2018年12月09日クリスマスプレゼント

クリスマスを前に、私に一足早くクリスマスプレゼントが届きましたshine

20周年のKOKIA記念時計です。

 

IMG_8252.jpg

 

シックな色味で写真ではお伝えしきれないのですが、盤面にうっすらと20周年のロゴが浮かび上がり、

とってもお品があって素敵です。私のロットナンバーはもちろん1番にしてもらいました。

 

IMG_8254.jpg

 

こちらの時計は受注生産でしたので、20周年の記念コンサート後、受け付けをさせていただいておりまし

たが、その際に「お届けはクリスマスプレゼントとなる頃・・・」と言っておりましたが、バッチリその

通りになりました。

新しい年を迎える時期に、時計とかお財布とか心機一転、新しくするのは、何かとても清々しい気が致します。

皆様のところにも来週より順次、お届けとなるようです。

 

これからが楽しみと想っている私に、この時計がどんな時を刻んでいってくれるのか、とっても楽しみです。

 

 

2018年12月02日大阪ビルボード ♪

12月になりました。
なんとも楽しげに、たくさんの事が過ぎ去ってゆこうとするシーズン。

小さな頃は自分がもらうプレゼントのことばかり考えていたけれど・・・

今では、あの人にはこれが似合うかな?

あの人にはこれがいいかな?と、大切な人たちが喜ぶ顔を想像しながら、贈り物を選ぶようになった

自分が少し好きです。

 

先週末に終えた大阪ビルボードのライブは一般お客様にお届けするステージとしては年内最後のステージ。

2018年の春に20周年を迎え、今年はいつも以上にたくさんのリリースとステージを皆さまにお届け

してきました。

来春まで続く20周年イヤーではありますが、この大阪ビルボードのライブは年内最後ということで、

2018年を振り返らずにいられず、いろいろな出来事を思い返して、これからの歌人生について考え

ていました。

 

うまく書きようがないのですが、20周年というこの節目はこれからの私の歩みを大きく肩を押してくれ

る。そんな年になりました。本当にこれからが楽しみ!shine

なぜなら、音楽の神様が私にまだまだ歌うんだよ。っと微笑んでくれたから。

 

 

今だから話せる。そう思える状況になったので、ここに綴っておきたいなということがあります。

実は、思い返せば2010年以降、この8年近くは、体調不良という事との闘いが常に私を悩ませてきま

した。

初めは風邪をこじらせたのかな?

疲れたのかな?

歳?なのかな?

という具合にしか思っていなかったのですが、徐々にどうも突き抜けて体調が戻ることがなくなり、

思うように声が出せなくなってゆく感覚は、「今日のステージをちゃんと歌い終えられるだろうか?」

という、恐怖に変わってゆく時もありました。

 

歌は心。と思うのですが、その心をこめようにも、自分の体が思うように応えてくれなくなっては、

思い描く音を届けることができません。

その日がいつか、やってくるのでは?という恐怖を感じながらステージを送る日々にも限界があるなと

悩み続けた8年間。

そうしてとうとうむかえた20周年という節目。

その体調不良の歪みは最高潮を迎え、華やかに、力の限りを尽くして、私の歌人生は幕を閉じてしまう

のかしら?と思いながら挑んだ春のステージ。

 

音楽の神様がいるとしたら、あの日は私に、シンデレラの魔法のように、ステージを降りるまでは

キラキラの声が出るように、とびきりの魔法をかけてくれたとしか思えないような、「守られた時間」

と思う。そんな不思議な力に導かれてどうにか奇跡の20周年のステージを送ることができた。そんな

時間になっていました。

お客様のためにかかげた「Beyond Imagination」というコンサートタイトルは、私にとっては、自分の

限界と向き合う、自分を超えるそんな課題でもありました。

「もしもこのステージでダメだったら、もう歌えるチャンスもなくなってしまうかもしれない・・・」

そんなことを思いながら挑んだ春のステージ。

20周年の幕開けを華やかに迎えていた私の心中は、思いの外、華やかなものではありませんでした。

 

 

攻めの姿勢で組まれた20周年イヤー。

どこまでゆけるのか、自分でもわからないまま、ステージの度に、これが最後という思いでこなす日々は

続いていました。

私の中ではとても大きな意味合いがあった8年ぶりのパリのステージを、そんな状況の中迎えることは、

想像以上に不安なことで、8年ぶりの私の歌を楽しみに待っていてくれるヨーロッパの人たちに、待って

てよかったと思ってもらえる歌声を届けたい!と思えば思うほど、プレッシャーで押しつぶされそうにも

なりました。

 

そんな折り、緊張のパリ公演の少し前、嘘のように、立ち込めていた霧があっという間に晴れて、忽然と

見た事もないような美しい風景が目の前に現れるかのように、私の息が戻ってゆくのを感じていました。

 

歌は息のコントロールが要です。

けれどこの8年間、咳に悩まされていた私は、息をコントトールしようにも、むせるような咳で息がコン

トロールできなくなることが多かったのですが、「息が普通に吸える」という、懐かしい感覚が体の中に

戻ってきていることを感じていました。

 

その後は上り調子なのですが、8年もの長い間、喉と息が思うように使えなくなってしまった私は、その

代わりをどこかで補って、どうにか自分のイメージする歌を歌おうと努力してきた為、声が普通にでる。

という感覚にまだ自分でも驚いているようなところにいます。

 

 

ものすごく、長い話になってしまいましたが、年内最後の大阪ビルボードでのライブは、声が戻った自分を

確かめるように組んだメニュー。

体調が悪かった時は、どこかで補っても出せなかったクリアな声でしか演奏できない選曲や、喉がついて

これなければ選べなかった選曲を久しぶりに入れ込みました。

そして、「歌う人」という歌を書いた頃の自分の使命をもう一度思い起こさせてくれるような、

『私の歌う歌の力』を久しぶりに自分自身で信じることができるような、歌声が出てきた大阪ビルボード

の2ndのステージは、音楽の神様から、2018年の最後に最高の20年間頑張ったご褒美をもらえた

ような時間を過ごしていました。

 

 

 

目には見えない人たちに・・・

「うん」これからも歌う人でいいんですね?

私、歌ってもいいんですね?

そう問いかけた夜。

 

 

 

大げさに聞こえるかもしれませんが、転職も本当に何回か考えました。

全く本位ではなかったけれど、声がでないんじゃ、仕方がありません。

言葉の通り、泣く泣く・・・

気持ちやこんなにも情熱があっても、できなくなることってあるんだな。

そう何度も思う機会がこれまでにありました。

 

 

でも、自分を信じたい。

みんなにも信じてほしい。

なんかどこから湧いてくるのか分からないけれど、この根拠のない、「信じたい」という気持ちが

私をここまでつなげて、導いてくれたような気がします。

 

 

今、私は絶好調!shine

体調のことのなので、いつまた悪くなるか分からないけれど、だからこそ、一つでも多くのステージを

一人でも多くの方に聴いてほしい。そう思っています。

とても単純で当たり前なことといえば当たり前のことなのですが、人が歌うという、とても単純なことを

仕事にしている私が「KOKIAとして歌い続けていられる」には、私が元気である。という、とてもシンプ

ルなことが不可欠です。

このシンプルなことがいつまで私に与えられるのか、分からないけれど、今の時間を最大限に歌を通して

みんなに還元できるように、頑張りたいと思っています。

 

本当に私の歌を信じて、ついてきて、応援し続けてくれるお客様にも心からの感謝です。

Beyond Imagination=想像を超えて、みんなと一緒に未来に飛び込んでこう!

 

2018年の大阪ビルボードライブを忘れない。

2018年11月21日a r i g a t o をまとう

20周年イヤー記念グッズの一つとして、フランス公演を記念して作成したネックレスの取り扱いが、コキア

印で始まりました。

この20年、どこの国でも私が1番多くかけていただいた言葉「ありがとう・・・」をモチーフに、「感謝の

気持ちをいつも忘れない。」という想いを込めて『ありがとう・・・ネックレス』を作りました。

ハートの周りに集う「ありがとう=arigato」の文字は、言霊となって、私たちに幸せの連鎖を運んできて

くれますように。

 

 

季節はもうすぐクリスマス。

クリスマスプレゼントにいいんじゃないかしら?と思って、このタイミングでコキア印で取り扱いを始める

ことにいたしました。shine

私はいち早く、パリに出かける前から胸につけていたのですが、自分でも言うのもあれなのですが、

かなりいい感じです!

本番も一緒に「ありがとうをまといながら」ステージに立っていました。

胸に輝く感謝の気持ち!キランっshine

 

2色味YU5_7816.jpg

 

↓ コキア印はこちらです。

http://ancocoro.shop-pro.jp/?pid=137150764

 

明日は2019年1月6日、ニューイヤーコンサートの一般発売日です。

初めての試み、クインテットのコンサート、新年の音楽のご挨拶となりますので、ぜひいらして下さい。

コンサートの詳しい情報はこちらになります。

http://www.kokia.com/news/post-109.html

2018年11月17日久しぶりのパリ公演

久しぶりに訪れたパリは、何かが始まる予感。

長い時間が流れたにもかかわらず、心はすぐにあの時に戻れる感覚。

 

独立をして間もなかった時期に日本での活動もおぼつかなかった私を、

大きく受け止めてくれたパリという場所。

パリでの活動は、私の自信へとつながって、信じる気持ちへと導いたから、今日の私があるといっても過言

ではありません。

↓ 公演をやり遂げた晴れやかスマイル。

 

新色味_YU5_9966.jpg

 

11日。シトシト雨のパリ。

雨でも絵になるパリの空の下、天気ちは裏腹に私の心は踊っていました。

会場のLa cigaleは以前にもコンサートを行ったことのある場所。

「Wherever I am」というタイトルのヨーロッパツアー全貌を収録したDVDのジャケットになっている会場です。

 

 

懐かしい。

ここに立っていたあの日から、私は、たくさん頑張ったんだよ。

今日はいい歌を響かせるわ。

久しぶりの再会にふさわしい、どんな時間が私に流れたか歌を通してわかってもらえる。

そんなパフォーマンスを楽しみにしていてね。

 

 

会場にそんなことをつぶやくのはおかしな事に聴こえるかもしれませんが、小さくそんなことをつぶやいて、

ステージ中央へ。

 

新色味修正_YU5_8157.jpg

 

何度も練習したフランス語。

緊張して喉がカラカラだと、フランス語ってうまく発音できないんだなぁ・・・。

のっけからトチリながら、ご愛嬌。

そこの国の言葉で挨拶をするのは、様々な国に行く旅に、私なりの礼儀なので、うまくできなくてもいい。

っと思っているの。

 

「I believe海の底から」には、コンサートごとにいろいろなバージョン、アレンジが存在するのですが、今回

は私のパリでの活動を印象付けるきっかけとなっている、2007年のパリコンサートのDVDと同じ、

アレンジで歌いたい。と決めていました。

きっとその映像を観て、今回のコンサートに足を運んでくださったお客様も多いと思っていたので、パリの

興奮をもう一度味わってもらえたのではないかな?と思っていました。

 

新色味修正_YU5_8024.jpg

 

相変わらず、コンサートを楽しむ、というお客様のボルテージが伝わってくる、やっていたもとても楽しい

時間でしたが、10年近くの時を経て、お客様も皆、それなりに歳を重ね、どこか落ち着いて、穏やかで

おおらかに受け止めてくれている感じがしたのは、気のせいだったでしょうか?

フランスでは日本でリリースされている全てのタイトルが発売されているにもかかわらず、新旧織り交ぜた

セットリストにじっと耳を傾けて楽しんでくださっている様子が印象的でした。

 

うん。この感じ。

私を待っていてくれた人たちへ歌を届けられる幸せ。

 

新色味修正_YU5_8117.jpg

 

スタンディングオベーション。

鳴り止まない拍手。

アンコールに出たかったけれど、今日は時間切れ。

それに、私なりに全力で本編でおもてなしはしたから、おまけはなしね。

 

舞台袖で鳴り止まない拍手を噛みしめる。

これは頑張ってきた自分へのご褒美。

胸に耳に焼き付ける。

またもっと頑張れるように。

この声をつなげてゆけるように。

 

いい意味でリラックスをして歌っていたのだな。と感じる、体の疲れを全く感じないステージであった

ことに、自分で驚きました。

きっとここが、心地いいと感じる場所だったのかもしれません。

 

終演後、パリのお客様はもちろん、マンチェスター、ロンドン、ロシア、ウクライナ、ポルトガル、

スペイン・・・ヨーロッパ各国からコンサートを楽しみに駆けつけてくれたことをmeet & greetと知りました。

 

20周年イヤーは私からこれまで支えてくれたお客様へ、感謝の気持ちを精一杯のステージでお戻ししたい。

という思いでたくさんのステージを行っています。

この日のパリは、どちらかというと、20周年イヤーまで頑張ってきた私へみんなから、音楽の神様から

プレゼントをもらってような、楽しく、幸せな時間となりました。

 

独立して間もなく立った、パリのステージと同じように、多くの自信を私にくれたパリのステージ。

このまま歩いていっていいんだよ。っと、自分の活動のあり方に肩を押してもらえたような、そんな気が

しました。

 

幸せな時間をありがとう。

パリはやっぱり大好きな場所。

この公演を8年ぶりに催すために力を貸してくれたたくさんの温かな友人(スタッフ)に、心からの感謝を

込めて。

2018年11月09日TOKYO to PARIS

本当に信じられない速さで、時間が過ぎ、準備に追われていたらパリへ出発となりました。

日本の皆様行ってきます!shine

海外での公演の際は、いつも日本代表の気持ちでステージに立っています。

 

音の旅人である、私の心が高鳴っています。

いい旅になりますように。

 

2018年11月02日パリで会いましょ

Bonsoir tout le monde!(こんばんは皆さん)

いよいよ8年ぶりのパリ公演が来週にせまってきました。

la cigaleでのコンサートは2度目。

Whereeve I amのジャケットにもなっていた、ステージ袖に赤と青の印象的な壁があるあの会場です。

 

あれから8年。

歌人生にもプライベートでもいろんなことがありました。

お客様の皆様も同じことですね。

みんなの8年はどんなだったのでしょうか>

それぞれの物語がそれぞれに繰り広げられていた無数の時間が、パリでまた一つになる夜。shine

デビューから20も歳をとったはずなのに、心はいつまでもあの日のまま。

すぐにあの日に戻れる気がする。音楽の力ってすごいですね。

 

 

 

今日はパリ公演のコンサートに、今年は日本からいらして下さる。というお客様が何人かいらっしゃる

ことをファンクラブの会などで知りましたので、フランスまでわざわざ来て下さるお客様と何か特別な

想い出作りができないかなと考えていました。

そこでこんな企画のご案内です。

 

11月11日のパリでのコンサートの翌日。

12日の朝、10時半にトロカデロ広場で撮影をします。

よかったら、一緒に記念写真を撮りませんか?

 

ピンポイントでの待ち合わせではありませんが、10分、20分の撮影終了後、撮影をしているチーム

KOKIAを見つけていただけましたら、みんなでエッフェル搭をバックに、記念撮影をと思っています。

 

時間もアバウトで、場所もアバウトなので、会えるかな?と心配かと思いますので、何らかの理由で

この企画をやめなくてはいけなくなった時のみ、11日のコンサート終了後にブログにその旨を

アナウンスさせていただきます。

 

何も案内がない場合は10時半頃から11時頃までトロカデロ広場で撮影をしておりますので、もしも

よければ会いにきてください。

テーマパークのキャラクターのミートアンドグリート的な・・・

会えるかな?会えないかな?感がなかなか渋いですね。ふふふ。

 

ちなみに、11年前、この写真を撮った場所になります。

(シルエット私です)

 

19.jpg

 

パリであいましょ。

2018年10月25日トントン缶

今日の東京は気持ちのよい秋晴れです。

みなさんのお住まいはどんなお天気ですか?

 

さて、先日ここでご紹介した、ton ton tonプロジェクトのグッズとして作ったトントン缶の販売がネット通販

でもはじまりました。

ファンクラブのイベントで大変ご好評いただき、数が少なくなってしまいましたので、ご興味のある方は

お早めにご購入ください。

というのは、まとまった数でしかオーダーが難しい商品なので、次回、再販をするまでには、だいぶ時間が

かかると思います。

 

↓ こちらがtontontonプロジェクトのオフィシャルショッピングサイト「tontontongift」になります。

https://tontontongift.shop-pro.jp

 

秋は遠足にも行きたくなりますね。

2018年10月23日ふ〜ふふふのファンクラブイベント

ふ〜ふふふのファンクラブイベント、club ancoroの1年に1度の集いが楽しく終わりました。

慣れてきたからだったのでしょうか?

今年は輪をかけて、温かく、アットホームな雰囲気で時間が進んだような気がしていました。

 

遠方からもお越しくださったクラブメンバーancoroちゃんのみんな、会を楽しいものにしてくれて、

本当にありがとうございました!

 

↓ 祝20周年イヤーclub ancoroの集い。

等身大で作ったはずが、なぜか等身大よりも大きくなったウェルカムボードと一緒に。

IMG_6761 (1).jpg

 

20周年の節目ということで、

shine私の歌とどのようにして出会ったか

shineどのコンサートが初めて行ったコンサートだったか

shineかれこれもう何年応援してくれている・・・

なんていうお話しを聞かせて下さる方が多かったように思います。

そんなお話を聞く度に、みんなの人生に私の歌が一緒に旅する不思議を想像して、ワクワクするのが

とても好きです。

 

夢は大きくもっていても、小さなことがらや、小さな声に耳を傾けることができる。

そんな歌い手でいたいと思っています。

それはなんというか・・・、「私と誰か」というミニマムな人間関係から生まれるドラマ、心の動きを、

歌にしてゆきたい。ということなのかもしれません。

いろいろな曲を書くけれど、歌い手として活動を続ける根底にある気持ちは、そうしたところにあるような

気がします。

もっとわかりやすく言えば、目の前にいる誰かを励ましたい。

この人に想いを伝えたい。というとてもシンプルな気持ちが私を歌わせている。

そんなことの繰り返しのような気がしています。

 

想いを伝えたい相手、励ましたい相手、笑顔にしたい相手は、その時によって変わるものの、いつもそれは

「私と誰か」という小さなところのお話から始まっているということ。

 

 

なぜそんなお話をしたかというと、私はたまに、歌を通してメールやお手紙をくださったファンの方へ

お返事のように歌を書くことがあります。

「その歌はあなたの為に書いたアンサーソングですよ」と、メールやお手紙をくださったファンの方に、

伝えはしないものの、この気持ちが届いたらいいなぁ。

想いを歌から感じ取って、受け取ってくれたらいいなぁ。という想いで書くのです。

 

今回、お見送りの際にお話をさせて頂いたり、いただいたお手紙を拝見すると、そうした私の活動や

歌を通した形でお客様に想いを伝える。ということが、それぞれの想いで皆様、ちゃんと受け取って

下さっているのだな。と感じることができてとても嬉しかったんです。

「私と誰か」のミニマムな関係は、時には「私とあなた」つまり、「私とお客様」であることも、もち

ろんあるということ。

KOKIAの村に集まってきてくれた音楽家族がみんな、笑顔でまた、それぞれの旅に出かけて行くのを見送る。

そんなことをずっと続けていけたらとても幸せだなぁと思っています。

 

IMG_6760.jpg

 

ファンクラブが終わった今日、私はスタジオにいます。

7月の神奈川県民ホールで行われたオーケストラコンサートのミックス作業です。

たった数ヶ月前のことですが、季節もうつろい、2019年の夏の想い出の1ページになりつつあるコンサート

を振り返りながら、改めて、この20周年イヤーは本当にドラマチックで、歌い手としての私の成人式の

ような年となっております。(まだ続いています)

これからどう歩んでゆくかは私次第。

20年という月日をかけて、お客様に育てていただいたKOKIAというこの樹を大事に、この先も育て、咲か

せてゆきたいと思っています。

 

ふ〜 KOKIAの樹の下で一休み。

ふふふ 笑顔のはじまり。

じゃあ、また、旅にでもでかけよう。

 

ふ〜ふふふ またどこかでお会いしましょう。

2018年10月17日表参道

ここ数年、club ancoroの会はいつも明治神宮近くで開催しておりますが、お客様からこのあたりでKOKIA

さんのおすすめのお店なんかあったら教えてください。っと質問いただき、「はーい」なんて返事をした

ものの、あまりご紹介できていないい事がきになっておりましたので、今回はイベント開催前にご案内さ

せていただきますので、ぜひ、ファンクラブイベント当日、昼の会ご参加の方は夕方から夜、夜の会

ご参加の方はお昼間の表参道ゴハンなり、カフェを楽しまれていただけたら嬉しいです。

 

人にオススメとなると、相手が誰かによって、オススメのお店が変わりますので、コメント付きでいくつか、

私のオススメスポットをご紹介させていただきます。shine

 

 

★「え!ここ表参道?」和菓子好きで隠れ家好きのあなたに!「表参道徒歩3分」

お店の名前:「さーしゃ 金田中」

http://www.kanetanaka.co.jp/restrant/sahsya/food.html

オススメポイント:表通りから一見してお店が見えない隠れ家的な場所です。

こんなとこ知ってるなんてツーだね〜という感じのお店で、お菓子だけでなく、ランチもコースだけです

が、やっているので、予約していらしてはいかがでしょうか?

 

 

★「え!ここ表参道?シリーズ第2弾」都会に居ながらして、木々を感じながらのんびり。「神宮前駅徒歩1分」

お店の名前:「おもはらの森 スターバックス」

オススメポイント:有名な原宿交差点から徒歩1分という立地にして、行かなくてはその開放感は分からない

という、スターバックスの中でも最高の空中バルコニーを備えた場所。

お子様連れには最高の場所で、ママもちびっ子も最高に楽しくお茶できるスポットです。

多分、今のシーズンはハロウィンデコレーションされていて、かわいくなっていると思います。

↓ 昨年このハロウィンのシーズンに行った時の写真です。

 

IMG_7492.jpg

 

★あまりに有名ですが、本店の風格を味わえる!ここもある意味、表参道とは思えない空間!

お店の名前:「まい泉」(表参道駅徒歩3分)

http://mai-sen.com/restaurant/aoyama/

 

おしゃれカフェとカジュアルカフェをご紹介したので、次はがっつりとお腹を満たしたい方へ。

いわずと知れた「まい泉」のとんかつ、またはカツサンドですが、この青山に本店がありまして、ここの

雰囲気が最高です。1階の奥の大部屋は、どこかの温泉地に来たかのような、昔ながらの作りの内装に

とんかつの美味しさ倍増です。

私、本店とか、本拠地とか、そういう言葉に惹かれる傾向がありまして、とんかつ食べるならここを是非

オススメしています。

 

 

★「え!ここ表参道?シリーズ第3弾」天ぷら万歳!

お店の名前:「たかお」

http://tempura-takao.jp

こちらのお店はオシャレエリアの表参道では珍しい天ぷら屋さんです。

駅から徒歩3、4分という立地にも関わらず、「たかお」を知らないと絶対に曲がらないような裏路地に

ありまして、お店の外観がとても素敵なのもあって、お店を見つけた時のハッピー感がすごいです。

その素敵な佇まいに引けを取らず、コストパフォーマンスもお味も最高のお店。

私はランチしか行ったことがないのですが、ランチはボリュームに対して安すぎなのでは?という位の

充実した内容で、「ここのイカテンだけは食べれる」というくらい、大好きな天ぷらやさんです。

天ぷらが出てくるまでに浅漬けや明太子が食べ放題というのも、嬉しいサービス!

少しお昼の時間は並ぶのですが、美味しい思いでをくれますので、興味のある方はぜひ!

 

 

 

 

こんな感じでキリがありませんが、表参道や原宿近辺には美味しい、嬉しい、素敵で、楽しい、スポット

が、いっぱいあります。

ご紹介をしているとものすごい量になってしまいますね。

イベント開催の日曜日ですが、晴れていれば、表参道から徒歩5分ほどのところに国連大学のビルがある

のですが、「青山マーケット」と言って、毎週、土日に青空マーケットが行われています。

先週はパン祭りなるものも同時開催され、地方の有名パンやさんが続々と出店されて賑わっていました。

 

このマーケットで気軽に青空ランチするのも、なんだか非日常で楽しいかもしれません。

ワゴンカーでの販売もありますし、もしもこれをご覧の方の中にマヨラーがいらっしゃったら、私が今、

1番美味しいと思っているマヨネーズで「風の丘」というマヨネーズがこのマーケットの八百屋さんで

買えます。この時代、結構インターネットを駆使して探したのですが、このマーケットでしか、私が

調べたところ、買えません。

マーケットにたくさん八百屋さんが出ているので、探し当てるのは難しいかもしれませんが、確率として、

わりと中央のビル側付近で、綺麗なおばさま達が販売されている八百屋さんで取り扱われていますので、

是非、こちらもご興味ありましたら行ってみてください!

 

 

これまでちゃんとご案内できなかった気持ちを一気に爆発させた感が否めませんが、皆様の休日が楽しい

ものになりますように!願っています。

 

 

2018年10月16日ファンクラブイベント club ancoroの会

今週末にせまった年に1度のおもてなし。

ファンクラブclub ancoroの会「KOKIAサロン」で初売りとなる商品をご紹介させてください。

 

現在9月の発売からご好評いただいております「いきものクッキー」

これまでの赤いゾウのシェフの箱もとっても可愛いのですが、ton ton tonプロジェクトとしては、CDを

缶に入れて発売しておりますので、クッキーもギフト缶として手元に残るものにして発売したい!っと、

これまで検討をしておりました。

そして今回、準備が整い、club ancoroの会「KOKIAサロン」で「缶」バージョンの「いきものクッキー」を

初売りさせていただくことに決めました。

 

缶は2種類で、私は「乾杯バージョン」と「ケーキバージョン」という風に呼んでおります。

 

↓乾杯バージョンはフランス語で「はじめまして」と書かれておりまして、出会いに乾杯!といった雰囲気

でちょっと大人もクッキーを食べ終わった後、文具入れにでも使ってもらえるような雰囲気でデザインをして

みました。

P1020228 (1).jpg

 

↓ ケーキバージョンの方は優しく明るい雰囲気で、楽しいホームパティーが開かれているイメージで

作りました。

 

ハンコ入れ、ホッチキス入れ、細々したもの入れ、領収書入れ・・・大人の用途はこんなところでしょうか?

私なら間違い無く、おやつ入れにします。

いろいろな種類のおやつを入れて仕事場の机の上に置いておきます。

 

書いている側から、何を入れたらしっくりくるか、いろいろ試してみたのですが、最近増えがちな、短めの

USBケーブルとか、充電ケーブル、SDカードなど、電子機器周りの細々アイテムを入れるのになかなか

いいみたいです。

 

P1020385.jpg

 

食べた後もだいぶ使える、かわいらしい缶となりましたので、よりプレゼントにも喜ばれるものになった

かな?と思っています。

箱の際に、プチプチに包んではおりましたがお届けの工程で割れてしまうクッキーがあったということも、

缶になることでだいぶ軽減されるといいなと願っています。

 

P1020234 (1).jpg

 

ちなみに、この ton ton 缶、クッキーなくても缶だけ欲しい!という方がいらっしゃるのでは?と思い、

tonton缶のみの販売をいたします。価格は缶のみ、各/¥2,000。

 

★乾杯缶(取って白)

★乾杯缶(取って青)

★ケーキ缶(取って白のみ)

 

いきものクッキーはtonton缶へ移行したことによって、価格改定で¥4,000で販売させていただきます。

当日は上記の缶のみ、またクッキーが入ったものの全部で6パターンの商品をお取り扱いさせていただく

予定です。大人がみんなこのtonton缶を持ったら、外国の幼稚園か小学校のお昼休みのようでかわいいなと

想像しています。なんだかランチボックスのようで、サンドウィッチでも入れてピクニックしたい雰囲気です。

 

shineちなみに、絵柄のプリントは缶の両面に印刷されておりますので、裏がありません。

ここ結構ポイントで、表、裏の両面印刷だとぐんの製作のお値段が上がったのですが、どうしても、作る

なら、可愛くしたかったので、両面印刷にこだわってみました。(どこから見てもかわいい!)

 

 

ちょっとした思い出の品がほしいな。という方のためには、これまた「いきものの音楽会」からですが、

ポストカード5枚セットというものも作ってみました。

こちらは¥800になります。

本当は、ここに何か言葉を書いてデザインを仕上げようかまよったのですが、やっぱり余白があった方が、

大切な方へのメッセージカードに使っていただけるかな?っと、イラストのみにしてみました。

 

IMG_6075.jpg

 

そのほか、コキア印でふだんお取り扱いのあるコンサートDVDのタイトルはほとんど持ってゆきますし、

「どうぶつの音楽会」、「いきものの音楽会」ともに持ってゆきます。

CDも20周年を機に出した4枚組ベスト「EVOLVE to LOVE」を販売いたしますので、この機会にファンクラ

ブ参加土産にいろいろと揃えてみてください。

 

ちなみに、今回のファンクラブイベントで、最初で最期、「どうぶつの音楽会」で販売をしておりましたタオ

ルをタオルのみの3枚セット販売を行います。1年前の「どうぶつの音楽会」の際、初売りイベントでタオル

のみの販売を行って以来になりますが、実は今回、第1弾の「どうぶつの音楽会」の缶とタオルのセット販売

を今回をもって中止することに決めました。

ですので、今回、タオルのみの3枚セットの販売をファンクラブで行わせていただきます。

タオルのみの販売を望まれるお客様の声が多かったので、ぜひこの機会に好きなどうぶつのタオルをお土産に

していただけたらと思います。

 

 

ものすごい販売物のことばかりご案内してまいりましたが、今回は20周年のancoroイベントです。

私からみなさまへのプレゼントにも気合を入れて、たくさんご用意させていただいておりますので、楽しみ

にいらしてください。

初めて参加されるという方は、質問コーナーというのがありますので、聞きたいことがあったら、ぜひ

参加してみてください。