2015年05月18日フォーラムコンサート ♪

さて、フォーラムのコンサートまで1ヶ月となりました。shine

ドキドキがとまりません。

毎度のことですが、ステージに立つまでは本当に緊張してばかりの私です。

 

そして今日、今年のホールコンサートのメニューを全て決めました!

本当に悩みました。悩んで悩んで・・・何度も入れ替え、差し替えしてKOKIAシェフお薦めメニューをフル

コースで、ご用意させていただきます。

 

今年は、「美味しい音を食べたなら」ということで、私的には生の音というにこれまで以上に拘りたかった

ので、同期ものを一切使わない方向で楽器の編成を変えることでコンサート全体のメリハリがつくように

組み立ててみました。さて、みんなのお口にあるかどうかは、聴いて頂いてからのお楽しみ!

コンサートホールで行うステージはライブハウスや中規模会場で行うメニューよりも少しスケール感が壮大な

楽曲や同期ものを使った編成が大きく聴こえるものが選曲されることが多いのですが、今回は箱感は一度忘れ

て、あまり背筋を伸ばさずとも楽しんで頂ける、グルーブ感の良いステージをお届けしたいなと思いながら

選曲してゆきました。

 

メニューが決まっただけなのに、なんだか今からとても興奮しています。

というのは、今回はコーラスやゲスト楽器を迎えてお送りするので、リハーサルは大変そうだけれど、ワクワク

するような新しいことがいっぱい飛び出すような気がしています。

 

「ものすごい派手な舞台美術とか効果とかないんだけど、それで充分なんだよね〜」と言ってもらえるコンサー

トをお届けできるように、一生懸命にがんばりま〜す。^^/

flair 22日、平日の方のお席がまだあるようです。この時期のホールコンサートは1年に1度のお祭りみたいなもの

なので、平日なんですけど、ちょっち無理して来てくれたら、とっても嬉しいです。

 

http://www.kokia.com/news/kokia-2015-concert.html

2015年05月13日アルバム I Found You ♪

3月に発売されたアルバム「I Found You」。

そろそろじっくり聴いて頂けた頃かなと思ってアルバムのお話を少ししたいなと思っていました。

 

人生は枝葉のように、どこに伸びてどんな花を咲かせ、どんな実をつけるのか、自分自身の樹でも想像がつか

ないことばかりですね。予定調和ではないところがいいのだけれど、だからこそ心は振り回されたり。

 

昨年結婚したこと、まさか結婚することになる旦那様との出逢いが待っているなんて想いもせずに旅立った

ロンドン。

そもそもロンドンへ旅立った時の私は元気をなくした植物のように、しんなり、しょんぼりしていたこと。


プラスに見えることもマイナスに見えることも、全ては今につながっていて、そしてその今はその先の私に

確実につながっている。

思い返してみればアルバム「I Found You」は私が私自身をもう一度見つけるために出掛けた旅の先で見つけ

た音のアルバムとなったように感じています。

 

大切な人を立て続けに亡くした2年間。

確実にやってくる命の寿命の不思議から、私はたくさんのことを学んだように思います。

結果、前よりもあまり考えすぎずに自分の人生に飛び込んでくるものを拒まなくなる勇気が身についたり、

これはきっと「どうにかなるさ」精神なんだと思います。適当のように聴こえるかもしれないけれど、この

精神、私をとても楽チンにしてくれます。

それから、前よりも我がままになったり、人を頼ったりするということもできるようになった気がします。

それが良かったか、悪かったかは分からないけれど、私の人生を変えた大きな出来事が私にそうした変化を

もたらした事は間違いありません。

 

アルバムは私が私自信をもう一度見つけるために出掛けた旅先で見つけた音。そう言いました。

1年半の旅の間悲しかったり、悔しかったり、納得いかなかったりした気持ちとそれでも前を向いてゆきたい、

頑張りたい、笑顔のはじまりを見つけたいと思う気持ちが何度も何度も波のように繰り返し心に押し寄せて

涙となったり、笑顔になったり、空元気になったり色々しながら日々を過ごしてきました。

だからこのアルバムを聴くと、過去の出来事を茫然とまだ眺めている自分も居ながら、その出来事には意味があったと

信じて未来に期待を寄せている自分も居るような気がします。

 

アルバムリリースのタイミングにキャンペーンで久しぶりに多くの地方に足を運ばせて頂き、様々なラジオに出演

させていただきました。

番組はやはり時間が限られているので、久しぶりのオリジナルアルバム「I Found You」そして結婚したこともあり、

話題はロンドンで私と旦那さんがどう出逢ったかとか、最近はまっていること・・・とか、そうした話題になる事

が多かったので、もうちょっと掘り下げてこの2年、あまりブログを更新できなかった時の私の気持ちをお話したい

なと思っていました。

 

私は歌う人。そして創る人です。

書いた楽曲や言葉は残ってゆくものですから、本当に自分の中に聴こえてきたものしか残したくない。

そう思って作り始めたアルバム「I Found You」。

1年半、自分が最終的にこれまでの事をどんな風に受け入れて、これからの事を決めてゆくのか、予定調和では

ない人生の不思議に翻弄される自分の気持ちを正直に残すことで、アルバムを聴いてくれた人にもしも辛い出来事

が起こっても、歌の世界に共鳴しながら、一緒になって前向きになろうとしてくれたり、別れと出逢いの不思議を

少し前向きな角度で捕らえてくれるようになっていってくれたら、嬉しいなという想いでアルバムに言葉を綴って

いました。

 

自分を叱咤激励する為に書いた♪「オギャーと産まれて」この先も「オギャー」の力=「底力」を借りなくちゃ

ならない場面がくるかもしれない。アルバムの最後に書いた「オギャーと産まれて」として「無力と知った日」

この2曲に私が今回のアルバムに込めた想いが総称して寄せられている気がします。

 

♪「無力と知った日」歌詞

 

「何にもいらない いらない

 あなたが居てくれればいいの

 Ah〜 それだけなのに・・・

 

 優しさと悲しさが 交わる私の中で

 Ah〜 何でだろう 泣いてる

 

 Ah〜 なんて無力だろう

 Ah〜 それでも生きてく」 

 

結局私はこれといった答えなど見つけられず、大きな辛い出来事があったからといって、聖人のような清らかな

心を学ぶこともできず、小さなことに悔しいと感じたり、寛容になれなかったり。

それでもその悔しいと思う気持ちに折り合いをつけて前をむいていかなくては、自分が一番苦しむことになる事

そこまでは分かりました。

だから、とっても悔しいし、納得のいかない事はたくさんあったけど、笑って、笑って、笑うしかないし、

笑って、笑って、笑った方が人生なんだか得している気がすることにもなんとなく気付いた気がしています。

それでもなかなか笑顔のはじまりを見つけるのが難しかった時期、ロンドンで旦那様に出逢いました。

 

とにかく笑顔が素敵な彼を見ているだけで私は少し幸せになれました。

その笑顔に応えたいと思うようになってゆく中で産まれた「I Found the Love」♪。

彼にプロモーズをされた後、言葉の壁を気にしていた私に彼が心を開かせた二つの言葉。

1つは「I Found You」の歌詞の中に残した言葉・・・

「出逢うまで30年待たされたのだから やっと巡り逢えたね だからもう放さない」

それからもう1つは

「言葉の問題を君が気にしているのなら、これから先ずっと一緒に居るとなったら、僕たちにはかなり時間がある

から、大丈夫だよ。」

 

アルバムを制作してリリースしてキャンペーンを終えて今を迎えるまでに2年近くの時が流れました。

その間に私のプライベートでも色んなことが起きて・・・

気付けばイギリス人の旦那様と日本で暮らすことになっていました。

 

日本での忙しい生活は、時たま私の考えを窮屈にさせてしまったり、必死で笑顔のはじまりを探していたロンドン

に居た頃の私のような素直な気持ちをなくさせてしまう時があります。彼が言ったように、気長に時間をかけて

人生を楽しんでゆけたらどんなにいいかと思うのに、なかなか上手くはいきません。

 

そんな私を唯一素直で優しくて正直者に戻してくれる場所はいつも音楽の中です。

歌っている時、心はとても自由で穏やかになれます。

 

楽曲についてお話しようと思っていたのに、ついつい大枠なお話になってしまいました。

でも・・・やっぱり「語る」よりも、アルバムを聴いてもらって、そこから「感じ取って」もらうのが正しいのかも

しれません。

 

アルバム「I Found You」の1つ前に出したオリジナルアルバム「Where to go my Love?」

このアルバムをリリースした時、アルバムにこのタイトルをつけた答えは宙に浮いたままでした。

けれど2年間の時を経て、「I Found You」=あなたをみつけた。という所に命のリレーのようにつながっていった

この二つの別れと出逢いは、どちらも私の人生にとってとても大事な出来事として受け止めています。

 

オブラートに包むつもりはないのだけれど、回りくどくなってしまった表現があったかもしれません。

とにかく、どんなに辛い別れの後にも素敵な出逢いは訪れるということを私は体験しました。

人生は波乗りのようなものなんでしょう。

うまく波に乗れないとき、目の前にある大きな波に途方に暮れてしまうかもしれないけれど、ひょんな事から

きっかけを見つけて笑顔のはじまりを見つけることができるということ。

 

そのきっかけは色んな所にちりばめられていて、予告なく急に訪れるんです。

例えば今の自分の心にピタリとハマる楽曲に今日の午後どこかで出逢うかもしれなくて、その楽曲があなたの

そして私の人生をガラリと変えてしまう事になる。なんていうこと、あるんですよね。

 

私のアルバムもそんな誰かの1枚になってくれていたら素敵だなっと思います。

2015年05月05日17周年

そういえば・・・というくらいでちょうどいいのか、今年は自分でも忘れていたこと。

毎年4月29日はKOKIAの誕生日として歩んできた路を振り返ってきた日だったのだけれど、今年は仙台のイベント

が当日で、足を運んでくれたファンの方から「17周年おめでとう!」って声をかけてもらうまで、忘れてしまって

いました。

そうだよなぁ。17年か。自分でさえ忘れてしまっていた事を覚えててくれた人が居るってとっても嬉しいです。

 

98年にデビューしてから2006年に独立するまでの前半の8年間は、いくつかの事務所に所属しながら、それぞれ

の事務所のもつスタイルを経験しました。同じ音楽でも仕事の作り方、人への伝え方、見え方ってこんなに違うん

だな。どれが私にあっているんだろう?色々考えるうちに、自分でやってみようかな。そんな想いに辿り着き、

2006年に独立。

 

大きな後ろ盾がなく、どこまでできるのか不安いっぱいの中漕ぎ出した船でしたが、今日ここに居るファンの人達

のお陰で1つ1つ自分のやりたいことを現実のものとして叶えてくることができました。

ついてきてくれて、応援してくれて、本当にどうもありがとう。

 

やりたかったのに・・・まだできていないこと。

もっとできたはずなのに・・・まだまだ満足いかないこと。

目指していたところには到達できていないのかな?

色んなことを考えるけど、それでも歩んできた路に後悔はありません。

それはやっぱり、独立後はどの路であっても、自分で選んできた路だからなんだと思います。

 

もう少し高みを目指したいと思っていた気持ちから、もっともっと太くなってゆきたい。

同じようなことだけれど、ちょっとだけ違う。

太く、太く・・・そんな風に考え出して活動をするようになってから自然と焦らなくなってゆきました。

 

私らしい音をならしてゆこう。私らしいスタイルで音をのこしてゆこう。

それが私のいう、太く太く。

高さはどうだろう・・・?どこまでいけるか分からないけれど、少しずつ積み上げて、私の音楽人生が

終る時まで少しずつ高くなっていけたらいいな。

どんな風景まで辿り着けるのか分からないけれど、一緒にそれをみんなには見ていてほしいです。

 

うっかり忘れてしまっていた今年の4月29日。

自分から言う前にファンの人から声をかけてもらえたことが、なんだか嬉しかった一コマでした。

 

これからも私の歌をみんなの人生と一緒に歩ませてください。       KOKIA.

 

2015_4_29_2.jpg

2015年05月04日座りここち

自分だけのイス。

自分だけのコーヒーカップ。

自分だけのビアジョッキ。

自分だけの枕。

ここに腰を下ろせば、これに手を委ねれば、自分だけの至福の時間が流れる。

そんな小さな自分ご褒美アイテムってありますよね。

 

そうしたものを丁寧に時間をかけて見つけて集めてゆくのが好き。

自分だけのお気に入りのスプーンやプレート。

食器やインテリアを見て歩くのが大好きな私が、お店のおじさんの絶妙なセレクトが大好きで何度も通っていた、

隠れがショップに「座りここち」さんというお店があります。

 

ここ最近はロンドンと日本の行ったり来たりが忙しくて、ちょっと足を運んでいなかったのですけど・・・

ゴールデンウィークに久しぶりに会おうねと約束したお友達にちょっとしたプレゼントをしたくって、何か私らし

い物を贈りたいなと考えていたら、お店の事を思い出したので、久しぶりに、2年ぶりくらいに訪ねてみました。

 

お店を訪ねると「久しぶりですね。2年ぶりくらい?」とおじさんは私の事を覚えていてくれました。

そして、「今週いっぱいでお店閉めるんですよ・・・」っと。

「え!!!お店閉めちゃうんですか!?」

別の場所で1年くらいしたらまた再開されるという事だったのですけど、一度お店を閉めてしまうとあって、

私が大好きな作家さんの作品もいつもより少しお値ごろになって販売されていて・・・

 

「今日私、偶然お友達に何か私たしい物を贈りたいなと思って、今週で閉店してしまうなんて全然知らないで

ここに来たんです。お友達にも素敵なもの探すけど、私もいっぱい買っちゃいます!」

 

っと、いうわけで、お友達のプレゼントに便乗して、我が家に新しいカップとポットがやってきました。shine

 

2015_5_9.jpg

 

↑ モノエという名前で作家さんが造っているカップ。コップの底にイスやお家、はしごなど、小さなストーリー

   が展開します。これからの季節に素敵なブルーと白。見ているだけで涼やかな気分に。

 

結局私はゴールデンウィーク中、最後の「座りここち」さんに会いに、2度も足を運んで、我が家に連れ帰る子の

品定めを時間をかけてして、素敵なテープカッターとカトラリーセットも購入しました。

 

仙台のイベント終了後何ヶ月ぶりのお休みとなったゴールデンウィーク。

私は遠くにお出かけではなく、久しぶりにこうして好きなものを眺めたり、その納まる場所を作ってあげる為に

家の中の大掃除をしたり、お友達と会ったりと、のんびりと時間を過ごすことができました。

 

久しぶりの本気ののんびりって、と〜っても素晴らしい。shine

 

のんびり生活を彩ってくれる心地の良いアイテムを扱う「座りここち」のおじさんの素敵なお店のように、私もい

つか手の中に自分だけの幸せを見つけられる、ぬくもり溢れるものと出逢えるお店を開きたいな〜。

人生がたくさんあったらいいのにな。

やりたいことがありすぎて、何度も生まれて来なくっちゃ。

2015年04月29日仙台 大國神社に歌を届けに ♪

仙台は大國神社さんのイベントに歌を届けにいってまいりました。

不思議。

私は東京生まれの東京育ちですけど、日本人の心の中に、「ふるさと」という言葉のもつ情景が懐かしい優しい

記憶として組み込まれているのでしょう。美しい自然豊かな大國神社の周りはなんとも懐かしいと感じる心地の

良い所でした。

新緑の緑、森から感じる生命力、聖なる山々から漂う雄大な雰囲気と鳥の声。

優しい風が時たま荒々しく木々を揺らし、私の心を通り抜けてゆきます。


空が広くて、太陽がこれでもかと注ぐイベント日和のゴールデンウィークはじまり。

久しぶりの屋外イベント、あらゆるシチュエーションがリンクして、とても素敵な時間となりました。shine


素晴らしく素敵なロケーションに本当に助けられた感じです。

 

お客様にはちょっと暑いかな?と思うほどの日差しのなか、コンサートははじまりました。

いらして下さった皆様に楽しんでいただく催しですから、お子さんからお爺ちゃん、お婆ちゃんまで、幅広い年齢

の方々がたくさん出ている出店の美味しい食べ物にほくほくになりながら私の音に耳を傾けてくれる様子がなんと

も幸せでした。

 

2015_4_29_3.jpg

 

野外のイベントにしては、静かめの選曲を多くしたのは、久しぶりの仙台ですから、心に色んな想いを抱えてこの日

足を運んで下さった方もいらっしゃるであろうと想い、音と言葉がじんわりと染みていってくれるようなそんなフィ

ーリングを持った歌を選びました。

前日のリハーサルの時も来てくれたのだけれそ、本番も、私の演奏に参加しに遊びに来てくれたのでしょう。

「Dear Armstrong」を歌い出すとまるでCDに入っている子供達の声の効果音のように、自然の小鳥が参加してくれて

いましたね。

あの曲は公園で鳥の声や子供達がはしゃぐ声、風に揺れる木々を聴きながら出来た曲なので、こうした音がとても

似合います。

 

時間に余裕もあったスケジュールにして頂いていたので、地元の方達と肩を並べてテントでサイン会をさせて頂いた

り、場所が違えばここにも、「KOKIAが来てくれるの待ってました」と言ってくれる人が居て、本当にそうした

言葉が励みになります。

 

↓ 圧巻の写真は大國神社の宮司様と巫女さん達そして私。

   なんだかご利益ありそうな写真に肩を並べて写れて幸せです。ふふふ。

2015_4_29.jpg

 

あ〜また帰ってきたいな。そんな想いを置いて、東京へと帰ってまいりました。

ゴールデンウィークがピカピカのお天気と共に幕あけですね。

 

2015年04月21日涙婚

今日は涙婚という、クローズドのイベントにお呼ばれして歌ってきました。

涙のツボが同じ人は相性がいいのでは?という入口からパートナーを探そう!というイベントだった為、まるで

教会のようなこのシチュエーションというわけなんです。

 

そういえば、年々増えてゆくような気がするのですが、

「KOKIAさんのお陰で私達一緒になることになりました!」っと、ファンクラブ「club ancoro」の方達から

嬉しい報告をいただきます。やっぱり同じ音楽が好きみたいな共通項があるというのは、一緒にフリータイムを

過ごすことができていいんでしょうね。shine

ちなみに私も旦那様とは音楽の好みがかなり似ていて、そこを入口に距離が縮まったように思います。

 

2015_ruikatsu.jpg

 

種蒔きツアーが終った後もしばらく歌ったり、ラジオでお喋りしたりと、皆さんとつながる機会が続きました。

来週、4月29日の仙台のイベントをもって、しばらくは6月の国際フォーラムの準備に入ります。

春の陽気と共に活発に過ごしたキャンペーンの日々が、なんだか久しぶりで楽しかったです。

 

4月29日、もうゴールデンウィークに入っているのかしら?

お天気に恵まれるといいのですが、久しぶりの屋外ですから、空に音を蒔きましょう。豆蒔きのように。

2015年04月18日TOKYO FM KIRIN BEER "GoodLuck" LIVE ♪

たくさんの方からメールを頂いたので、聴いて下さった方も多いと思います。

ラジオの生放送で、ミニライブを行うKIRIN BEER "GoodLuck" LIVEに出てまいりました。

楽しかったぁshine

ラジオの生放送で演奏といっても1曲、2曲はよくあることですが、ミニライブと呼べる40分近いメニュー、

その上、収録スタジオの中にはお客様もお迎えしてお送りするという、なんとも緊張感たっぷりのまさに「生」

のライブがたまらない時間となりました。

 

そういえばこの感じ、数年前に行った公開レコーディング「moment」の感じに似ているなぁ・・・っと思った

のは私だけでしょうか?

覚えてますか?ホールを借りて、お客様をお迎えして、けれどレコーディングの機材をホールに持ち込み、張りつ

めた空気の中、お客様に見届けてもらいながらの、一発勝負の連続だったレコーディング。

そうして出来上がったアルバム「moment」♪ 今でもやっぱり印象深い作品です。

http://www.amazon.co.jp/dp/B004TD53NS?tag=kokiacom-22&linkCode=as1&creative=6339

ステージで行うパフォーマンスと、レコーディングで歌う時の繊細な部分のいいとこ取りの空気感で、演奏を行

うその環境は、全く同じような感じがしました。

 

とっても緊張したけれど、私は結構、こういうの好きなんだなぁって、改めて思いました。

こうした番組が増えてゆくといいですね。

ミュージシャンがお客さんとステージ以外にもつながれる場所。

 

↓ 手前にお客さんが座っていました。レコーディングスタジオ風でなんだか不思議な空間でしょ。

2015_tokyo_fm.jpg

2015年04月16日嬉し恥ずかし音声インタビュー

先日種蒔きツアーの一環で足を運んだ北海道で、私のことを応援して下さっているサポーターの1人、

橋場了吾さんに音声インタビューをしていただきました。

普通のインタビュー記事とも違い、時間が短めのラジオとも違い、橋場さんとの会話を皆様に覗いてもらっちゃ

うような音声インタビューなので、ちょっと嬉し恥ずかしですが、なんだか新鮮で面白いと思うので、時間のあ

る時にでも聴いてみて下さい。shine

 

http://sapporo-mn.jugem.jp/?eid=327

 

アルバムがリリースされて少し時間が経ってきた今だからこそ、少しずつアルバムの事を掘り下げてお話してい

きたいなと思っています。ここ otonami ブログに色々綴ってゆきたいと思っているのでゆっくりとお話させて

下さいね。

2015年04月14日仙台に歌を届けに ♪

種蒔きツアーが終ったところですが、新たに仙台へ歌を届けにゆけることになりました。shine

仙台もこれまたひさぁしぶりです。


4月29日、仙台大國神社40周年記念式典 震災復興イベントに出演させて頂きます。

当日は私のライブの他にもご当地グルメを通じたまちおこし団体が集うB-1グランプリコーナーや、豪華

商品が当たる大抽選会 などが楽しそうなイベントがたくさんあるみたいで、いらして頂いた皆様に楽しんで

頂けそうなイベントになっています。

お天気だけは心配なのですが、どうぞ皆様お近くの方、足を運んでいらして頂けたら嬉しいです。

インドアでのライブがかなり続いたので、屋外の放たれた空間での演奏が楽しみです。

 

*仙台は久しぶりなので、きっと普段あまり私の他のコンサートに来られない方にも出逢えるチャンスかな?

と楽しみにしております。なので、オーケストラコンサートのDVDを初め、様々なアイテムを持参して伺わせ

ていただき、購入いただきました皆様にサインをさせて頂くお時間をいただいているので、お時間ありまし

たら、ご参加下さいませ。

 

詳しくはこちらをご覧下さい。 http://www.kokia.com/news/post-71.html

2015年04月12日種蒔きツアー in 横浜♪

種蒔きツアー「音のなる樹」が横浜をもって終了しました。

チョコチョコっと最近行けていなかった地方を廻っただけだったけれど、とても意味のある素敵な時間が流れた

ように感じました。shine

何より、元気いっぱいの私の声を各地で待っていてくれた皆様に久しぶりにお届けできたことがとても嬉しかっ

たです。ツアーに出る時も、単独でコンサートをする時も、コンサートを決行すると決まったその日から当日まで、

どうかその日、その瞬間、健康にステージに立てますように!っと願わない日はありません。

どんなに気をつけていてもどうにもならない時ってあるので、それはもうハラハラドキドキしながら祈る気持ちで

その日を待つんです。

 

今回の「音のなる樹」は、最後までとにかく歌いきれたことに今感謝の気持ちでいっぱいです。安堵ってこの事

なんだなと。ほんわり。

 

新しいアルバム「I Found You」から、そしてこれまでにリリースしてきた色んな曲を織り交ぜてのメニュー、いか

がだったでしょうか?
「ご馳走様でした。」と声をかけて下さった皆様、どうもありがとう。

6月21日、22日も東京国際フォーラムで美味しいご馳走準備して、皆様のお越しをお待ちしております。shine

 

http://www.kokia.com/news/kokia-2015-concert.html

 

まだパラパラとイベントやラジオのライブなどある4月ですけれど、ここからは6月のフォーラムの準備に集中して

参りたいと思います!

音楽の力を感じてもらえる極上の生音をお届けしますので、楽しみにしていて下さい。

 

音のなる樹ツアー、各会場に足を運んで下さった皆様、本当にありがとうございました。

<<2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Web Site Shopping Club ancoro お仕事問い合わせ ファンメール