2011年11月29日撮影

今日は1月にリリースされるシングル2枚のジャケット撮影がありました。

数日前から「晴れますように。晴れますように。」と祈っていたのに、天気予報は雨。><が〜ん。

 

それでも撮影時のお天気には、いつも味方されるKOKIAの現場。

撮影の準備が整うと、今にも降り出しそうだった曇り空の合間から気まぐれにお日様が覗き出しました。

やった!^_^/

今日のカメラマンさんは、私のヨーロッパ公演の撮影でお馴染みのムッシュ・ナカムラです。

パリのコンサートからヨーロッパツアー、それからREAL WORLDのジャケットの撮影では、チュニジアはサハラ

砂漠までご一緒していただきました。

出逢ってからまだ数年だというのに、たくさんのKOKIAの時、様々な場面を写真の中に残してくれています。

昨年パリで開催した、チュニジアでムッシュに撮ってもらったKOKIAの写真展。日本でもやりたいね〜っとご飯

をご一緒する度にあがる会話。^^;いつか実現したらいいなぁっと思っているのです。

 

私の曲にはよく「光」というキーワードが出てきます。

そして今日の撮影のコンセプトは「光」。お日様、素敵な光をどうもありがとう!

冬時期で日照時間が短いので、時間との戦い!と言っていたわりには、念入りに下準備をしていたお陰か、とっ

てもスムーズに撮影は終了しました。

 

↓ 撮影機材と同化する我が家の愛犬。まるでスタジオの置物のようになっていました。和みますぅ。

 

satsuei_1129.jpg

 

ティッティ越しのKOKIA。

 

satsuei3_1129.jpg

 

ここ数年、現在の事務所ancoになってからは、ジャケットのコンセプト決めやデザインワークを自分でやるよう

にしているので、撮影までは仕上がりのイメージ作りを事前に準備したり、ロケハンをして衣装を決めたりと、

やることが色々あって、ちょっとバタバタします。けれど、そうやってパッケージの世界観も音を作っている自分

自身が携わることで、より一層、ジャケットの色味や写真の世界観からも、私がその楽曲にこめた雰囲気や想い

をみんなに感じ取ってもらえるんじゃないかなぁ?っと思っているんですけど、どうなのかしら?

「ジャケ買い」という言葉もあったくらいなので、やっぱりCDのジャケットって、とっても大事ですよね。

 

それぞれ撮れたらいいなぁと思っていた構図の写真が、全てとてもいい感じに撮れました。

素敵な写真が撮れた後のお楽しみは、何百枚もある写真の中から1枚を選び抜くこと!

目を皿のようにしながら、早速家に帰ってきてジャケットとなる1枚を選び抜きました。^^

 

今までリリースしてきたジャケットにはなかった雰囲気。

生まれたての光に包まれて幸せが微笑んだ瞬間のような、そんなジャケットになりそうです。

1月。考えたら、もうすぐですね。

手の平サイズのCDにたくさんの想いと時間が詰まっています。

どうぞ楽しみに待っていて下さい。

2011年11月25日リハーサル はじまる ♪

1つのステージが終わらないとなかなか次のステージに進む、頭も気持ちも準備ができないもの。

STBでのショーンとのステージを終え、早速私の頭は教会で行われるクリスマスコンサートモードに切

り替わりました。

始まったばかりのリハーサルで初めて歌う歌。初めて一緒に奏でる音レンジャー達との音。

とっても幸せな時間が流れるリハーサル。気がつくとあっという間に外は暗くなっているという・・・

初めての教会コンサートを一緒にお届けする今回の音レンジャー達!

今回は教会というシチュエーションが何より例年のクリスマスコンサートとは違う所。

ですから、チョイスされたメニューの中には賛美歌や教会の響きにあうだろうなぁっと思って私が選ん

だ、今まで歌ったことのないクリスマスソングも何曲かあります。

 

↓ Pf : 浦さん、Bass : 上田さん、Perc : ぴーすけさんに、Gr : 古川さん。

 

2011_11_25.jpg

 

私は小さな頃、日曜学校に通っていました。

幼稚園、小学校、中学校とミッション系の学校に通っていたこともあって、賛美歌は私の日々の生活の

中にあった響き。

クリスマス礼拝で歌っていた想い出の歌を、今度は教会でみなさんにお届けできる幸せ。

私の通っていた学校では毎日祈りの時間、礼拝がありました。

音楽の先生の弾くパイプオルガンの音色。上級生の聖歌隊が歌うコーラスと白い衣装にずっと憧れてい

ました。

礼拝でみんなで歌う賛美歌にハモリをつけて得意げに歌っていたら、「吉田さん、みんなと同じように

歌いましょうね」と先生にいつも注意されていたのも今ではいい想い出です。^^;

 

高学年になり、聖歌隊の試験が受けられる年。満を持して受けた試験には落選。

子供ながらに、「上手く歌えたのにどうして〜〜???」っと、先生に尋ねに行くと・・・

「吉田さん。聖歌隊はみんなで作り出すハーモニー。1人で目立ってはダメなのよ」っという回答に落胆

しながらも、「確かに。」と妙に納得したこともありました。^^;

 

今年は私達の心に今まで以上に大きな不安の波が押し寄せた年となりました。

様々な想いをそれぞれの想いを抱え、このコンサートにいらして下さる皆様の気持ちが少しでも柔らかく

優しいものに変化していったらいいなぁ。そう願って歌います。

 

 

2011年11月24日世界を包むRibbon in our heart ♪

空気を思いっきり吸い込んだら、かすかに感じる山の匂い。

高くなった空に、あなたは何を思い浮かべているのでしょう?

いいお天気。それだけで、なんだか前向きな気分になれます。

 

昨日から配信の始まった「世界を包むRibbon in our haert」♪ 聴きながら迎えた朝。

今、多くの人に贈りたいメッセージです。

 

♪ 結ばれてゆく 点と点 つながってゆく私とあなた

  絆と呼ぶ その糸が 紡ぐ優しい時を

  目には見えない絆が今 私の心 支えている

  そして 人はつながって 未来を紡いでゆくの

2011年11月23日京都の戦利品

先日、京都へ歌いに行った際、ステージ終了後、素敵な食器に出逢わないかなぁ?っと、京都の街に出掛けたの

ですが、その際に出逢った富士山の食器がやっと届きました。

「うわ〜やっぱり可愛い。」^^梱包を解いて早速テーブルに並べてみました。

お正月におせちを取る小皿と、お屠蘇を頂くお猪口にぴったりの雰囲気。

 

hujisan2.jpg

 

富士山の柄のものが前から欲しかったのですけど、なかなか好みの風合いのものに出逢えず、ずっと探していたの

で、街で見かけた時は「これだ〜!」と、飛びついてしまいました。ふふふ。とっても気に入っているのです。

 

実はこの富士山、1つ1つ手作業で描かれているもので、少しずつ表情も違えばお皿の形も違うのです。

薄く入った金のラインがとても繊細で洋食器とあわせてもモダンに見えます。

 

↓ 洋食器とあわせた雰囲気〜

 

fujisan2.jpg

 

最近お気に入りのレアな絵柄、「ナマケモノ」柄のシリーズともとても愛称が良いのも嬉しいです。

ナマケモノの絵柄で飲む紹興酒は私まで絵柄のナマケモノになってしまうほど、まったリラックスの一時。

寒くなってきたので熱燗の紹興酒にザラメを入れて、ナマケモノタイムが最近の私流。

 

namakemono.jpg

 

器によって頂く飲み物、食べ物の味が全然違うように感じてしまう不思議。

京都の戦利品がこれからのオコタのシーズン、抜群に活躍しそうです。

2011年11月22日ささやかなお誕生日会

ささやかなお誕生日会をしました。

 

2011_11_22.jpg

 

ささやかな幸せはとびきりの幸せ。

毎年その気持ちは強くなってゆくように思います。

 

ありがとう。・・・ありがとう。

2011年11月21日クリスマスの夜は1人じゃ寂しい? ♪

12月24日、25日代官山、「晴れたら空に豆蒔いて」というライブハウスで、「クリスマスの夜は1人じゃ寂しい?」

というコンセプトでクリスマスライブを行うことが決まりました。

12月6日、8日に一足先に品川教会、グローリアチャペルでクリスマスコンサートを行いますが、グローリアチァペル

のクリスマスコンサートがその名の通りクリスマスコンサートだとしたら、24日、25日開催のクリスマスライブは、

クリスマスパーティーを開催するようなイメージで、ちょっとフランクな内容にしようと思っています。

 

クリスマスの日、今のところまだ予定はありませ〜ん・・・という方、是非、KOKIAと一緒にハッピークリスマス

な時間を過ごしませんか?

大好きなシュワシュワドリンク(泡々)とチーズの、小腹を満たしてくれるクリスマスの気分セットをご用意して、

お待ちしております。

お喋りしては歌って・・・お喋りして・・・というような1年を振り返るワイワイした時間になったらいいなと思って

います。^^とっても楽しくなりそうです。

 

*チケットの詳しい購入方法はホームページのNEWSをご覧下さい。

2011年11月20日アイルランドの調べ ♪

枯れ葉の秋と木枯らしの冬がクロスしている季節。

気持ちの良いお天気の今日、アイルランドの調べを楽しんで頂く企画、「Fairy Night アイルランドの調べ」が、

六本木はスウィートベイジルで行われました。

今回で3回目となるアイルランド出身のギタリストショーン・ウィーランとのコラボレーションライブ。今回は

素敵なゲストピアニストの瀬田創太さんをお迎えして、また新たな音、優しい調べの時となりました。

 

↓ 前々日のリハーサルで、 「そういえばフィドルとかで私が弾けそうなjigあるぅ?やってみようかな?」

なんていうノリでやってみたら楽しかったjig。なんだか本当にアイルランドのパブでセッションをしているみた

いな気分でした^_^/

 

2011_11_5.jpg

 

さて、今回演奏した曲目をブログで後ほどご紹介させて頂きますね。っとお話した通り、メニューを掲載したい

と思います。

 

1.She moved through the fair(めちゃめちゃ美しい曲です)

2.Lark in the clear air

3.The water is wide

4.そら(KOKIAオリジナル)

5.The maid of Culmore(これまた美しい曲です)

6.Seanのギターsoloコーナー (1stと2ndではチョイスした曲が違って・・・今度聞いてみます。^^;)

7.SeanのギターでDanny Boy

8.Seanのギターsolo(2ndではもう1曲演奏してくれました^^)

9.LISNAGUN JIG (KOKIAもフィドル風で参加した楽しい曲です。)

10.I wish my love was a red red rose(牧歌的な雰囲気の可愛らしい曲です)

11.The may morning dew(楽譜とかなくて・・・KOKIAはモールス信号のように歌詞の上に色々な方のヴァー

ジョンを聴いて、KOKIAヴァージョンを編み出しました^^;かなり大変でしたが、とっても素敵な曲です)

12.Suil a Run(日本ではゲルティックウーマンで有名になった曲のように思います)

13.Amazing Grace

14.Taimse im Choladh(ゲール語の曲です)

そしてもう一度、The water is wide.

 

2011_11_stb_2.jpg

 

とにもかくにも、ステージでもお話してきたように、私の住んでいる日常では感じられない時間の流れ方を教え

てくれるアイルランドは、私にとってヒーリングアイランド。そこで出逢った楽曲はまた心を癒してくれる時に

優しく、時に切なく、時に笑いが込み上げてくるような楽しさがあり、時に静かな響きで語りかけてくれる。

そんな私が出逢ったアイルランドの色んな響きを皆さんにもご紹介したくて、こうして開催したアイルランドの

調べ。

オリジナルを歌うステージとは私の面持ちも少し変わります。

日本のミュージシャンと海外のミュージシャン達がどんどんクロスしていける場があった面白いだろうなぁっと、

思っているので、この先もまたこんな機会を作ることができたらいいな〜っと夢見ています。

 

↓ 終演後、瀬田君ママに撮ってもらったスマイルショット^_^/みんないい顔しています。

 

2011_11_20stb.jpg

 

アイルランドへまた旅をしに行きたくなりました。

「いつでも待っているよ。」そう言ってくれる人達が居る国。

音楽で結ばれてゆく縁で、私は本当にたくさんのかけがえのない笑顔に出逢いました。

歌っていて、音楽に生きていて、ミュージシャンとなって、本当によかった。

 

まだまだアイルランドにはたくさんの素敵な音楽があります。

少しずつまたご紹介していけたらと思っています。

いらして下さった皆様、本当にどうもありがとうございました。

2011年11月18日名古屋へ伺います ♪

歌を届けるのは久しぶりの名古屋から、お声掛け頂きました。

12月1日(木)に名古屋ZIP-FMで行われる「Act Against AIDS 2011 LIVE IN NAGOYA」に出演することが決ま

りました!ZIP-FMのステーションの中で行われる公開録音ライブのようです。

クリスマスも近くなってきますから、クリスマスナンバーも交えて、楽しいメニューにしたいなと思っています。

 

いつも応援してくれるファンの人もそうなのですが、名古屋はスタッフでも私のことをずっと応援し続けて下さる

心強い方がいらして、こうして歌い続けることでお仕事などで交わる機会があると、本当に嬉しく思います。

12月1日、名古屋で久しぶりの顔にあえるのを楽しみにしています!

 

詳しくはZIP-FMのホームページをご覧になって下さい。

↓ コピペしてね。^^


https://zip-fm.co.jp/access/entry/EntryInfo.asp?QNo=8825

2011年11月17日Beaujolais Nouveau

ボジョレーヌーボー解禁となりましたね。

皆様もう、飲まれましたか?

私は早速、ハーフサイズのヌーボーちゃんを買ってきて2011年の気分を味わいました。

 

bojyo.jpg

 

私の購入した子はなかなか美味しかったですよ。

とはいえ、ボジョレーヌーボーは11月、この時期の雰囲気を楽しむというイベントになりつつあるもので、お味が

そんなに美味しくなくとも、今年はどんな感じかな?っと、ちょっとワクワクするもの。

撮影の為、現在減量中の体に染みます。

 

さて、今週末はアイルランドからギタリスト、ショーン・ウィーランをお招きしてお贈りするコラボレーションラ

イブ、「Fairy Night 〜アイルランドの調べ」です。会場となる六本木スウィートベイジルは飲食をして頂きながら

音楽も楽しめちゃうという大人の空間。

ヌーボー置いてあるか分かりませんが、KOKIAの感じたアイルランドをイメージに、バーテンの方が素敵なカクテル

を用意してくれました。是非、飲んでみて下さい。

歌うメニューはアイルランドのトラディショナルです。それなら、とことん、アイルランド流に行きましょう!

飲んで歌って、歌って飲んで〜♪

2011年11月16日♪ 世界を包むRibbon in our heart

ホームページのトップも衣替えしました!

 

毎週木曜日、夜20時にオンエア中の、NHKさんの番組「地球イチバン」のエンディングテーマ

♪「世界を包むRibbon in our heart」が本日より着うた先行配信スタートとなりました。


来週の23日には着うたフル、iTunesほか、携帯&PCフルサイズの配信がスタートとなります。

 

2011_10_26配信ジャケット_03.jpg

 

昨日ネットラジオ「KOKI薬曲」でもお話させて頂いた通り、番組のテーマに沿って書かせて頂いた曲ですが、素敵

な曲が出来上がったなと、私自身満足の1曲となっています。こういうのが素敵なコラボレーションといのだなぁと

思える1曲となりました。

2010年にリリースしたアルバム「REAL WORLD」を思い起させる、旅に行きたるなるような曲に私には聴こえます。

みんなにはどんな風に聴こえるのでしょうか?

是非、お聴きになってみて下さい。^^