2013年03月30日知らなかった色

言葉で説明をすることが必要な時もあるし

言葉にするとただそれだけのものになってしまう気がして・・・

言い当てられる言葉が見つからず、黙ってしまう時もあります。

私は決して、沈黙は悪いことだとは思っていません。

 

それでも黙っていると、心配にさせてしまうようなので・・・

大丈夫。私のことは心配しないで。

悲しいことが起きたのだから、そりゃぁ悲しいけれど、たくさん悲しいのはとても素敵な想い出がいっぱいある

から。

距離を越えて遠くの誰かを近くに感じられるように、今、彼は私のすぐ傍に居てくれているように感じています。

元気になるかな?と思いつくことは何でもやってみるようにしているし。

花を飾ったり、風を感じたり、美味しいご飯をたべたり・・・

それでも急にワーって、涙に襲われるのは、もう仕方がない。

こんな気持ち、こんな色、今までは知らなかったのだから。

 

2013_haru.jpg

 

それに、実際には悲しみに浸る暇がないほど、とても忙しくしているので・・・

きっとこれは、私をいつまでも殻に閉じ込めておかないように、用意されていた時間なのかな?っと、思うよう

にしています。

 

ここを読んでくれている人の多くが私の歌を待っていてくれる方達だと思います。

だからみんなの心配が飛んでゆくような、柔らかな報告があります。^^

彼が亡くなってから、正直、歌を歌うということが今までと同じようにそんなにすぐにできるんだろうか?っと、

自信がなかったのだけれど、先日、レコーディングに入りました。

♪「傘を貸してあげて」という、歌を1曲、録りました。

ヘッドフォンから聴こえてくる優しい声に、彼の気配を感じました。

自分の声なのだけれど、以前とはどこか違うようです。

不思議。

「私、ちゃんと歌えるんだ。」心の中の第一声。

 

生前彼は、私の活動をずっと陰で支えてくれました。

死して今後は、私の歌に見えない力を与え続けてくれるのかな?そんな風に感じています。

 

今の私の気持ちは、やっぱり言葉では言い表しきれないけれど、4月28日、29日にオーチャードホールで行われる

15周年のステージに立つこと。それが私の今のみんなへの気持ちです。

今まで応援してくれたことへの感謝の気持ちを込めてステージに立ちたいと思います。

 

<<2013年3月>>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Web Site Shopping Club ancoro お仕事問い合わせ ファンメール