2017年06月22日動物アルバム遂に!

動物しばりで曲を書いたアルバム「動物シリーズ」を10月8日にリリースすることに決定いたしました!shine

先日、軽井沢のコンサートでアルバム発売前に数々の曲を初お披露目して大好評いただいたことも私の

肩を押し、制作に拍車がかかりました!

少し先のような気もしますが、7月、8月はコンサートやイベントへの出演が多く、平行してオリジナル

アルバムの制作もしているので、自分のお尻を叩く意味でも発売日を発表させていただきました!

もちろんこれも、デビュー20周年打ち上げ花火の一つでございます。

ずっと温めてきた企画だったので、偶然ではありますが、この年に揃えることができてとても嬉しいです。

 

なんか楽しい。

なんかいい。

の「なんか」ってすごい大事だと思うんです。

音楽にはその、「なんか」って言ってしまう大事な部分を担う大事な役目があるように感じていて・・・

動物シリーズでは、大人も子供も「なんかいいよね」と心くすぐられる部分を音楽にたくさん詰め込んで

皆様にお届けいたしますので、楽しみに待っていてください。shine

2017年06月14日遂に始まる。Facebookの巻

というわけで、ここotonamiで言葉を綴ることは私にとってとても大事な場所なので、あまり他のSNSを利用

することをせずにここまでやってきたのですが、このotonamiブログを更新したよshineということが分かるだけ

でも、Facebookのオフィシャルを持つことは「Good」なのかな?と思い、KOKIA Facebook officialを立ち

上げることにしました。

 

まだ立ち上がりでコンテンツも何もないのですが、ここotonamiブログの更新のお知らせや、20年を振り返る

写真で綴る旅日記のようなものとか、皆様と想い出に花を咲かせられる場所にしたいなと思っています。

よかったらまだ何もないのですが、覗いてみてください。

↓ こちらがそのページになります。

https://www.facebook.com/KOKIAofficial-1966663366898860/?modal=followers&notif_t=page_follow&notif_id=1497429005800218

 

otonamiブログには大事な想いを時間をとって綴れる時に残して、Facebookには少し瞬発力のある情報を

皆様にお届けできるように、使い分けてまいりたいと思っています。これも20周年に向けての打ち上げ

花火の一つでした。shineヒュ〜ル〜ル〜ル〜〜〜〜 ドン パッ

 

*いろいろなページがあるようなのですが、このページ以外に私はKOKIAとしてFacebookをやっていません。

2017年06月13日20周年記念スペシャルオファー

私からのご案内が少し遅れてしまいましたが、実はオフィシャル通販サイト「コキア印」で、立ち上がっ

て以来初めてのスペシャルオファーを開催しています。shine

な・ぜ・か と言いますと、来春に迎えるデビュー20周年に向けての様々な打ち上げ花火の一つとし

て、開催させていただくことになりました。

後にも先にもこのような期間を設けることは本当に珍しいので、またあるかはわかりませんので、

この機会にぜひ見逃したコンサートをDVDでお楽しみいただけたら嬉しいです。

http://ancocoro.shop-pro.jp

 

新しいアルバムを作っている中でちょいちょい思うことは・・・

「この曲はライブで歌いやすいだろうか?」

「この歌はライブに向いているだろうか?」

ということ。

過去にCDで作品として発表しても、ライブでのパフォーマンスが難しいなと感じたり、向かないなと

感じるものは、なかなかステージで演奏しなくなってしまうので、「コンサート」が何よりKOKIA

らしさを感じてもらえる場所だと感じている私は、このコンサートをできるだけ収録することにこだ

わってきました。

その甲斐あって、やはりコンサートDVDではCDとは違うものを感じてもらえる。そのように思って

います。(もちろん実際に会場で体感していただくのが1番ではあるのですけど)

 

特にはMCの流れからの演奏は時にCDではお客様に託す歌の解釈の部分をコンサートでは私から

の投げかけとして聴いてもらえるという違いがあって、そこには私が歌っている意味が詰まっている

ように感じるんです。

 

今日も曲を書いています。

曇り空、雨が白く東京の街を覆っている日に。お天気によってアルバムに収録したいと思う曲が

変わります。さて、どういたしましょう?

2017年05月29日ニューアルバム作り ♪

久しぶりに新しいアルバム作りがスタートしました。shine

とはいえリリースはまだ先なので、今年いっぱいかけて作っていくのですが、これくらい前からスタートを

切らないと、意外と製作って時間がかかるものなんです。

 

軽井沢でのコンサートが終わってからすぐ、ここから6月いっぱいは、ほとんどの時間を曲書きに。っと

優先的に空けてきたのですが、星の巡り合わせがよかったのか?なんなのか?

まだ6月にもならないというのに、ほとんど曲がかけてしまいました。shine自分でもびっくり!

もちろんそれはいいことなのですけど、こんなにスムーズに何曲もかけてしまうなんて思ってもみなかった

ので。

 

私にしては前作のアルバムから少し間の空いたアルバム製作になったので、しばらく会っていなかった

友達に話すことが盛りだくさんになってしまった・・・という感じだったのだと思います。

ピアノに向かい自分の気持ちを話し出すように歌にしてゆくのですが・・・

出てくる。出てくる。話したかったこと。

 

同時進行で作っている動物しばりのアルバム、動物シリーズといい、この2つのアルバム、多くの方に

楽しんでいただける作品になる予感がしています。

お楽しみに!

 

 

・・・・それにしても、曲が・・・書ける。

2017年05月16日コンサート in 軽井沢 ♪

あいにくの雨。霧に包まれた軽井沢でのコンサートは、そのお天気とは裏腹にとても楽しい時間となりまし

た。星の音楽会と題した第一部では、通常のコンサートと同様に私がこの日のために選曲した楽曲をお届け

させていただき、森の音楽会と題した第二部では、現在製作中の動物しばりで曲を書く、通称:動物シリー

ズのアルバム発売前の初お披露目をさせていただきました。

 

ニヤリッshine思っていたとおり、というかそれ以上に、お客様が初めての動物シリーズのお披露目を楽しんで

くださった様子が伝わってきて、アルバム完成が待ち遠しくなりました。

そう!私がやりたかったのは、作りたかったのは、大人も子供も楽しめるこんなコンサート!こんなアルバ

ム!いらしてくださった皆様にはきっと少し様子がわかっていただけたように、思います。

 

歌うママの姿を家の中や映像の中では見てきたものの、この日初めてコンサートのリハーサルをホールで

見たレオちゃん。いったい何を思ったんでしょうね?

 

↓ ステージ前でちょこんと立ち止まって私を見ているレオちゃん。

 

6403.jpg

 

コンサートの度にお客様をいい意味で驚かせるのが毎回楽しみで準備をしています。

次回は7月の名古屋ブルーノート。そして8月のオーチャードホール。少し時間が空くようですが、その間に

私は、アルバム制作に励みます。

今年はアルバム制作と動物シリーズのアルバム制作、2枚も大作が控えているのでこれからの1ヶ月はたくさ

ん頭にスペースを空けて真剣に想いと向き合いたいと思います。

今、自分の心に何が響いてくるのか。

楽しみですね。音探し。

 

軽井沢まで足を運んでくださった皆様ありがとうございました。

次回名古屋ブルーノートで、一つ歳をとる私をお祝いしに遊びにきてください。待っていまぁす。shine

2017年04月29日来年のこの日に。

来年のこの日、4月29日にデビューして20年を迎えます。

これからの1年はその節目に向けていろいろなことを考えながら音と向き合っていきいたいなと思ってい

ます。

お花やお手紙、メールやプレゼント、それぞれの形で私へ想いを届けてくださる皆様から受け取った優しさ

を、歌にのせてありがとうと返せたらいいなと思っています。

 

そして、4月29日の今日から8月11日にオーチャードホールで行われる「The Soloist」のコンサート

のチケットが一般発売となりました。

http://www.kokia.com/news/the-soloist.html

 

以前にお話したことがある話ですが、ステージの上、直径2mほどのスポットライトの中は最前線です。

そこへ立つ人は誰も見たことのない風景を見させてもらうご褒美をもらえると同時に、全身の力でお客様

へ音を届けるという使命を果たさなければなりません。それはとてもやる気の湧くことでもあるのですが、

孤独な旅でもあります。

同じステージの上、たった数メートル後ろでサポートしてくれているミュージシャンの人たちですら、

最前線に立つソリストとは、その感覚は全く違うものだとおもいます。

ステージ中央に当てられた「私の場所」に立ち続けられることに、感謝しつつ、その場所にいつまでも

立ち続けられますように・・・と、想いを込めて、その日のステージを毎回こなす。そんなことが19年

続いてきました。

そんな風に真剣にステージへの意識を持ち始めたのは、実際には独立を意識し始めた十数年前頃から

だったと思うのですが・・・。

 

そんなソリストというポジションは、いつしか私の現在の活動スタイルにも類似してきました。

周りの皆様のサポートがあって成り立っていることは大前提なのですが、その末端に立って

想いを掲げてみんなを先導してゆく。ということは、時にやりがいと共に孤独を感じることもあります。

 

今回、音楽になぞらえて、自分自身を「The Soloist」とステージコンセプトに掲げる事で、ステージ

ではもちろんですが、今も独りでKOKIAという道を歩み続ける私の姿を、皆様に今回の「ソリスト」

というステージを通して、見届けていただきたいと思っているのだとおもいます。

 

来年のこの日に迎える20年という月日と、8月のコンサートのコンセプトである「ソリスト」という

言葉が、今の私にはとても鮮烈で、思わず少し語ってしまいましたが、想いを込めて一つ一つのステージ

に立ってゆきたいと思っています。

 

近くは来週、5月13日の軽井沢ですね。shine

8月13日は奇しきも山の日。いろんな山を登りくだりしてきたソリストにはぴったりの山舞台となり

そうです。皆様のお越しをお待ちしております。

2017年04月24日打ち上げ花火

なかなかブログを更新できない間、私はタイアップのお仕事に精を出していました。

こんなにまとめて依頼が重なるのは珍しいことなのですけど、ちょうど自分のアルバム制作の為に

スケジュールに余裕をもたせていたので、急にいただいたお仕事もお受けすることができました。

 

タイアップのお仕事の場合、かなり前倒しで音楽制作をするので、情報解禁の縛りなどがあって、

なかなか皆さんに、「今何の為に、どんな音楽を書いているのか?」など、お話したくても、すぐには

できない所がなんとも悩ましところですが、今年は自分のアルバム制作もありますし、すでにこの4月から

5月にかけて、5本のタイアップのお仕事をさせていただいたので、全ては今年、仕掛け花火のように、

時期が来たらそれぞれが違うタイミングで、打ち上がってくれると思いますので、楽しみにしていてく

ださい。shine

 

説明するのはなかなか難しいのですけど、私の音楽制作のスタイルは、コンピューターである程度

アレンジの方向を見据えてから生に差し替えて行くことが多いので、最近の音楽制作はコンピューター

をいじるのがある程度好き、もしくは得意でないと、なかなか進められないところがあります。

 

これまでは、どちらかというと、コンピューターに携わる部分が自分では得意ではない為、なるべく

避けたくて、アレンジャーさんにお任せしてきたところです。

けれど、ここ最近は、仕事の流れで自分でアレンジまでこなす事もその機会も多くなってきたので、

前よりも少しだけ作業のコツを掴んできた感じがします。

 

想いを紡ぐ作曲の作業と、その曲に洋服を着せて送り出す作業(アレンジ)は、頭の使う部分が

まったく違うように感じるのですが、後者はとにかく時間がかかります。

時には作曲をするよりも、アレンジにかかる時間の方が長いことも多々。

 

緩やかに私も、勉強しながら少しずつ、自分にできることの範囲を広げてゆけたら、たくさん音楽に

携わり続けることができるな。っと、日々新たなトライを続けています。

 

自分のアルバム制作、それから動物シリーズのアルバムも少しずつ進んでいます。

全ては2018年私のキャリア20周年の節目に向けて大きな音波にのせて・・・

2017年04月21日さくら吹雪に包まれて

季節を印象的に演出してくれるさくら。

思い返せば1年前はバギーでお散歩だったのに、しっかりとその足で自分の行きたいところに歩みを進める

立派な我が子。

れおちゃんすごいよ!ママは感動だよ!shine

こうやってどんどん大きくなってゆくんだなと。

 

IMG_6014.jpg

 

最近は私の仕事部屋にあるキーボードの前へ行き、自分で電源を入れてピアノを弾いています。

弾くといってもバンバンと音を鳴らしているだけなのですが、声を出して歌ったり、彼なりに何か音楽

というようなものを形取ろうとしている様が素晴らしいなと。

 

勉強を教えるのは難しいけれど、音楽というものを教えるというのはもっと難しいように思います。

だから私はいつも・・・

「レオちゃん、風を感じるように、音を感じて!」っと、散歩をしながら一緒に歌います。

ちょっとやばい光景の時もあるようですが、迷惑をかけているわけではないので、いいかなと。

 

IMG_6019.jpg

 

さくらにたくさんの思い出を重ねながら過ごして行けることに、ふいに感謝したくなるこの気持ちを

大事に、暮らしてゆきたいなと思います。

 

皆さんの桜はどんな思い出を残してくれたのでしょう?

2017年04月05日魔法にかかった時間でした

桜の開花と共に迎えた春の日のコンサート。

ローマイタリア管弦楽団のみなさんとお届けした東京オペラシティでの公演は音の海で溢れました。shine

優しく、幸せな時間をありがとうございました。

 

色味修正_5782 (1).jpg

 

今回で3度目のオーケストラ公演。

そして初めての東京オペラシティ。

これまで演奏してみたいと思っていたこの箱は、何とも気持ちのよい音とその佇まいをしていました。

ステージに出る前に指揮者のニコラさんに「緊張しますか?」と聞いたら

「緊張なんてしないよ!だってFANTASTICO!素晴らしい時間じゃないか!」と歯切れのいい答え。

なんともその通りなのですが、なかなか「その時間を楽しむ」というシンプルなことより先に、色々気にする

ことが心に浮かんでくると、そうもいかなくなって、結果心がざわざわして、緊張してしまうこともあるの

ですが、ニコラさんの歯切れのいいお返事を聞いてステージへと呼び込まれたのがよかったのでしょうか?

魔法のような素敵な時間を過ごすことができました。

 

色修正_2874 (1).jpg

 

初めての会場。

初めての海外オケとの共演。

初めて共に演奏する曲目。

 

 

時々自分で、なんでこんなにハードルを高くしてしまったのだ・・・っと目の前のことが怖くなる時がある

のですが、最後はいつも自分を信じるしかないんですね。

私には私の音楽をよく理解してくれているチームがいる。

たくさんの時間を一緒に共にしてきてくれた人たち。

そのサポートがあれば私は高く飛べる!

いつもそんな風に、不安になった時は、もはや歌うアスリートの気分です。

 

色修正_5866 (1).jpg

 

何度もことあるごとに言ってきた話ですが、歌い手は一人の力では羽ばたけません。

特にこうした大きなステージではPAの方々のサポート、伴奏してくださる方々のサポートがなくては、

たくさんのお客様を同時に同じ空へお連れすることができません。

 

この日私はLAYERS以来、愛用しているWestoneのイヤモニでコンサートにのぞんでいました。

その心は、耳の中のバランス一つでいかようにも歌が変わってしまうということなんです。

私は私の耳の中のバランスを作ってくださる方を信じて、その音を頼りにオーケストラを導いてゆきます。

 

色修正_5909 (1).jpg

 

出会ったばかりの演奏者達が、音を通じて交流し始める面白さ。

言葉が通じなくとも音楽を通して会話しているような感覚。

限られた時間の中で一生懸命を尽くしてくれようとした指揮者のニコラさんとコンサートマスターのアントニオ

さん、そしてオーケストラの皆様に感謝しています。

オーケストラと私の間でずっと寄り添ってピアノを演奏してくれた瀬田さんの優しい音にも感謝です。

 

時々、自分でも思ってもみなかった風景に出会える時があります。

昨夜のコンサートはそんな、魔法にかかったような時間がちりばめられていたように思いました。

コンサートって不思議ですね。

 

さて次は皆様をどんな空へお連れしましょう?

5月は軽井沢。http://capital-village.co.jp/calendar/concert/2017020705.html

8月はオーチャードホールで、お待ちしています。(8月公演の一般発売は4月29日になります)

2017年03月27日人生についてまとう ほろ苦さ

桜の便りが来た途端、冬の寒さに戻った東京です。

来週のコンサートの頃には至る所で薄桃色の姿を見ることができるでしょうか?

 

ローマ・イタリア管弦楽団の皆さんと共演させていただく4月4日のコンサートもあと1週間と迫りました。

そこで急に思い立ったのですが、せっかくイタリアのオーケストラと共演させていただくので、何か私が

ご紹介できる「私が好きなイタリアのもの」はないかなと考えていました。

 

1番に浮かんだのはエンニオ・モリコーネ。あまりにも有名な映画「ニューシネマパラダイス」の音楽を

手がけているイタリアの巨匠です。

今回のコンサートで、私のオリジナル楽曲以外で唯一1曲、オーケストラの方達だけでの演奏を構成させ

ていただきましたが、私からのリクエストでモリコーネのニューシネマパラダイスを演奏していただける

ことになりました!有名な曲なのでいろいろなオーケストラが演奏しておりますが、本場イタリアの方

達の音で聴けるのはまた違った印象だと思うんです。

もしもお時間がありましたらコンサートの前でも、あとでも、「ニューシネマパラダイス」をご覧になって

いただく機会があったら嬉しいです。

 

そしてもう1作品、大好きな映画。「Life is beautiful」。

こちらもとても有名な映画なので、多くの方がご存知のことと思いますが、もしもなんとなく見逃して

いたけれど、KOKIAがオススメしているのなら・・・とこの機会にご覧になっていただけたら嬉しい

なと思います。

どちらの作品もユーモアに笑い、愛が溢れていて、人生に必ずついてまとう、ほろ苦さや切なさが漂う

作品なんです。そこが何とも心に留まる決めてとなっているように思います。

「人生に必ずついてまとう、ほろ苦さや切なさ」それは私が音楽の中に残したいと思う想いに似て

います。

 

ところで、上記映画のお共に「フランチャコルタ」はいかがですか?

私はいろいろなお酒をいただくのですが、中でも「泡」=スパークリングワインは好んでよくいただき

ます。

で、スパークリングというとフランスのシャンパンが有名な感じですけど、イタリアにも美味しいスパー

クリングがあるんですね。

ウンチクとかそういうのを言う気はなくて、その土地のものをいただきながら、その土地で生まれた

物語に心を馳せる。って、私にとっては最高の、心の旅時間なんです。

 

実際に足を運べなくとも、「その気を味わう。」ということは、色んな人たちの暮らし方を体験する

かのようで、私は好きです。

 

素晴らしいアレンジとともに迎えるコンサート。

明日はオケとのリハの前にピアニストの方とあわせをします。

これまでとは種類の違う、緊張が私を包み始めています。

 

Mangiare Cantare Amore! 4月4日 東京オペラシティで皆様にお会いできるのを楽しみにしています。shine

 

 

*7月22日名古屋ブルーノートで開催される「Birthday Live~since 1976~」のclub ancoroの会員の皆様の

先行予約が本日より始まっています。

お忘れのないように〜。詳しくはメルマガ過去歴をご覧ください。