2013年06月30日隠れ家コンサートのお知らせ ♪

今年も club ancoro 恒例の隠れ家コンサートのお知らせの時期がやってきました。

club ancoro の会員の皆様の為だけのアットホームな時間をということで、ここ数年はお喋りを交えながら歌を近く

で楽しんでいただけることを考えて参りました。

毎年参加頂いたancoroちゃん達から「楽しかったぁ」っという声をいっぱい頂いているので、今年もステキな時間

になったらいいなぁと今から何をお届けしようかと色々考えています。

新しいancoroちゃん達を交えながら、毎年参加して下さっているancoroちゃん達に会えるのを楽しみに参加

お申し込みのメール、心よりお待ちしております。

 

数日前、会員の皆様に、club ancoro へご登録頂いております、メールアドレスにメルマガにて詳しいお申し込み

方法を送らせて頂きましたが、迷惑メールへ行ってしまったりなどで、上手く受け取れない場合もございます。

その場合、ホームページtop画面右上の「club ancoro」へ飛んで頂き、Mail Magazine履歴をご参照下さい。

 

ancoroちゃんみんなに会えるのを今からとても楽しみにしています。

どんな時もいつも待っていてくれてありがとう。

私は歌うことで、みんなにその気持ちを伝え続けたいと思います。

 

2013_6_29.jpg

 

↑ 観光地だけどもね、大好きな場所の1つです。Covent Gaden Market

2013年06月25日little by little

何か面白そうなこと、やっているのかなぁ?

そんな軽いノリで、ヒョイと入ってみたコンサート。

テムズ川沿いにある Southbank centre で、思いがけないステキな時間を過ごすことができました。

 

言わずと知れたジョンレノンの奥様、オノヨーコさんが催しているイベントで、色々なミュージシャンの人達が

入れ替わり立ち代わりパフォーマンスをするステージだったのですが、演出の一貫で時折ジョンの生きていた頃

の映像が流される度、なんだかとても不思議な気持ちに誘われました。

 

ステージファイナル、ジーンズに革ジャン姿で、マイク片手に「愛ー」と叫んで登場したのは、御年80歳のオノ

ヨーコさんご本人。「この人の中にジョンは生きているんだなぁ。」やっぱりそう思いました。

 

2013_6_27_2.jpg

 

今の私には、何もかもが「頑張りなさい」って、応援してくれているように感じます。

空も風も雲も、音楽も出逢う人々も、言葉や目に入ってくるもの、心で感じるもの、手で触れるもの・・・

「頑張りなさい。」

頑張りなさい=負けないのよ。そんな風に感じています。

 

日本から数日間、友人が訪ねてくれていました。

ロンドンだからできる話。ロンドンだから楽しめる楽しみ方。

自然に近くなった距離がとっても嬉しかった時間。

数ヶ月前には、ここに来るつもりもなかったというのに、私は今、ここでどうにか前に進もうとしている。

人生って本当に不思議。

 

2013_6_27_4.jpg

 

ステキすぎるロケーションで、夜の21時近くまで明るい為、なかなかお家に帰る気がしません。

だというのに、宿題に負われ、仕事に負われ、朝から学校なので、時間が足りなくて困っています。

それでももちろん、遊ぶ時間は削れません。

あともう少しだけ、私のロンドンライフは続く予定です。

 

2013_6_27.jpg

2013年06月17日ONCE

いつだったか、アイルランドに滞在中、私の大好きな映画です。っと、「ONCE」をここotonami で紹介した

ことがあると思います。

月日は流れ・・・現在、ロンドンではONCEがミュージカルとなって、楽しまれていることを知り、早速私も

観に行ってきました。shine

 

アイルランドのパブの雰囲気をそのまま再現された会場、「あー懐かしいなぁ」と、何度も通ったアイルラン

ドのパブの雰囲気や仲良しミュージシャン達のことを思い出しました。

「ONCE」の映画の良さは、何と言っても映画の中に出てくる音楽にあります。

生きている間に、1曲でもこんなステキな歌を残せたらいいなぁ。そんな風に思える、シンプルで、優しくて、

心にいつまでも響く歌がいっぱいでてきます。

 

人生のほんの一瞬を切り取った、そんな映画だけれど、人生はほんの一瞬がつながって物語になってゆく。

そんなことを改めて感じてしまうタイミングでの観賞となりました。

 

2013_6_15_once.jpg  2013_6_16_once2.jpg

 

ミュージカル鑑賞中、時折アイルランドでレコーディングをした日々を思い出すと、急に涙が溢れたけれど、

長い間私のマネージャーであり、ディレクターであった彼がいなくなってしまっても今も、一緒に作った音楽

はずっとみんなに愛されて、ずっと私がこの先も歌ってゆく限りは、みんなの心の中に、生き続けてゆくの

だなっと。

私は今、笑っています。泣いたり、笑ったり、忙しいけれど、全部ひっくるめて、「ありがとー!!」そんな

風に叫びたい気持ち。

 

放課後、クラスメイトと一緒にST.JAME'S PARKへ。

芝の上に腰を下ろして日本のみんなのこと、思い浮かべていました。

 

2013_6_16_green.jpg

 

広い空に木々を揺らす風、子供達のはしゃぐ声があの名曲を思い出させます。

♪「What a wonderful world」

彼らの未来に、そして今生きている私達の為に、一緒に寄り添っていってくれる、そんな音楽を残してゆきたい。

 

2013_6_15_bara.jpg

 

少しずつ英語で歌を書いています。

表現が違うと、今までなかった色が見えてきて楽しいです。

2013年06月05日start from London

っとうわけで、引き続きロンドンに滞在しています。

何か新しいことを始めたくて、やっぱりそれには英語は不可欠で・・・

語学学校に通っています。

 

london.jpg

 

あいにくの雨模様が続いていたのですが、久しぶりに気持ちの良いお天気。

テムズ川を渡ればロンドンの中心地。毎日この風景の中で少しずつ自分の中に音楽が流れてゆくのを感じていま

す。

 

学校の勉強や生活している環境にも少し慣れてきたら、やっぱり鍵盤が恋しくなって、まだまだ知らないロンドン

の街を1時間ほど歩き廻って、やっとこれだというキーボードを手に入れました!

 

日本を旅立つ時に、protools一式(作曲する時に使っているシステム)を全部持ってこようかと悩んだのですが、

どれくらいしたら、私の心に音を紡ぎたいという気持ちが湧いてくるのか分からなかったので、潔く音周りの

セットは全部置いてきていたので、ピアノを触るのは本当に久しぶり。

 

↓ ミュージシャンの感?なのでしょうか?適当に歩いて行ったら、楽器街のようなストリートに辿り着きました。

 

2013_3_31_3.jpg

 

部屋に戻れば早速、待っていたみたいに、私の中から音が流れ始めました。

♪「start from London」、私がロンドンに来て初めて創った歌。

ここで何ができるか、ここから何が始まるのか、何にも今は分からないけれど、とにかく頑張ってみようと思っ

ています。日本に居るときよりももちろん大変だけれど、それくらいが丁度いい。

私はずっと、想い出の中に生きてゆくことはできないから。

たくさんの夢を叶えてゆかなければならないから。

 

来月には日本のお家に帰ります!だって誕生日なんだもの。shine

たくさん、ここで生まれる素敵な曲を持って帰れたらいいなぁ。

 

start from London. 数年前、毎年ヨーロッパでのコンサートを続けていた時のように、またこちらでも歌い始め

たい。そう思っています。

 

 

 

<<2013年6月>>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Web Site Shopping Club ancoro お仕事問い合わせ ファンメール