2008年12月11日NY最終日

あっという間のNY滞在。
今日はあいにくの雨模様。
昨日、目一杯CDを配っておいてよかった。

そんなわけで、今日は朝から今回のプロジェクトでお世話になった色々な方にご挨拶とお礼に
伺って、その後にこちらに住んでいる日本人の人向けの新聞などに取材をしてもらいました。



場所は今回ベッドまで提供して下さっている三村家の啓子さんのギャラリーです。
いつもとは違う雰囲気でたくさんの画に囲まれながらのインタビューは素敵です。

今回のことで、どこで知ったか、色々な所から「できることなら私も、僕もボランティアで
一緒にCDをまきたかったです。」というメールをいっぱいもらいました。
日本の方、アメリカにお住まいの日本の方、色んな所からです。

そうしたメールに綴られている言葉はどれも温かく、そう思ってメールをくれただけでも
このムーブメントを行った意味があると感じました。

啓子さんのギャラリーという拠点があったお陰で、私の親戚や友人が代わる代わるに
その場所を訪ねてくれて、ワイワイと楽しい1日になりました。

最後の晩餐。お世話になったお返しにはとてもなりませんが・・・
マネージャーの平野さんが腕によりをかけて手料理を振る舞ってくれました。



私は1曲の歌も歌わず、お料理も作れず^^;
今考えてみれば、歌のプレゼントくらいさせてもらって帰ってくればよかったです。
次の機会に是非!♪

楽しい話しが尽きることはなく、ほろ酔う体がゆらゆらと。
あ〜明日、もう帰るのか・・・っと、ちょっと寂しくなってみたり。

明けて11日、冷たい空気が眠気を覚まします。あいにくの雨模様。少し本格的。
なんだかそんなどんより空もニューヨークにはお似合い。

みんなありがとう。啓子さんと空港でしっかりと手を掴んでのお別れ。



帰りの飛行機から見えるなかなか沈まない太陽。
こうしてずっと時間が止まったように眺めていられるなんて、とっても幸せ。

東京に居ればあっという間に過ぎてしまう3日間も、こうして遠くに出れば
充実した時間に早変わり。

今日は愛しのベットで、ティッティと丸くなってニューヨークの夢を見よう。
程よい気だるさをまといながら。

12日、PM19時着。