2011年01月31日ピアノちゃん ♪

じゃじゃ〜〜〜ん。我が家へ念願のグランドピアノが突然やってきました!

先週、新曲作りの合間に、気分転換に出掛けたピアノ屋さんで
運命の出逢いを果たしたピアノちゃん。

ここ数年、ずっとグランドピアノを購入しようと探していたのですが、
なかなか良いご縁に恵まれずにいたのに、ここに来て出逢いは突然に!って本当でした。^^

まるで新曲作り頑張れよ!っと、言われているような気がします。



ニューアルバムの楽曲作りへの意欲が一層かき立てられました!!

新しいピアノで紡がれる音。楽しくて仕方がありません。
気がついたらアルバムの半分の曲が作り替えられていました^^;
そんなことも込みで、「moment」なんだなっと。

以前我が家にあったピアノを大分前の引っ越しの際に手放してしまって以来、
ここ数年はずっとキーボードで曲を作っていたので、
生の楽器のふくよかな響きに包まれているようです。

今日は偶然にも我が家へ来たばかりのピアノを、12月のWinter Roseでご一緒した
ピアニストの瀬田くんに弾いてもらえる機会がありました。

自分で弾いてばかりで少し離れたところでこのピアノの響きを改めて聴くのが
初めてだったので、「うん。うん。素敵な出逢いだったな」と
瀬田君の奏でるピアノの音を楽しんで聴いていました。

お陰で・・・朝から晩までピアノの日々。
腰痛、腱鞘炎注意報です^^;が、しばらくはやめられませ〜ん。

2011年01月28日ジャスラック ♪

ジャスラックって知っていますか?

きっと聞いたことはあるかもしれないけれど、
普通はあまり関わりを持つことがないような所かもしれません。

私のような作詞・作曲をするミュージシャンの作った音楽の権利を
管理して、お金が発生した場合には、私達、ミュージシャンに分配してくれる。
簡単に言うと・・・そんな機関なんです。

今回、そのジャスラックさんのホームページインタビューで
KOKIAの連載が始まりました。vol.1からvol.3まで続きます。

↓ コピペして飛んでね。

http://www.jasrac.or.jp/

是非、ご覧になってみてください。^_^/

2011年01月25日ギター

相も変わらず引き続きニューアルバムの楽曲制作の日々のKOKIAです。♪

今日は気分を変えて、いつもはピアノで作っている曲作りですが、
ギターで1曲書いてみました。



唯一持っているtakamineちゃん。

デビュー当時お世話になっていた事務所が南こうせつさんと同じ事務所で
こうせつさんはもちろん、周りの方達み〜んなギターを弾かれる方だったので、
KOKIAも練習してご覧。っと、特別にちょっとだけ小さめのギターを作っていただいたもの。
全然練習していない・・・^^;ので、ちょっぴりホコリをかぶって放置されていたのですが、
たまにこうして出番の時は、出番の甲斐あって、素敵な曲を産んでくれます。^^/

きっとこの先、コンサートはもちろん、色んなイベントでも
歌ってゆきたいなぁっと思える、そんな歌ができました。

♪ 「TOUCH あなたに触れるだけで TOUCH 通い始める
この手はあなたを抱きしめる為に・・・

そんな曲です。

今回のアルバムは・・・人には色々言えるのに、自分のこととなったら
上手く言い表せない。なんだかそんなアルバムなのかもしれません。

曲が書けないわけでは全然ないのですけど、
今の私の気持ちや本当に伝えたいことがこの曲なのか?っと言ったら
そうじゃないなぁ・・・っと、書いては消し書いては消しを繰り返しています。
「moment」というお題が、どうやらとても難しいようです。

でも、その分、今までとタイプの違うアルバムになりそうな予感がしています。

既に浦さんの手によってアレンジされた曲は2曲。
他の曲を作る為にもその2曲を何度も何度も聴いているのですけど、
この2曲だけでもずっと聴いていたいような素敵な仕上がりです。

だから余計に慎重になってしまいます。

アルバム作りをしていていつも思い出すのは、
昔習っていたフラワーアレンジメントのこと。
アルバム作りは、花束を作っているような感じなんです。

全体のイメージで色や大きさの違うお花を選んでバランスを整えてゆく。
プレゼントする相手の顔を思い浮かべながら、どんなのがいいかなぁって
作ってゆく感じがまさに!^^花束を作ってゆく感じに似ています。

楽しみにしていてくれる人を思い浮かべながら、もうちょっと頑張ります!

2011年01月24日全粒粉で焼いてみました

お米、パン共に大好きな私。
今日は普通の小麦粉ではなく、全粒粉でパンを焼いてみました。
(とは言うものの、焼いてくれるのはお利口さんのパン焼き器です^^;)



普通の小麦粉で焼くと白い食パンのようなパンが焼けるのですけど、
全粒粉で焼いたものはご覧の通り、大人向けの風合いのあるパンが焼けました。

とってももっちり、美味しいです。

ジャムなど甘めのものをあわせるよりも、バターや生ハムなど
ちょっぴり塩っぱいものを合わせるのもあう、お味なので、夜ご飯にもなっちゃう感じです。

こんがりパンの匂いが家中に広がって、犬達が鼻をくんくん鳴らしています。

2011年01月23日ステージレコーディングアルバムについて ♪

2011年、私が最初に選んだ挑戦は「ステージレコーディングアルバム」。
初めて行われるこのプロジェクトが日を追うごとにイメージとして
鮮明なものになってきています。

コンサートでもなく、スタジオで通常に行われるレコーディングでもない、
敢えて「ステージレコーディング」と、このプロジェクトを呼ぶことに私は拘っています。

1枚のアルバムを作る。とてもシンプルなことだけれど
出来上がりに至まではたくさんの行程と時間が費やされます。
当たり前だけれど、お客さんの手元に届く時には1枚のCDという形に
コンパクトに納まっていますよねぇ。

今回、こうした形でのニューアルバム制作に挑むことにした理由はいくつか
あるのですけど、そのうちの大きな2つは・・・

① 美味しいお味のこだわり椎茸があったとして、その椎茸はこんな人達の手で
こんな風に作られているっていうのを実際に山まで行ってみれたら、
なかなか印象的な体験になるんじゃないかしら?っと思い始めたこと。

② 何より私自身が「ステージ」=ワンチャンスの瞬間、お客さんと
パフォーマーの真剣勝負から産まれるパフォーマンスには自分でも驚くような
素敵なものが産まれることがあるから。

っという、上記二つのことでした。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

♪  私にとってステージという状況を作る。お客さんを感じることのできる空間。

♪ お客さんに私達「音レンジャー」が1枚のアルバムを作るクライマックスでもある
本番レコーディングの現場を興味のある方に是非見ていただく。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

上記二つを合体させたものが私の中で
「ステージレコーディングアルバム」というものでした。

通常のコンサートではないですし、何より初めての試みということもあって、
当日、どのような進行で進んでゆくのか「チームKOKIA」に理想と計画はあっても
その通りにゆくかは蓋を開けてみないと分からない・・・というのが本当の所なのです。

28日よりこの「ステージレコーディングアルバム」参加の為のチケットの
抽選応募が始まります。たくさんの方に来てほしいのにこんな事を言うのは
おかしな話なのですが、通常のコンサートをイメージされて高いチケットを
お買い求め頂くようなことがあっては、いけないなぁっと思って、ここ otonami で
こうして内容のイメージを説明させてもらうことにしました。
*抽選応募はファンクラブ、club ancoroの方のみとなっております。

簡単に言うと、とてもマニアックな時間になること間違いなしです!^^;

人によっては、そうした通常のコンサートでは味わえない状況を楽しんで頂ける!はず、
っと、KOKIAは思っているのですが、とにもかくにも、コンサートのように
お客様をおもてなしする為の時間として進行して行くのではなく、
「アルバムを創る」という目的に向かった時間の流れになってゆくことを
ご理解の上、抽選応募に参加して下さいね。^^/

プロジェクトが始動し始めて既に最初の発表にあった日にち、
3月4日から、3月8日9日の2日間に日程が変更となりました。
4日に参加をしよう!っと予定して考えていて下さった皆さん、
本当にごめんなさい。

ボリュームのこと、進行のことなど、日々具体化してゆく
打ち合わせの中で、既に日程が発表になっていることを考慮しても
2日間に分けてやるべきだという判断になりました。

参加して下さるかた、参加できない方、
最終的には美味しい椎茸を多くの方に「美味しい」と言って
食べてほしいなぁっという想いで作っています。

どうか、色々な方達の力を借りて、少し大変でも
新しいことに挑戦したいと望むKOKIAのアルバム作り「moment」に
協力、また見守っていて下さると嬉しいです。(ペコリ)^^





2011年01月20日北海道へ ♪

年明けからず〜っとスタジオで「もぐら」生活を送っている私。

さぁ、外に歌いに行くぞ〜!っとなかなかみんなに報告できなかったけれど、
今年の初歌いは2月!なんと北海道、雪祭りの会場に決定しました!

日本全国色々な場所にお住まいの方から「こっちに来てね。あっちにも来てね。」と
楽しみなお声を聞かせてもらえる中、気持ちはあってもなかなか伺うご縁に恵まれなくて
ヤキモキしていることが多いのですけど、北海道もそんな場所の1つでした。

かれこれ4年近く足を運んでいない場所。

北海道はデビューして初めて「自分のラジオ番組」を持たせてもらった場所なので
想い出もたくさん。当時からずっと応援し続けてくれている方達もたくさん居る場所
なので、今回、イベントとはいえ、足を運べることがとても嬉しいのです。

2月10日札幌雪祭りの会場で北海道のみんなに会えるのを楽しみにしています。^_^/


2011年01月18日KOKI薬曲 ♪ 100回記念

今日の放送でお陰様でネットラジオ「KOKI薬曲」は100回目を迎えました。
月2度、たったの30分のこの時を、いつも楽しみに聴いて下さっている皆様、
本当にありがとうございます。

2006年10月に始まったこの番組は、
当時、2006年の夏前に独立をしたばかりの私にとっては、
自分の気持ちをダイレクトにファンの方に伝えられる、数少ない場所であり、
決まったリリースやステージがなかなか見えなかった中で、
唯一、ファンの方とのつながりを意識できる場でもありました。

ですから時にフライングな話をしてみたり、
他では語ることのできない私の気持ちをこの「KOKI薬曲」
という場所だからこそ、話せてきたことも多かったと思っています。

これからもそんな風にこの30分の時を、続けられる限り一生懸命に
楽しい時間にできたらと思っています。

2011年01月16日東京の夜

1月16日。天空の星の数よりも多くなってしまった地上の星。



上に広がる宇宙も下に広がる宇宙も、私にはとても魅力的に感じる。

どちらも美しく、どちらも謎めいていて、どちらも物語を感じることができるから。

今宵、少し遠のいていた音波が、また少しずつ、響き始めました。

2011年01月13日カフェの効果

私はよく鉛筆とノートを持参してカフェに出掛けます。
BGMのかかっていないカフェって探してもなかなか見つからないのだけれど、
都内に何軒かあるこのPapas Cafeは店内に音楽が掛かっていないので、
音を頭にイメージしながら、歌詞や言葉を考える私にはぴったりの場所。

コーヒーの香りと薄暗いカフェの灯りの中で、
他のお客さんのお喋りの中に紛れ込んでいると、なんだか自分がまるで
違う物語の中の別人になったような気分になってゆくんです。

KOKIAではなく、雑踏の中の景色にとけ込んでしまうというか・・・。

なんだかそうやって何でもない日常のワンシーンに紛れ込んで
色んな人物になりすまして、色んなことを考えるのが好きです。



1人カフェも大好きだけど、今日のカフェ友はドラマーの榊くん。

昨年の12月の「Winter Rose」コンサートで
初めてステージの上でご一緒させてもらったんだけれど、
何か面白いことを一緒にできたらいいね〜っと、話に花を咲かせてきました。

人と会って話をするのも、スタジオにこもりがちな今の私の日々には
最高の刺激であり、気分転換。

独立して5年という節目に出すこのアルバムが完成したら、どこか旅に行きたいなぁ。
そしてこれからの歩みをゆっくりと考えたい。

どこかの国の行ったことのないカフェの窓際の席を陣取って、
ゆっくりとこの先のことを考えたい。そんなことを思い始めています。

2011年01月11日釣り人か波乗りか

アルバム「moment」の楽曲を書き始め・・・
現在、ちょうど折り返し地点。

そして今・・・パタリと音波が聴こえない時期にさしかかってしまいました。><

・・・・。こ・交信が途絶えました。

まるで釣り糸を垂れたままジッと魚を待つ釣り人か、はたまた
穏やかで静かなだけの海を見つめ、波を待っている波乗りサーファーのごとく
ジッと、ピアノの前でその時を待っているのですが・・・。

頑張っても産まれるものではないので、数日気長に待とうと思います。

心揺さぶられる何かを!っと、映画を借りて来たのですが、4本ともハズレ。
焦っても仕方がないのですが、時間だけが進んでいってしまうようで焦ります。

昨年3月にリリースした「REAL WORLD」もちょうど、1年前のこの時期に
創っていたように思うのですが、確かサハラ砂漠に行った体験が、私にものすごい
衝撃を与えてくれたお陰で、帰国後に溢れるように曲が産まれたように記憶しています。

それに比べたら、難産のアルバムになっています。
タイトルでもある「moment」に込めた想い、「今」の私を表す音。
「今」の時代に届けたいメッセージを紡ぐのは、
外から影響されて産まれた感情ではなく、内なる所をさぐるもの。

外からの音はよく聴こえても、中からの音はなかなか聴こえてきません。

いい波が来るまで、もうしばらく、この戦いは続きそうです。