2012年02月07日3月7日発売 「心ばかり」

1月25日にリリースされた3枚のシングルのプロモーションがまだまだ続いている中、3月7日にリリースとなるアルバム

「心ばかり」の準備も始まってきています。

なんとなく周りの様子を伺っていると、どうやら楽曲を創る速度は人より速いようなのですが、作り上げたその作品に

ついて、じっくりと伝えてゆきたいタイプの私にとって、皆さんにご紹介したい作品がたくさんあるのは嬉しいことで

すが、1つ1つをもう少しじっくりとお伝えしたいなぁっと、私自身の心と頭の情報処理の速度能力がおいつかない感

じがする時があるのですが、今はまさにそんな感じです。

タイプの違う3枚のシングル、「光をあつめて」「New Day,New LIfe」「memorial days」がリリースとなり、それだけ

でも普通なら半年くらいの時間をかけて「こんなの出ました〜こんなの作りました〜」って、皆様に宣伝して歩いても

いいようなアイテム達でしたけど、それに加えて、これから2枚組のアルバムが出るわけですから、もう私の頭はパンク

寸前です。

 

そんな情報処理能力の遅い私の頭を整理しながら、どんな言葉でそれぞれの作品に込めた私の想いや携わった角度をお

話したら、みんなに作品の良さを伝えすることができるかなぁ?っと、ゆっくりと考えられるのが、ここotonamiブログ

のいい所でもあります。

 

ブックレットも全部でき上がって、あとはこの手の中に戻ってくるのを待つばかりとなった「心ばかり」のお顔。


                     ↓ 「心ばかり」

 

J写_LOW.jpg

 

私の歌に出逢った人達と私とを結んでくれた赤い糸。

この10年の間に紡いできたたくさんの歌によって、つながっていった縁。

そして今回収録されている曲「世界を包むRibbon in our heart」にかけ、こんなお顔にしてみました。

 

1月9日のブログでお話した通り・・・

 

このアルバムは今まで配信リリースしかされておらず、CD化されていないもの、それからシングルのカップリングとして

のみのリリースで、アルバムなどには収録されていないものを詰め合わせた「コキア菓子の詰め合わせ」となっておりま

す。

長く活動を続けていると、古い作品の中には、廃盤になってゆくものがあったり、探しても入手困難になってゆく作品も

あります。ここらで、入手が難しい作品とCD化の要望の高い作品をまとめて手に取って頂きやすくするのが、親切なの

ではないかなぁ?そんな想いから「心ばかり」という2枚組が発売されることが決まりました。

 

っというわけなのです。


ancoには日々、既に完売してしまったコンサートDVDの再販のご要望の声をいただきます。

そうした声は、私達の知らない所でも、歌の種が確実に芽吹いていってくれているのだな。っということを実感できる

瞬間でもあります。

だからきっと、この「心ばかり」という作品は、これから先も変化と進化を遂げながら、歌ってゆくであろう私にとって、

時間が経過すればするほど、メモリアルな作品となってゆくのだろうなっと思うアルバムなのです。

収録されている21曲の楽曲は、10年の間に残し、携わった私の仕事の一部です。

私の時間の一部です。私の想いの一部なんです。

 

古いアルバムをめくると、そこに写っている自分の姿がなんだか恥ずかしい感じがする。そんなことってありますよね?

私にとって、今回のアルバムに収録されている古い時期の作品を聴くのはそんな感じがしました。^^

ここ最近、私の歌に出逢った方で、過去の作品を聴けるチャンスだなっと、手に取って下さる方も多いのかな?っと思う

と、皆さんがどのように感じられるのか、とても興味があります。

 

春の訪れと共にやってっくる。3月7日「心ばかり」。皆様のお口にあえばいいのですが。