2012年06月17日リサ・ラーソンに囲まれて

リサ・ラーソンって知っていますか?

スウェーデンを代表する陶芸家のおばあちゃんで、ここ近年は日本でもかなりの大ブームになっているので、どこ

かしらで見かけたことがあるかもしれない、可愛らしい作品を創る方なのです。

私が初めて彼女の作品に出逢ったのは・・・いつだったか青いワンピース型の花瓶に一目惚れをして購入をしたの

が最初でした。

以来ずっと可愛らしいなぁっとお店のショーウィンドウを眺めるも、それなりの場所に置いてあげないと作品が

可哀想だなっと、購入することを控えていたのですが、今回、仕事場を「コキスタ」バージョンアップさせた折り

に、「和やかで落ち着ける空間」をテーマに内装なども決めたので、念願のリサラーソンの作品を歌入れブースの

防音ガラスの中や、コントロールルームにある小さなニッチなどに、和み系インテリアとして飾ってみました。

 

リサラーソンの和み系置物のお陰もあってか?新しいコキスタで初めてのレコーディングがあったのですけど、

新しく入れたCUEシステムの調子がものすごくよくて、とっても気持ちよく歌うことができました。


ところで、CUEシステムというのは・・・レコーディングをする際にヘッドフォンをするのですけど、そのヘッド

フォンをさすもののことで、パソコンや卓と言われる音が出ている大元から、ヘッドフォンを聴く人の所まで

音を整理して送ってあげるシステムのことです。^^;説明するのが難しいですが...音の調整つまみがついて

いる箱のようなものをCUEボックスと言います。

 

話が脱線してしまいましたが、レコーディングスタジオというのは自分にあった(アーティストそれぞれにあっ

た)機材やマイクでレコーディングすることもとても大事ですけど、やっぱりスタジオ自体の居心地環境というの

も女子にとってはとても重要なことの1つ。

新しいコキスタではリサラーソンの象とライオンを眺めながら和やかな気持ちで歌入れをする事ができるように

なりました。(あ〜幸せ)

 

そして今日、新しい仲間が!!shine増えました。

仲良しのお友達がみんなで、私そっくり?の、おでこセンタ−分けの可愛いワン子をプレゼントしてくれました!

もちろんこれは我が家の愛犬・コッカースパニエルのムーちゃんだと思います。

中世のヨーロッパのロン毛のカツラを訪仏させる髪型が音楽家のようにちょっと見えますよね。^^;

 

2012_6_17.jpg

 

早速ピアノの上に置き、今日は素敵な歌が生まれました。

しばらくは曲作りを中心に制作の日々です。

みんなに届けたい歌がたくさん生まれるといいのですけど。

2012年06月15日コンサートDVD ♪

「History」コンサートを終え早速、コンサート会場で販売となっていた「History」ツアーグッズと共に、過去の作品

を振り返るというコンセプトにちなんで、過去のコンサートDVDも全て揃えさせて頂き、オフィシャル通販サイト、

「コキア印」でお取り扱いを始めて数日・・・

嬉しいことなのですが・・・パリのコンサートDVD、infinityコンサートDVD、oto no tabibito コンサートDVD、5th

season コンサートDVD、教会コンサートのDVDが全て売り切れとなってしまいました。><

とっても嬉しいことなのですが、次回の再販までにはしばらく時間がかかると思うので、今回のタイミングを逃して

しまった〜っという方はごめんなさい!

忘れた頃にまた再販はするかと思うのですけど、気付いた時にはもしかしたら売り切れてしまう可能性もありますぅ。

そしてお薦めだった「空のバッグ」も黄色の持ち手は売り切れとなり、あとわずか、白い持ち手の物があります。

 

ところで、今回の「History」コンサートの模様もDVD化が決まっています!shine

だいたい8月末頃をリリースの時期に考えているので、楽しみに待っていて下さいね。

そしてそして!!来年、2013年のデビュー15周年を前に、次回の「History」DVDのリリースにあわせて再販の要望の

高い10周年の時に作った「メモリアルブック」を再販させて頂こうと考えています。ビックリしたぁ?!^_^/

 

このアイテムに関しては、やはり10周年の時に制作した「特別なもの」という意識が高かった為、再販のご要望を頂い

ても増刷する気持ちには、これまでなかなかなれなかったのですが、ここ数年の間に私の歌と出逢ったという方達が

過去の作品や、私自身のことをもっと知りたいと言って下さる声に応えたいなぁという気持ちが大きくなっていった事

が増刷することを決めた理由です。

何より私自身が15周年を前に、メモリアルブックを読んだことがないというファンの方にも、私が今までデビューから

どんな道を歩んできたか、また、そもそも何故歌い出したか?などという私の歌のベースとなっている部分に本を通し

て触れて頂きたいと思ったからなんです。

再販のご要望をたくさん頂いてから、本当に長らくお待たせしてしまいましたが、楽しみに8月をお待ち下さいませ。

 

コンサートが終わったのでこれからの1年、また来春のコンサートまでのスケジュールが少しずつい決まってきていま

す。今年もたくさんのステージで皆様にお会いできそうです。notes

たくさんの想いを重ねましょう。たくさんの想いを響かせましょう。

夏に秋に冬に春に...カレンダーに踊るスケジュールを眺めながら、みんなに会えるのを今から楽しみにしています。

2012年06月09日ホールコンサート History ♪

私にとってここ数年続いた長い長い出口の見えない旅はここに続いていたのかと思うようなステージとなりました。

まずはみんな本当にありがとう。その言葉しか浮かびませんでした。

 

2012_history6.jpg

 

来る2013年のデビュー15周年を前に、14年分の過去の作品を振り返る、14年分のみんなとの出会いを振り返る、そ

んな時間となったらいいなと臨んだ「History」

自分の辿ってきた道と時間を振り返りながら、大事な人達や出来事を回想する、そんなステージとなりました。

 

昨年大きく体調を崩したことはここotonamiをご覧になって下さったいる方ならご存知のことと思います。

今だからお話できることですが、実はその数年前から時たま、歌うことへ不安を感じるほど体調を崩すことを繰り返

していた私にとって、この数年は出口の見えないトンネルの中を必死に光を探して歩いているような状況がありまし

た。

今年頭より大分調子が戻ってきている感覚はあったのですが、それでもやはり大きなステージ一発勝負、その日を迎

えるまでは不安もあったのですが、6月2日東京国際フォーラムの初日1曲目。♪ U-CHA-CHAから始まるステージの

プロローグとして創った初めの一声=「目醒め」をイメージした自由演技で、

「声が・・・戻ったんだ。ありがとう」そう感じていました。

 

↓ 今回のステージ1曲目:目醒め、溢れる想い、音、歌が生まれた瞬間をイメージしたオープニングです。

 

2012_history.jpg

 

今回のステージは新旧織り交ぜてのメニューだったので、久しぶりに歌う歌も多かったのですけど、歌ってみると

それぞれの曲を書いた当時よりも自分自身が色々な意味で変化したんだなぁという事に気付かさました。

過去を振り返るってこういうことか・・・っと不思議な気持ちになりながら、昔自分が書いた曲に励まされたり、

教えられたり、もちろん成長した部分も発見できたり、14年間という月日の中でKOKIAという歌手が歌を通して

みんなに伝えたかったメッセージ、テーマを改めて知ることができる。私にとってそんな時間となりました。

 

MCでもお話したように、みんなにとってもそれぞれの想い出を思い浮かべながら音楽の中に旅をする。そんな

時間となってくれたらいいなぁ。そう想いながら、これまでに出演してきたコンサートの度に少しずつ増えていっ

た「音楽家族」=みんなとの出逢いについて思い返していました。

 

2012_history2.jpg

 

「History」というコンサートタイトルに相応しく、近年のホールコンサートとは少し違ったことを取り入れたい。

昔に戻ったようで、でも今の私が歌ったら・・・こんな風になるよ。そんな風に聴こえたらいいな。っと、昔の

曲は少しアレンジを加えてお届けしました。

大きなホールではあまり最近やっていなかった「弾き語り」も1曲ではあったけれど、どうしてもやってみたかっ

たこと。

14年前、ライブハウスで私はいつも弾き語っていました。

全てはここから始まったのだから、「History」には欠かすことのできない、スタイルだと思ったんです。

お贈りしたのは、昨年生まれたばかりの曲 ♪「愛はこだまする」です。(まだリリースはされていない子です)

会場全体が少しずつ少しずつ、私の歌に続いて下さい。っと、「愛をこだまさせる」という輪唱をみんなで繰り

返す歌なのですけど、無理のない愛を静かに揺らす感じがなんとも言えない幸せな気持ちに私をしてくれる曲な

のです。

 

↓ I love you heart02

 

2012_history4.jpg

 

みんなも一緒に愛をこだまさせてくれたかしら?

 

こうしたお客さんとの交わり、やりとりは私にとってとても大事なことです。

みんなからいっぱいの気持ちを分けてもらって、そのパワーを歌に紡いでいます。

だから、本当に自分でも驚く力が湧いてくることがあるの。

自分でも本当に驚いてしまうほどの歌が歌えてしまう時があるの。

幸せとか愛とか、目には見えないものを探して音に紡いでいる私だけれど、みんなからの愛が私を幸せな気持ちで

包んでいってくれる時、愛の気配を感じます。

 

2012_history5.jpg

 

さて、2012年6月。大分出遅れてしまったけれど、この時期のホールコンサートを終えるとやっと私の2012年度が

始まるという気分になります。制作やステージ、15周年にむけて形にしたいことにじゃんじゃん挑戦できたらなと

やる気満々です。shine

頭の中にある「やりたいこと」リストのうち、いくつ形にできるかは分からないけれど、まだまだた〜くさんある

夢を1つずつ、叶えるためにこれからも頑張ってゆきます。

 

今回、初めてKOKIAのコンサートに足を運んで下さった方、また、何度も何度もコンサートに駆けつけて応援して

下さっている方、そんな皆さんのこれからの人生、5年後、10年後、15年後・・・まで、私の歌がずっと一緒に傍

に居れたらいいな〜心からそう思います。


一緒に進んでゆきましょ。一緒に歳を重ねてゆきましょ。

「私の歌とあなたが出逢った。」そんな奇跡に感謝です。

 

2012_history8.jpg

 

楽しかった。ありがとう。

2012年06月01日ハートをぱらぱら

明日から待ちに待った「History」コンサートが始まります。shine

今回、ツアーのシンボルにもなっているハートに翼の生えたハートぱらぱらエンジェルのように、みんなの心が潤う

ような時間になったらいいなと願っています。

明日、明後日は国際フォーラム2days。昨年は内容違いの2Daysがありましたが、今回の方が1日で山場を組んでいる

メニューなので、体力的にはヘビーです。

気合いを入れて臨みたいと思います。

 

みんなの気持ちが合わさりますように。

音波が1つになりますように。

 

それでは明日、会場でお会いしましょう。^_^/

2012年05月31日空のバック

最終リハーサルも終わり、心はフォーラムのステージへ夜な夜な偵察に出掛けております。

毎度のことですが、楽しみな気持ちと緊張とで自分ではどうにもならないふわふわな状態になります。

ベッドに入って目をつむり、眠りに落ちるまでの時間、ステージの上に居ることを想像しています。

 

ステージ本番、コンサートの内容だけでなく準備は佳境に。

着々と今回のコンサートグッズが手元に届く中、私が1番楽しみにしていた「空のかけら」と題した空のバックが

今日、届きました。shine

段ボールを開くと空のかけらがいっぱい詰まっていました。「あら素敵」^_^/

 

早速広げてティッティを空の上に乗せてみました。

持ち手が黄色と白の2色あるのですが、私は黄色が気に入りました。

 

2012_sorabag2.jpg

 

薄手のテロテロとした生地なのでエコバックにもいいと思うけれど、メインのバックとして持ってもらう方が

なんだか可愛い気がします。もちろんA4ファイルが入るので!

早速歌詞ファイルとお財布、携帯を入れてお散歩に。空を連れて・・・

 

肩にもかけられるし、持ち手を持ってぶら下げて歩いても私の身長でも地面にはつかなかったから、なかなか使い

勝手はよさそうですよ。

コンサートの開場で販売した後、数があればコキア印でも販売の予定ですが、数に限りがございますので、もしも

コンサート会場でなくなってしまったらごめんなさい。

 

バックの下の方に「KOKIA concert tour 2012 History」と入っています。

コンサートのメモリアルに是非、お家に空を連れて帰って下さい。shine

 

ちなみに・・・momentのアルバムテーマでもありましたけど、これ、「空でつながってる」のコンセプトで作っ

てみました。なんだか見ていてニッコリしてくる空なんです。

2012年05月28日100回記念

コンサート前の私と言えば、ジムに通う日々。

そして今日も元気よくジムに行くと・・・

「吉田さん!おめでとうございます!」

っと、可愛らしい花束を頂きました。

 

何と、ジムトレーニング100回記念だそうだ!^_^/

知らないうちにそんなに来ていたのか・・・っと、ちょっと驚きました。

 

私は自主トレーニングが苦手なので、毎回ジムのトレーナーさんと一緒にトレーニングをしてもらっているので

すが、体力なさなさの私に付き合って、毎度励ましてくれながら、100回もこれまでトレーニングに付き合って

くれたトレーナーさんに感謝です。

 

コンサートが終わったらへこたれてまたしばらくトレーニングをさぼろうと、思っていたのですが・・・^^;

こんな素敵なお花を頂いたら、また頑張って続けないといけませんな!

目指せ、ハーフマラソン?・・・いや、まずは逆上がりができるようになりたい・・・KOKIAでした。

 

2012_100.jpg

2012年05月24日新しい仕事場

この先10年、20年・・・私は音楽やっているんだろうな。

何の疑いもなくそう想った時、「仕事場の環境を整えたいな。」そんな風に想い始めて数年。

6年前に独立をしたことで、自宅での作業も多くなり、とはいえ外の音楽スタジオを借りて作業することも多く、

どちらにしてもかなり長い時間「音」と日々向きあっているわけですから、その空間がとても素敵な所だったら、

どんなに素敵なんだろう!っと・・・

タイミングや様々な事に恵まれ、外のスタジオに行く頻度を極力なくせるよう、私の仕事場環境=コキスタがバー

ジョンアップいたしました。

 

去る4月9日の otonami にも綴っているように、壁塗りをしていたその場所で初めて、今回のコンサートのリハーサル

が始まっています。

出来立てホヤホヤのその空間に豪華メンバーが揃い、音をあわせてゆく。何とも夢のような時間です。

 

ミュージシャンにとって、自分のスタジオを持つというのは、夢のようなことです。

きっと、私の大好きな、器やガラスの作家さん達が自分の「釜」を持つようなものなのかな?と想います。

自分の作品、スタイルにあった仕事場作りは、そこで作られる作品にもつながってゆくからです。

もちろんそれはとても贅沢なことだけれど、実は一番こだわりたい所でもあります。

そして一大決心でもあるのです。

 

終わりの時間を気にすることなく、じっくりと音と向き合えること。

空気のキレイな場でヘルシーに仕事ができること。

(音楽スタジオは空気が悪い所が多いのですよ...。^^;とほほ)


そして何より、自分の思い描く響きを生み出せる空間であること。

ミュージシャンといっても様々な音楽があり、自分のスタイルにあった音の響きのスタジオと巡りあうことは

とても難しいです。

 

今回の一大決心はこの先も音楽作りをしてゆく。ということへの改めての決意でもありました。

そしてそこからミュージシャンの輪、音楽の輪、人の輪がどんどん広がっていったらいいなぁと夢見ています。

 

日本のスタジオはリハーサルスタジオにしても、レコーディングスタジオにしても吸音傾向の施工のものが多く

響きを大事にしたい私にとっては、少し違和感を感じる部分があります。

今回私がこだわったのは「木」のぬくもり。呼吸するスタジオです。

吸って、吐いて、吸って、吐いて・・・。

音楽が呼吸をするようにどこまでも続いてゆくようなそんな場所になったらいいなと想っています。

 

↓ 呼吸するスタジオ 新しい音が生まれる場所

 

2012_riha.jpg

2012年05月21日守り神ぃ

「History」ツアーのリハが始まり、毎日があっという間に過ぎてゆきます。

 

1日の終わり、今日のやるべき事を全て終え、パタリをパソコンを閉じた横で、ファンの方から頂いた「大入」

シーサーのお二人さんがこちらを毎日見ています。

「今日はどぉやった?何かええことあったかいの〜?」

何を言っているか分かりませんが、なんだかそんな事を言っているような何とも愛くるしい表情のシーサーは

「大入」Designというシリーズの福のある置物のようです。

頂いたこのシーサー、私はえらく気に入って、眺めているととても穏やかな気持ちにさせてくれます。

 

2012_ooiri.jpg

 

今日、5月21日は6年前、私が独立をした日であります。

1年の間に色々な記念日や想い入れ深い日付というものがありますが、独立をしてからの私にとっては、この日

は今までもこの先もとても大事な意味を持つ日付であり、大きな決意と共に歩み出した日でもあります。

 

毎年、この時期になると2006年の頃を思い出し、多くのことを振り返ると共に、たくさんの人に支えられて、た

くさんの出来事を乗り越えて、今日、この日があるのだと改めて思うのです。

春のホールコンサートは中でも象徴的な存在です。

 

草月ホールから始まり、国際フォーラム、オーチャード・・・と少しずつ大きなステージに立てるように、1年

1年頑張ってきました。まだまだ到達するなんていうことはなく、生涯かけてKOKIAという歌う人のスタイ

ルを追い求め続けることこそが私が歩む道なのだと信じています。

時に進む方向を間違えてしまったり、迷ってしまったりする事ももちろんあると思います。

そんな繰り返しが重なって、重なって、KOKIAという歌い手がどんな歌を歌っていってくれるのか、私自身

にも分からないところでもあり、楽しみでもあるのです。

 

今日もKOKIAとして歌っていられる幸せ。

 

この言葉は数年前から私がよく口にする言葉です。

当たり前のようで、決して当たり前ではないことだということを知っているからこそ、私の歌を応援してくれる

皆様に心から感謝して、応えたいと想う気持ちが今日も私を歌わせてくれます。

 

いつも本当にどうもありがとう。

ancoという事務所と共に今日から6年と1日目を歩み始めています。

これからもずっとKOKIAの夢を実現する良きパートナーとして、事務所ancoと頑張ってまいりたいと思います。

2012年05月20日コンサートの想い出に

毎年ホールコンサートがある度に、私が楽しみに考えることの1つ。物販作り。

何かその年、その年のコンサートの想い出になったらいいなと毎年作っています。

お越し下さった皆様にとっての想い出という意味もありますが、私にとっての想い出という意味もあるんです。

 

そこで今年は・・・iPhoneじゃない人ごめんなさい^^;

キャワいいiPhoneシールを作ってみました!^_^/

キャワいくないですか?!shine

↓ じゃじゃ〜ん

 

2012_5_keitai.jpg

 

表も裏も両面がKOKIA使用になりまする。

これは力作!かなりのお気に入りで、周りにハードケースを付けると模様も隠れず、携帯も保護されます。

・・・で、iPhoneじゃないわよぉ〜!><という方にもコンサートの想い出家に連れて帰ってほしいので・・・

同じデザインでメモリアルステッカー作りました。

 

2012_5_keitai2.jpg

 

10周年の時に作ったキンキラ金の象さんステッカーと同じサイズです。

色は黒とグレーの2色。

私はずっと海外用のスーツケースと車、それから機材ケースに貼っています。

女子的なデザインではあるけれど、色身が控えめなので、男子もいけると思うのだけれど、どうかしら?

貼ってくれたら嬉しいです。^^

 

2012_5_keitai3.jpg

 

でもって、どれもなかなかの出来に仕上がったのですが、私が一押しするのは、まだ現物が仕上がって来ていな

いのですが・・・「空のかけら」と名付けた「KOKIAの部屋から撮った空のバック。」

 

↓ 昨年リリースしたアルバム「moment」のジャケットの中、ブックレットにも使用したお気に入りのある日の空。

 

2012_5_kaban.jpg

 

この空に持ち手をつけて、ポケットに空を忍ばせられる・・・そんな気軽なバックを作っています。

いつものカバンの中に入れておいて、荷物が多くなっちゃった時、ひょいと空を広げて使ってくれたら嬉しいです。

清々しい気持ちにさせてくれるこれからの季節にぴったりのバックになればいいなと。

 

こちらの持ち手は白と黄色の2種類。

差し色の黄色も素敵だし、清潔感抜群の白は王道の可愛らしさです。

 

2012年「History」のコンサートメモリアルで作ったアイテムは以上になります。

けれど、今回のコンサートでは「History」というコンサートタイトルにちなんで、過去の全ての作品、CD、DVD

を会場でご購入いただけるように手配してもらいましたので、廃盤になっていたコンサートDVDなどは是非、この

機会にお買い求め下さい。(もちろんコンサートにいらっしゃれない方の為にコキア印でもお取り扱いさせて頂き

ますが、数に限りがありますこと、ご了承下さいませぇ)

 

コンサートのリハーサルも始まり、こんなお楽しみの準備をしていたら、あっという間に日が経ってしまい・・・

otonami更新が遅れてしまいました^^;もうすぐですね。

ワクワクが止まりません。

2012年05月16日満員御礼

6月のホールコンサート「History」

6月2日の東京公演、6月8日の大阪公演共に完売した為、追加公演となりました6月3日のコンサートのチケットもお

陰様で完売となりました。shine

満員御礼は有り難いこと。そしてやっぱり嬉しいこと。

 

実は明日からリハーサルが始まるのですが、その前にこうしたお知らせを聞けると、バンドメンバーにも嬉しい報告

ができるわけです。そしてやる気にもつながります!

 

チケットが全部売れて嬉しく思っている私の手元にコンサートのチラシが届きました^^;

・・・もうチケットないですけど・・・まぁいいか〜。

 

2012_5_17.jpg

 

どこかで見かけたら、記念にお持ち帰り下さい^^;