで昨年行われた、ゆらゆらセッションというKOKIAとみんなでゆらゆらするセッションの会に参加して下さったメンバーの1人です。
いつかこの素晴らしいゆらゆらをみんなにも体験して、聴いてもらえる機会が来たらいいなぁっと思っています。
アドレナリン出まくりますよきっと。

そんなわけで、アイリッシュハープとか、笛とか、太鼓とか、素朴楽器オンパレードで出来上がった「生まれたての白」はブレーメンの音楽隊のような響き。手作り感が嬉しい一品になりました。
主題歌の方が結構激しい打ち込み曲なので、これくらいのバランスが丁度いいだろうと思っています。
明日は歌入れ。間違いなく、2007年最後の歌入れのはずです。^^;
気合い入れて、歌わせて頂きます。

サンポーニャって名前、可愛くな〜い?
打楽器でカホーンっていうのがあるんだけど、私の友達のお帽子優子さんは、ホカーンって言っちゃうんだって^^;
その方が面白いけどね。