2017年07月08日山の日に向かって黙々と

これを越えたら、どんな山にでも登れる気がする!

そんな大仕事に挑んだこと、皆さんもあるでしょう?

 

これまでに、何度かそんな山に出くわしたことはあったと思うのですが、毎度その山を超える度に、もっと

大きな次の山がやってくるので、前のことは忘れてしまうようです。

 

今まさに、私はそんな大きな山を登山中です。

思っていた以上になかなか険しく、長い道のりのようなので、ただひたすら黙って登ればいいという感じで

もないから苦戦しています。

コンサートの準備、それにまつわるいろんな準備。アルバム制作ともう1枚のアルバム制作・・・

普段使えていない脳の何パーセントかも稼働しているのでは?と思うようなカオスな状態な日々を送って

おりますが、育児というレオちゃんと向き合う時間があることで、ぎりぎり人らしく居られる日々。

仕事をしている時の私は戦闘モードの闘牛のようなものだと思うので、(自分ではそんな風に思ってい

ます。)ママで居られる時間があることで、どうにか私の戦闘モードスイッチを切りかえてくれるという

か・・・

 

とにかく、登った後に話せる私だけの体験談を楽しみにいろんなことと格闘中です。

これまでの経験上、こうした大変な時に私はいいステージ、いい歌を残すことが多いので、自分でも自分

がどんな歌を残してゆくのかとても楽しみなところがあります。

 

ところで、私が思う「いいステージ」というのは、必ずしもお客様にとって「いいステージ」となって

いるかは私にはわからないところですが、そこが少しでも重なっていたらいいなと願うばかりです。

 

それで、私の思う「いいステージ」「いい歌」というのは、心にリーチできる歌というか、心動かされる

歌みたいなもので、今日はお客さんとの心の中に触れられたなぁ。なんて思う瞬間があったライブは、

たとえそれがほんの一瞬だったとしても「いいコンサートだったな」というカテゴリーになって印象

深くのこります。もちろんそれ以外にも、楽しいコンサートだったな。とか、感想は色々あるのですけど。

 

次回みなさまにお会いできるのは7月22日の名古屋ブルーノートBirthday lLIVEか、8月11日の

オーチャードホールですね。

大きな山の頂上はどうやら、この8月11日の奇しくも「山の日」に行われるコンサート「The Soloist」へ

とつながっているようです。

今日やっとメニューも決まったところですが、近年では珍しく昔の作品にも多く触れたくなったメニュー

となり、長い間応援してくださっているお客様から「もうこの曲を歌うKOKIAには会えないかもね?」と

思われているんじゃないかな?と思うような歌も顔を並べました。

 

過去と今と未来をワクワクした気持ちでつなぐようなコンサートにしたいなと思っています。

お楽しみに。shine