2008年12月26日2008年 最後のステージ ♪

2008年もKOKIAの歌を愛してくれてありがとう。
今日は今年最後のステージ。

京都の冷える夜にみんなで心を研ぎすまして。
あったかぽっかの心の灯りを灯しましょう。

「心の灯りライブ」



昨日のイベントと同じ会場、京都文化博物館で行われた今年最後のステージは
本当に心の灯りを強くしてくれる、体の芯から温かいものが私を揺らす、そんな
ステージになりました。

4月から始まっている10周年イヤーの歩みの途中ということもあり、私の中では
1年間というタームは4月までという気持ちでいるのですけど、やはり2008年に
見た色々な風景が思い出され、とても温かく、優しく、満たされた気持ちに
包まれながらステージにたっていました。

この時間をみんなと一緒に迎えられることがどれだけ嬉しいことか。
それは「ぬくもり」の歌詞にあるように、

♪ 今 ここに居る。ただそれだけのことがどれほど 幸せをつないでゆくんだろう

その歌詞と共に言霊のように口からこぼれては
祖母のことを考えたり、今の心境にリンクしすぎて涙してしまった私。
感謝の気持ちでいっぱいになりました。



京都文化博物館の音響は歌っている私もとても気持ちの良い響きで
その中で振り返れば体調不良だった2008年のことを思い出したり、
こうして歌の中で自由に再び泳ぐことができることに喜んだり。

ギターの松尾さん、ピアノの浦さんもとっても楽しみながらステージを
おくってくれている感じが私としても嬉しくて、1人で頑張ってるだけ
みたいな感じじゃない雰囲気もよかったなと。

鳴り止まない拍手を楽屋で心に刻みながら、
あえてステージに再び戻らなかったこと、赦してね。
「心のロウソク」にこめた静かなメッセージを
みんなにそのままの雰囲気でお家に持って帰ってほしかったの。



このステージは2009年の2月にスカパーでオンエアされます。
素敵なステージだったので、ぜひ、会場にいらっしゃれなかった方も
ご覧になって下さいね。^^/

心の灯りの強くなる素敵なステージでした。
2009年もKOKIAの歌をよろしく。おおきに。