2008年12月21日大人な空間

今日は素敵なライブに行ってきました。
みんな私の大好きなミュージシャン。
そしてデビューの頃の私を知っている人達です。

コンポーザーでありヴァイオリニストのツルノリヒロさん。
アレンジや私のステージでもお馴染みのパーカッショニストのぴーすけさん。
ご存知ギタリストの古川昌義さん。
そして「Christmas gift」のアルバムで素敵なチェロを弾いて下さっている唐沢さん。
オーボエ奏者の和久井さん。

このメンバーで紡がれる音楽は本当に面白い。

実はツルさん、ぴーすけさん、古川さんは私の初ステージのサポートをしてくれた
メンバーでもあります。彼らの素敵な活動と音楽人である姿を間近で見ながら
私も一生懸命にその後を追ってきました。

悩んだ時も相談にのってもらったり、まだ経験の少なかった私に「ネシアの旅人」の
テーマ曲を歌わせてくれたのもツルさんでした。
初めて、本当に生まれて初めてのライブリハーサルの時、モニターから聴こえてくる
爆音に戸惑いながら、どうしていいか分からなかったことを今振り返ると、
こんなにすごいミュージシャンの人達にサポートしてもらって、温かく見守ってもらい
ながら歩めたことは、とても有り難いことだったのだなと思います。

彼らのように、10年後も20年後も楽器や音楽が体の一部になっているような
音を体の中から紡げたらカッコいいだろうなと思う。
先をいつもかっこ良く走ってくれる人が居る。
そんなミュージシャンが私の周りにはたくさんいる。

だから私もワクワクしてくる。歌いたい。紡ぎたい。一緒に。1つに。