2017年09月20日言葉を綴るということ

この世の中に余り溢れるほどある音楽。

それについてしばしば考えます。

 

最近、私の中でぴたりときている「音楽が自分があまり好みでない物も含め、あらゆる形で存在する

という理由の答え」は、「音を紡ぐという事は、思想を残すということ。」なのだからだという所に

たどり着きました。

 

20周年を迎えるにあたり、これまでの自分を今一度振り返ってみてみよう。っと、独立してから今日

までのブログを全て読み返しています。若いという言葉ですませていいのかわかりませんが、昔のブログ

の文章からは今とは違うテンションが感じられるのですが、その中にも時たま、今の自分を読んでも

「ハッ」とさせられる感性が光っていたりします。

そして驚くほどに大枠の歌に向かうスタンスや仕事への向き合い方は全くぶれずに同じなのだなと感じ

ました。

強いて言えば、歌う人KOKIAとしては、昔のブログの内容はいらない情報もたくさんあったのでは?

っというのが、今の私が読んだ感想。独立した当初は特に、「頑張っている感」「活動している感」を

むりやり出したかったのもあったのだと思うのですが。

 

そんなわけで、自分の12年分の文章を読み返しながら、キラリと光る言葉探しをしています。

その時感じていた自分の大切な想いを束にして、「ミュージシャン=思想を残す人」として、自分を

見つめ返したい。と思っています。

 

ブログを更新する頻度は変わってしまいましたが、コンサート会場に足を運んでくださるお客様との

距離は10年前よりも近くなっていると感じています。

それはきっと「安心」という言葉でつながっているような気もするのです。

 

お互いの人生を時たま交差させながら豊かにしていきましょ。shine

 

20周年の節目には、10周年で作ったメモリアルブックのように、また自分の言葉を残しておき

たい。っと思っています。変化してゆくKOKIAという人と歩んだ20年分の体験談です。

2017年09月06日ton ton ton「どうぶつの音楽会」

10月8日に発売となります、どうぶつ縛りで曲を書いた動物アルバム。

これを「どうぶつの音楽会」とすることにしました。

 

そして今回、作り始めていろいろと考えていたのですが、この企画を「ton ton ton」プロジェクトと命名し、

今後の私のもう一つのライフワークとして大事にしてゆきたいなと思っています。

 

今年はKOKIAとしてのニューアルバムも製作中で、来春までに様々なリリースが控えています。

そんな中、この動物アルバム「どうぶつの音楽会」をKOKIAが立ち上げた「ton ton ton」というプロジェクト

として呼ぶことで、プロダクトの意図が混線してしまわないように思うのです。

 

今日は一足先にその顔でもあるジャケットのお披露目ですが、今回はジャケットではなく、パッケージと

呼んだ方がしっくりくることと思います。shine

CDを取り出した後もそのパッケージが手元に残る楽しいものであったらいいなという想いで、この缶を

思いつきました。子供にも大人にも嬉しい外側を作りたかったんです。

↓ ヒツジちゃん缶

P1010688.jpg

 

特に今回はお子様にも手に取ってほしいという想いがあるので、通常のプラスチックケースは少し危ない

かなと。

結果、大人の方にも何か小物入れとして使っていただけるような素敵な缶が仕上がりました。

ちなみにこの缶、「ギフト缶」と呼ぶことにしていて、どなたかに贈り物として差し上げたい時、その方の

イメージで缶が選べるように、いろんな種類の缶を作りました。一風変わった出産祝いに!

 

ジャケット違いのようなものですが、好きなどうぶつの缶をお選びいただけるようにしています。

(中に収録されている音楽や入っているカードはどれも同じになります)

↓ クマちゃん缶。

 

P1010689.jpg

 

他にもライオン缶、シマウマ缶、カバ缶、オオカミ缶など作りましたが、どれもすごく可愛いです。

 

つい先週まで最後の歌入れをしておりましたが、歌う以外にヒツジになりきってみたり、オオカミになり

きってみたり、普段のレコーディングではしない鳴き声収録をしていたので、歌よりも動物の鳴き声を収録

する部分に多少苦戦しながら、楽しいレコーディングが無事に終了いたしました。shine

 

お話したいことがたくさん詰まっている「ギフト缶」は、

皆様にとっての「宝缶」になったら嬉しいな。っと。

 

今回、12曲収録されている各楽曲の歌詞カードを独立させて、カードとして作りました。

全てのカードの表面に各動物の絵が描かれていて、小さなお子様と一緒に動物を覚えたり、色を覚えたり、

していただけるそんなカードに仕上げました。

そしてそのカードの裏面にはベイビーマンスリーカードといって、生まれたばかりの赤ちゃんが最初の1年

を過ごすのに、皆さんたくさんのお写真を撮られると思うのですが、毎月の成長の度にお子様の横に置いて

写真を撮っていただけるカードを作りました。

写真は後から見ると、何ヶ月くらいだったか意外とわからなくなってしまうものですが、我が家ではこの

マンスリーカードと一緒に写真を撮っていたおかげで、1年の成長っぷりがとてもよくわかりました。

 

↓ こんな感じです。1ヶ月〜12ヶ月まであります。

 

P1010666.jpg

 

ちなみに、これを使って、数字を覚えたり、形や色を覚えたりもできるのかなぁ?っと思っています。

 

カードを倒す。あおぐ。並べる。たてる。アイディア次第でいろいろなアクションも遊びながら覚えられると

思うのですが、1番の願いは、そうして遊ぶ時間に優しい音楽が皆様を包みますように。ということ。

 

大人も子供も どうぶつ達から学ぶ 想い。という想いで、様々なメッセージを込めて優しい音作りを

心がけました。多くの方の日常を彩るアイテムとなってくれることを願っています。

 

*おかげさまでこちらのアルバム発売記念ライブのお席は昼、夜ともに完売となりました。

ありがとうございます。

2017年08月16日この達成感!動物に囲まれて。

色々なことをしておりますが、KOKIAという草鞋(わらじ)と私自身の夢プロジェクトが合体したような、

「動物シリーズ」のアルバム作りは、もはやアルバム作りという枠には収まらず、一つの新しい商品を作る。

というような作業となっています。

そして今日、概ねのデザインが出来上がりましたshine

 

P1010653.jpg

 

今回の「動物アルバム」は、音はもちろんのこと、パッケージにもかなりこだわりたかったので、歌に

なっているそれぞれの動物を描くのに、とても時間がかかりました。

 

いつも私が曲作りのさいに言っているように、音は絵の具のように混ぜ合わせ、絵を描くように気持ちを

音に紡いでいます。

そんな音作りと同じように、温かみがあり、絵の具を混ぜたように、色を重ね合わせて出来上がる色味で、

歌われている動物達を描きたい!という思いが今回はありました。

原色ではなく、ピンクや黄色、青にも色々な色がある、それは私達の感情と同じように・・・そんな想いを

込めて、子供達にも大人の皆様にも喜んでいただけるような、絵を描きたい!っと。

 

 

肝心の音はレコーディング真っ最中ですが、日々仕上がってゆく動物達の個性を映し出したような音世界は

とてもひょうきんで、楽しく、「こんなのが作りたかったんだ」の気持ちにピタリと落ち着く。そんな大切

なものがもうすぐ形になります。

 

プロダクトのご紹介はまたじっくりと。

今日は本当に、やっとこさ出来上がった12の動物達のための12種類の歌詞カードの完成祝いを一人

ではこの嬉しい気持ちを消化しきれず、皆様にもお伝えしたい!っと思わずここへ。

 

ところでなのですが、先日ご紹介させていただいたばかりの「歌う白鳥ノート」がもう売り切れてしまい

ました・・・。(ありがとうございます。私もあのデザインすごく気に入っていて使っています)

まだまだたくさんお問い合わせいただいているので、もしかしたら、再販を検討させて頂くかもしれません。

ノートってやっぱり色々使えますものね。

私もいっぱい書きます。

今回は本当に何枚、何回、描いただろう・・・・

もはや初期の頃のナマケモノやフクロウ、ヒツジとか、全く絵のタッチが違って笑ってしまうくらいに

下手で困り果てたのを思い出します。

 

そうだ!それからこの動物アルバムの発売記念アルバムが10月8日にございます。

すでにチケットは販売中です。詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.kokia.com/news/post-91.html

 

 

 

 

 

2017年08月15日今年のクリスマスは

私にとっては夏の大きな山であった、オーチャードホールの公演を終え、その興奮に身を任す暇なく、

レコーディングに入っています。

この休む暇なくという感じは私は嫌いではありません。準備さえ整っていれば、むしろ好きなくらい。

 

さて、めまぐるしいのは私だけでないようで、お客様へご案内するコンサートスケジュールも少し慌ただ

しいことになっています。

お客様にはまだオーチャードの公演の余韻に浸っていて頂きたいところなのですが、ワクワクの気持ちは

次へつなげていただけたらなということで、12月のクリスマスコンサートのご案内です。

私にとってクリスマスシーズンのコンサートは少し特別な意味を持っています。

そんなクリスマス時期の公演をこの度、オーケストラでお贈りできることとなりました。shine

 

2017_8_15_ホームページtop.jpg

 

たださえ心踊るクリスマスの数々のナンバーと、もちろん私のオリジナルでどんな一夜となるか、今から楽

しみです。

オーケストラの公演はこれで数回目ですが、まだまだオーケストラアレンジでお届けしていない楽曲を今回も

新たにまた、オーケストラアレンジしてのぞみます。

その準備に携わっている私自身がいうのは変に聞こえるかもしれないのですが、オーケストラアレンジを

毎回何曲も準備することは、そう簡単でないことを知っているだけに、毎回新たな曲を交えて・・・っと

いうのは、本当にとっても贅沢でステキなことです。shine

お客様がいつもコンサートに足を運んで下さることで、こうした機会がまた巡り、繋がっていっているので、

本当に皆様に感謝しております。

 

一般発売も10月7日ですので、少し気の早いご案内となりましたが、情報解禁はされておりますし、

各プレイガイド先行など始まっているので、ご案内させていただきました。

 

静かな夜。

夏の雨の匂いが好きです。

2017年08月14日白鳥ノート

先日のオーチャードホールの公演で販売した20周年記念で作成した「歌う白鳥ノート」。

ご好評をいただき、本日より、オフィシャル通販サイト、「コキア印」での取り扱いもはじまりましたので

お知らせさせていただきます。

数に限りがございますので、気になられている方はお早めにご注文ください。

http://ancocoro.shop-pro.jp/?pid=121310045

 

P1010619.JPG

2017年08月12日The Soloist コンサート ♪

渋谷Bunkamuraオーチャードホールでのコンサートが終わりました。

「山の日」に開催されたこのコンサート、私にとっては山登りと同じように、多くのことに挑戦する事ができ

たコンサートでした。

一山超えて、体の疲労とは裏腹に気持ちはとても晴れやかです。shine

 

YU7_7051.jpg

 

お客様にどう聴こえたか?っは、私にはわからないのですけど、「The Soloist」と題したこのステージでは、

やはり私自身が歌い手というソリストとして歩んできた道のりを、皆様に感じていただくには、声でお伝え

しないと!っという想いが強く、最終的に落ち着いたメニューは、いつになく歌でつないでゆく内容になり、

歌で引張てゆく。そんなアレンジにも挑戦しました。

 

来春に迎える20周年という春を見据えながら、ここまで来たか・・・っと、遠くをのぞむようであった

その気持ちは、色々なことを振り返る時間でもあり、これからのKOKIAの歌はまだまだ面白くなる。っと、

みんなにゾクゾクしてもらえるような内容にしたいと思っていたので、20年に渡るどの時代に私の歌と

出会った方にも楽しんでいただけるように、色々な歌、色々な歌い方の楽曲に出会えるような内容にした

つもりです。

 

YU7_6502.jpg

 

民族系、癒し系、バラード系、ロック系、カントリー系、クラシック調、などなど、人によって私の歌に

感じるものは違うようなのですが、そのどれも私の中にある色で、それらは「フィーリング=カラー」という

言葉で私の中では統一されています。

絵の具から様々な風景を描く人がいるように、音の粒から様々な景色をつむぎ続けているのが私。

アルバム製作中の今、こうして大きめのコンサートに立つということで受けた感覚がまた、アルバムに込めら

れてゆく面白さ。

 

YUT_8545.jpg

 

1回のステージ、1枚のアルバム、1曲の歌より、2回目のステージ、2枚目のアルバム、2曲目の

出会いがもっとKOKIAを知りたくなる。そんな風に思えてもらえたら、いいなぁっと思って一つ

一つをつないでいます。

全部をつなげてはじめてKOKIA。私はそんな風に感じています。

 

一生多重でしか歌うことはないと思っていた多重コーラス代表曲の調和を、ピアノと二人で独奏する

ことになるとは、私自身も思いもよらない流れだったのですけど、曲に想いが宿っているものは、どの

ような形でも伝わるのだなっと、新たな発見になりました。

 

色んな色が重なり合った夜でした。

色んな想いが重なりあった夜でした。

毎回みんなからもらう元気玉みたいな気持ちをアルバムに込めてお返ししたいと思っています。

ありがとう。

2017年08月02日20周年記念ロゴ 歌う白鳥

8月になりました。

8月11日のオーチャードホールでのコンサートの準備は着々と進んいます。

リハーサルはもちろんのこと、準備していたコンサートグッズも出来上がってきました。

今回は来春迎える20周年へのカウントダウンということで、20周年記念でデザインした「歌う白鳥ロゴ」

で、みんなの夢を描くノートを作ってみました。

shine shine shine なんともいい出来なんです。

 

P1010619.JPG

 

20年という月日で、アヒルは白鳥になります。という想いを込めて、マイクをもった歌う白鳥をデザイン

してみました。

振り返れば1stアルバム「song bird」の1曲目:私は歌う小鳥です。という曲から始まり、20年間。

私は歌う鳥たちを真似るように、歌うように語り、語る代わりに歌ってきたように思います。

 

P1010620.JPG

 

たくさんの想いや夢をノートに書き留め、音にしたり、形にしたり。

それはそれは楽しい夢を見る一時。

みなさんにも同じことをしてほしいなという想いを込めて。

 

P1010621.jpg

 

度々登場しているアナウンス、20周年特別企画の仕掛け花火として、今回は会場でこのノートはもちろん、

CD何かやDVD、お買い求め頂いた方みなさまに、KOKIA20周年スタンプが押されたサイン色紙をプレゼント

させていただきます。

もちろん手書きでございます。shine (ミニサイズの色紙です)

 

P1010624.JPG

 

当日はダークカラーセット、ライトカラーセットという形で、3冊ずつのセットで販売させて頂く予定です。

思い出がコンサートと共にこうして形になってゆくことも私にとってはとても嬉しいことです。

2017年07月22日Birthday LIVE in Nagoya!

バースデイライブに名古屋ブルーノートへ行ってきました!

最高に楽しい時間をありがとう。いいライブになりました。shine

お客様にサプライズでお祝いしていただき、みんなからの歌のプレゼントはいつも歌を歌う方の私なので、

なんだか照れくさくってモニョモニョ。

大きなケーキに彩られたメッセージは「まだまだ列車の旅は終わらない」っと・・・。

 

P1010609 (1).jpg

 

本当にまだまだ、列車の旅は終わらない。

たくさんの物語を奏でながら、風景を見ながら、時の中を駆け抜けています。

 

この1年もたくさんの人と同じ車両に乗り合わせながら、人生の列車は進んでいきました。

これから先もそうなのでしょう。

みんなで同じ未来へ進んでいきましょう。時に一緒に歌いながら。

 

ライブ中に私に1杯おごってくださったジェントルマン。

ライブ後に楽屋にボトルを入れてくださったジェントルマン。

お花にお手紙。溢れる言葉と拍手、みんなみんなありがとう。

 

バースデイライブって楽しい!っと、思ったKOKIAでした。

 

 

ケーキ、美味しくいただきました。

ホテルにも持って帰って、夜中にもいただきました。

みんなから頂いたお手紙を読みながら、静かな夜の時間。

至福の時でした。

2017年07月21日レコーディングダイアリー

レコーディングダイアリー第2弾。

朝から気持ちの良い天気の東京。

こんな日にこの曲を録るべきだ!

今日の曲は「天気がいい ビール飲もう」という曲と「ナマケモノ」という、どちらもダラ〜とした2本

仕立て。

まずは現在作成中のアルバムに入れる「天気がいい ビール飲もう」から。

左からギター、ウクレレ、ラップスチール、ギターバンジョーです。

 

ビール飲もうRec.jpg

 

なんとも力の抜けてゆく気分の良い曲だと思います。

リゾートには行けないけれど、日々の暮らしの中でホリデー気分を見つけられる瞬間とでもいいましょうか。

昼間からのビール。心地の良い天気。そんな日のことを私は「東京ハワイ」と呼んでおりますが、そんな

時の気分をそのまま曲にしてみました。

夏のイベントとかで是非とも風を感じながら歌いたい曲です。

 

そしてもう1曲。こちらは10月8日に発売!の「動物アルバム」の中から1曲。「ナマケモノ」です。

もうこれ以上はレコーディングができない・・・というほど、何度も聴いている間に眠りに落ちてしまいそう

になった「ナマケモノソング」です。

左よりギター、カリンバ、ガットギターになります。

 

ナマケモノRec.jpg

 

今回のアルバムはこれまでになく、ギターサウンドが多くなりそうで、これまでになく、曲調で楽しめる曲が

多く収録されそうな感じがします。

 

基本サボろうよ。と歌っているナマケモノソングをしっかりとばっちりと朝から夜までレコーディングし、

本日は終了。

「ビール飲みたいなぁ・・・でも明日は名古屋だ!うん。明日のライブが終わってからに取っておこう!」と

心でつぶやいた帰り道。

2017年07月20日バーカウンター 晩餐会

暑い日が続きますね。皆さんいかがお過ごしですか?

名古屋ブルーノートでの公演が、今週末に迫ってきました。

 

リハーサルをしていて思ったのですが、ここのところ毎週末、何かしらのイベントで歌わせていただいている

にも関わらず、妙に久しぶりのライブだな。という感覚になるのは、ライブの規模感だったり、内容だった

り、一緒に演奏してくれるメンバーの顔ぶれだったり、そういうものが違うと、そのステージへ向かう私の

佇まいが変わるからなんだなぁっと考えていました。

もちろんお出しするもの、届けるものは同じようなものなのですが、心持ちが少し変わります。

強いて言うなら、お客様との距離感の近い小屋でのライブは、カウンター越しにシェフが料理をして、その

まま出してくれるカウンターのある鉄板焼きやみたいな雰囲気が、私の中にはあるのですけど、あらゆる

意味で「歌う人」としての真骨頂を披露するコンサートホールでのコンサートは、一同に大勢のお客様を

おもてなしする、晩餐会の準備するような感じのところがあります。

 

親しみのやすい、話し上手であり、聞き上手のシェフがいるカウンター席。

行けばとりあえず、おまかせで美味しいものを出してくれる。そんなライブがもっともっとたくさんでき

たらいいな。っと思っています。

 

一方で、晩餐会を準備するような・・・と言ったホールコンサートは、「こんな素敵なお店があるのよ。」

と、ここだという時に誰かに教えてあげたくなるような、お客様にとってそんな特別な場所であったら

嬉しいなと思っています。

 

ブルーノートのお話をしようと思ったら、前置きが長くなってしまいましたが、今週末ブルーノートに

起こしいただきましたお客様に、会場でご購入いただきましたCDやDVDにサインをさせていただく時間を

もうけさせていただくことになりました。

時間に限りがあるようですが、参加いただければと思います。

 

皆様にお会いできるのを楽しみにしています。shine