2016年05月21日独立して10年 ancoと歩んだ10年間

10年前のこの日、2006521日、私は自分自身、KOKIAのマネージメントをする会社ancoを設立しました。

これまでお世話になってきたいくつかの事務所に所属するという形にさよならを告げて、「独立」という、

自身で歩んでゆく道を選んで・・・今日、あれから10年を迎えました。shine

 

KOKIAとして活動をして18年。そのうち今の形で自分で仕事をするようになって10年ということは、私らし

道を歩むように努力を始め、自分の歌いたい歌を届けることができるようになった時間が、少しずつ、

KOKIAという歌手の歴史を私色に塗り替えていってくれている。そんな感じがするんです。

それは私にとって、とても大事で、誇らしいことです。

もちろん、いろいろな事務所での経験があってこその独立だったのだから、今でも独立する前に過ごした様々

なことを思い起こすことはよくあります。

 

一言では到底語れないこの想いは、もしかしたら私個人にとっては、歌手KOKIA10周年よりも大きな意味

もっているように思います。

そんな私の元にファンの方達が心を込めて協力して作って下さった1冊の本が届きました。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

道は果てしなく、どこへ続いているかさえ分からない、不安の連続だ。

「嫌でも下手でもいいから、10年間何かを続けなさい。

10年続けることができた時、すべてが宝物になるから」

その魔法の言葉を頼りにして、汽車は自分の決意を信じて、とても厳しく長い旅に出ました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

まず始めにそう書かれた本を手にしながら私は、その冒頭の部分を読んだだけで、この本を作ってくれた

ファンの方達がどれだけ私の歌に、心に耳をすませて、この10年もしくはそれ以上の間、私の活動を応援し

続けてくれてきたんだということがすぐにわかりました。

人生の不思議を歌った「life train 旅列車」という曲に込めた私からのメッセージと、KOKIAの活動10周年を

迎えた際に作ったメモリアルブックの中で、子供の頃、祖母が私に繰り返し言ってくれた言葉を紹介した

もの、「10年、物事を続けてやることができたら、10年続けた人にしか見えないことに気づける。」という

その言葉を合体させて書かれた本の始まりは、まさに「分かっていたよ。そうやってあなたが走ってきた

こと」と言わんばかりの、私への最大のエールに受け取れました。

 

ありがとう。ありがとう。

thankyou2_03.jpg

 

たくさんのことにチャレンジできたのは、あなたが喜んでくれると思ったから。

待っていてくれる人、喜んでくれるみんなの笑顔が一番の支えでした。

もうダメだ!って思うような時だって、やっぱり歌があなたと私をつないでくれて、みんなから優しさを少しず

つ分けてもらったら、不思議とまた力が湧いてきたよ。

楽しい時には楽しい歌が、悲しい時には悲しい時に歌える歌があるのが、歌のいいところだと思うの。

その種類は心に広がる気持ちと、同じだけある。

だから・・・その数を数えるなんて無理なことね。

私は生きている間にその色をいくつ音に紡いで残せるのかしら?

 

そうやってまだまだ私の歌の種蒔きは続いてゆきます。

大げさなようですが、同じ時代に生きて何かの縁でつながったみんなと、音楽を通して心を震わすことができ

たら何か面白いことがおきそうな、何か新しいことが生まれそうな、そんな気がするんです。

 

どんな時も心に歌を掲げて・・・

10年前のこの日を昨日のことのように思い出せるのに、あんなこともこんなこともあったし、色んなことが

変化を遂げて行きました。10年後の今日、私はどんな歌を歌っているのでしょうか?

楽しいことも、また辛いことも、色んなことがあるでしょうね。私にも、みんなにも。

心に元気がなくなるような日があっても、意地になって、どんな時も格好をつけて、歌ってゆきたい。

そう思っています。

 

さぁ みんなで同じ列車に乗った縁、同じ未来に向かって進んでゆこう。

ゴトゴト ゴトゴト 音をたてて。

遠足みたいに、歌いながら。

 

KOKIAの歌を応援してくれる全ての人へ。

本当にいつも応援してくれてどうもありがとう。

私が頑張れるのは、あなたがいるから。

11通のメールやお手紙、一つ一つの拍手やエールが、私の胸で重なって重なって、大きな勇気という歌

になって、みんなの元にかえっていっています。

 

心からの感謝を込めて・・・KOKIA.

2016年05月11日名古屋ブルーノート公演

この春にリリースしたばかりの名曲カバーアルバム「Watching from Above」をたずさえて、どこかでステー

ジをレコーディングメンバーとお届けしたいとずっと考えていました。

そして今回、名古屋のブルーノートさんで8月13日に実現することとなりました。shine

名古屋はファンクラブ、ancoroのメンバーの方もたくさん居るエリアで、一時は本当によく足を運ばせて頂い

たことのある、私にとっては想い入れのある場所です。

そんな場所で特別な公演を行えること、嬉しく思っています。

せっかくなのでオリジナル楽曲とカバーアルバムからの混合セットリストで、「Watching from Above」

〜あなたとつながる場所〜と題して公演をお届けしたいと考えています。

 

一般発売は6月9日からで、ファンクラブclub ancoroの皆様には先行予約のご案内のメールマガジンを昨日

送らせていただきましたので、「あれ?届いていない・・・:という方は、メールマガジン過去歴をご参照

ください。

↓ 公演前に「Watching from Above」を予習してきてくださる方はこちらからお買い求めいただけます。

http://ancocoro.shop-pro.jp/?pid=100418777

 

コンサート情報

【日時】2016年8月13日(土)[1st]15:00開場/16:00開演 [2nd]18:00開場/19:00開演

【会場】名古屋ブルーノート お問い合わせ:NAGOYA Blue Note TEL: 052-961-6311

 

*お陰様で7月の横浜赤レンガコンサートのお席は満席となりました。

8月もブルーノートでも皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

2016年05月09日横浜赤レンガコンサート「アルバムをめくるように」

7月17日、18日に横浜赤レンガホールで行うワンマンコンサート「アルバムをめくるように」の一般発売が

はじまりました。

↓ 詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.kokia.com/news/post-82.html

 

中国公演があったり、オーケストラコンサートがあったりしたことで、春に行っていたオーソドックスな

ホールコンサートが今年はなかった分、自身の誕生日7月22日を目前に「アルバムをめくるような想い」で

コンサートがしたいなと思いました。

というのも・・・今年は40歳という切れのいい数字になるようで、人生のほぼ半分、私はKOKIAとして

歩んできたことになるんです。

そう思い返すといろいろなことがあったなっと、曲をなぞるだけで懐かしい想いや場面が胸に広がって

ゆきます。

サイン会やファンクラブの際に、「KOKIAさんの歌に出会ってもう10年が過ぎました」という方や、

「KOKIAさんの曲、小学校の頃から好きです」なんていう方も増えてゆくのですが、そういうのは、長く

続けている特権ですね。嬉しいかぎりです。shine

私にはもちろんですが、応援してくれている皆さんにも、それぞれ思い入れが色々と曲にはあるでしょう。

そんな曲たちをアルバムをめくるように、聴きにいらっしゃいませんか?

横浜で皆様に会えるのを楽しみにしています。