2020年10月30日ライブのご案内(生のです!)

ライブと言ったら配信ライブのご案内ばかりが続いていた2020年。

年内、これからご案内するライブも、まだ配信ライブが続くのですが、久しぶりに2021年の1月に

生のライブのご案内です。本当に嬉しく、お客様に負けないくらい、私も今から楽しみにしています。

そのビルボードライブ大阪で行われるライブのファンクラブ先行のご案内をclub ancoroの皆様にメール

マガジンで流させていただきましたので、ご案内が届いていない。という方はメールマガジン過去歴をご

参照ください。

一般発売等、詳しい情報はこちらになります。

http://www.kokia.com/news/post-138.html

 

7月のサントリーホールブルーローズから半年もステージから遠のいていることに驚きと不安を感じなが

ら、きっと、「自転車に乗るようなもの」で、20年以上続けてきたことですから、ステージに立てば、

KOKIAとしての感覚がすぐに戻ってゆくのかな?と、ぼんやりとその日を想像しています。

 

12月、クリスマスに配信ライブを企画しておりますが、その配信ライブでさえ、久しぶりにまともに

届ける歌を歌う。という気持ちにどう向き合ってゆくか?イメージを掴むのに、少しこれまでにない不思

議な感覚はあります。

 

11月は少し落ち着いてピアノに向き合おうと思っています。

その間にきっと、今年起きた出来事、引き続く状況と来年への心の整理がつくのかな?と期待しています。

 

音占い。と言ったらおかしく聞こえるかもしれませんが、ピアノの前に座って歌を書く時、自分でも思い

もよらない言葉や核心をついた気持ちが出てくる時があります。その言葉や音に自分自身が助けられる事

がよくありました。

お客様に届けているかのようで、私はそうやって、自分の紡ぐ音や歌に、自分自身が助けられながら、は

げまされながら、ずっと進んできたのかもしれません。

 

考えてみれば、KOKIAとなった今、歌うことが生きることなんて言うとミュージシャンの格好つけに聞こ

えてしまうかもしれないけれど、幼い頃、気づけば音楽の中に自分の居場所を見出して歌い始めた私に

とっては、歌うことは生きることそのものでした。

歌うことは語ること。

歌うことは喋ること。

歌うことは話すこと。

歌うことは旅をすること。

歌うことは夢を見ること。

歌うことは笑うこと。

歌うことは涙すること。

歌うことは進むこと。

 

全て、わたしが歌なくしてはうまくできなかったことです。

そして歌を届けるようになり、全てをみんなと共有できるという喜びを知りました。

 

12月の配信ライブ、1月のステージ、皆様にどんな形でも届ける歌を歌える喜びに感謝しています。

2020年10月16日つまみ食い試聴のご案内

こんにちはKOKIAです。

新しいアルバム「星のうた 風のなか」をたくさんの方に聴いていただきたく、わたしの歌をまだ聴いた

ことがない。という方のために、このアルバムに収録されている ♪孤島 という曲で「つまみ食い」試聴

していただける動画をYoutubeのKOKIAのオフィシャルチャンネルに準備しました。

きっとここotonamiブログをのぞいて下さっている方は、すでにこのアルバムをお持ちの方がほとんど

だと思いますので、よかったらお友達にここで聴けるよ。と教えて下さったら嬉しいです。

↓動画はこちらからご覧いただけます。

https://www.youtube.com/watch?v=TS9e_dp1CQI

 

通販で販売できるアルバムを作ったり、配信ライブを行ったり、現状でできることを色々と行っておりま

すが、来年度のコンサートの計画はやはりまだ難航しております。

そんな中、現在、来年度のうちに2つほど皆様にご案内できるライブの話が決定いたしました。

お目にかかれる頻度が極端に限られている今、その1つ1つを心待ちに大事に迎えたいと思っています。

 

それまでは・・・

新しいアルバムや私がこれまで情熱を燃やし続けてきたステージのコンサートDVDなどをご鑑賞いただ

けたら嬉しいです。

時間もあるので、また自分が撮り溜めてきた映像や写真で、みなさまに見ていただけるような素敵な動画

が準備できたらご案内させていただきますので、楽しみにしていて下さい。

2020年10月06日出会いに助けられて

10月になりました。

ニューアルバム「星のうた 風のなか」の発売が「コキア印」ではじまりました。

すでにご購入くださった方も多いと思うのですが、まだの方がいらしたら、是非聴いていただきたい想い

が音に詰まっておりますので、お買い求めいただけたら嬉しいです。

↓コキア印はこちらになります。

http://ancocoro.shop-pro.jp/?pid=154045695

 

ロンドンに来て、1ヶ月。

はじめはトラブル続きで、家の鍵さえうまくもらえず、4歳の息子を連れての珍道中はコロナのこの状況

の中では、輪をかけて大変で、普段ならいろんなトラブルも楽しめるタイプなのですが、今回ばかりは流石

に、ちょっと疲れてしまいました^^;

それでもお陰様で、ここでの暮らし方も少しずつ様子が見えてきて、家の中の環境もだいぶ整い、ニュー

アルバム「星のうた 風のなか」の発送もはじめられた!という報告を日本からもらい、ようやっと本当に

ホッとして、椅子の前に座っている今日です。

 

毎日ではないのですが、ここotonamiのブログも考えたら10年以上?続けてきたと考えると長いなと振り

かえりながら、綴ってきた言葉や想いで多かったトピックは一体何かな?と考えると、「出会いに助けられ

て」という、今日のタイトルであるこのキーワードは一貫して登場してきた言葉のように思っています。

 

ロンドンに来て1ヶ月。

新たな地での生活のセットアップは大変で、手続きの連続。

海外という緊張感もあり、たったの1ヶ月とは思えない濃厚な時間だったというのが体感している感じ。

自分でもびっくりしたのですが、本当に、ドゥワーっと、白髪が増えまして、「あれ?浦島太郎の箱でも

開けたかな?」と思ってしまったほどでしたが、本当に大変と感じた時には、素敵な出会いを準備してく

れていることに感謝。様々な出会いに助けられて、ようやっとロンドンでの生活がまともに始まろうとし

ています。

 

本日、club ancoroの会員の皆様にメールマガジンを送らせていただきましたが、ここからでもできること、

楽しいこと・・・として、今週の金曜日に楽しい配信イベントを企画いたしました。shine

メールマガジンがうまく受信できない会員の方は詳細をメールマガジン過去歴に掲載させていただきま

したので、そちらでご確認ください。

また、今週の金曜日のご都合が悪い会員の方のために、club ancoroの会員の方にのみ、10月いっぱい

そのイベントをご覧いただけるサービスもご案内させていただいておりますので、メールマガジンを

チェックいただけましたら幸いです。

 

私が様々な場面で出逢いに助けられてきているように、私との出会い、私の歌との出逢いが、出逢った

誰かの助けになっていたらいいなぁという思いで暮らしています。

家族も出逢いの一つだとするなら、4歳の息子レオナルドとの出逢いは、私にこれまで経験したことの

なかった幸せを運んできてくれた出逢いです。

この地で親子二人、助け合い、笑いあい、時々ケンカをして絆を確かめあい、多くの当たり前だった事

が難しくなってしまった今を一生懸命に生きていきたいと思っています。

 

金曜日、ファンクラブ会員のancoroちゃんの皆様!久しぶりにお話できるのを楽しみにしています!