2020年06月24日有り余るほどの愛のうたで

昨日はタイアップの楽曲のため、レコーディングをしていました。

久しぶりにピアノ、ギター、カルテット(弦4人)を生で録り、歌を入れ・・・

優しい音の層が魔法のような立体感を出してゆく様に、改めて、浦さんのアレンジはすごいなぁと。

幸せな時間でした。

 

そして今日は、7月18日に行われることが急遽決まった、サントリーブルーローズのコンサートのメニュー

を考えていたのですが、今の気持ち、そしてご一緒するミュージシャンの方と一緒に何を響かせたいかな?

と考えていたら、「星のうた」という新しい曲がうまれました。

今の私の気持ちから生まれた音です。

 

素敵な歌かはわからないけれど、今回のことがなかったら、生まれなかった歌なのかもしれません。

今回だけにとどまらず、歌はいつもそうやって、私の心を揺さぶって、新しい音を産み落とさせる。

 

土曜日にせまった配信ライブ「1 to 1 Live for you」を行うことで生まれた

 

note 歌の向こうでつながっている

note I LOVE YOU 2020

note ねんねんころり

 

そして、八ヶ岳で初めて歌った

 

note 風が言う・・・

 

これも、この春、私の中に溢れたものから、生まれた音でした。

 

そして今回作った「星のうた」へと続いていたのだと思うと、有り余るほどの愛でも足りないほど

傷を負った2020年に、きっと必要であろう「愛のうた」を書き続けている自分に気づきました。

 

「Remember this summer」と題したコンサートにはふさわしく、今の状況の中で私が想う気持ちが

色濃く歌われた曲。

普通の状況ではないのですから、普通ではないことをいっぱいしてもいいかな?と明日もまたこの

コンサートのために新曲を書こうよ。と、私の中の誰かが言っています。

きっと、いらしてくださるお客様と、今だから共鳴できるポイントを探りたいのかもしれません。

 

本番まではまだ日にちがあるので、ゆっくりと大事にメニューを決めてゆきたいと思っています。

 

↓ 7月18日のコンサート情報はこちらから

http://www.kokia.com/news/post-133.html

 

↓この週末27日の配信ライブは土曜の夜、20時より。こちらでご覧になれます。

https://youtu.be/Uid0YxOBEfU

 

有り余るほどの愛のうたが必要な2020年、配信でもコンサートでもとにかく、様々な状況に

おかれているみなさまに、歌を届けたいと思っています。