2015年07月04日礼拝堂に響く音 ♪

今日は母校にある礼拝堂でのコンサートがありました。

学校を卒業、または在籍している方達を対象とした催しだったので、皆様へのご案内はできなかったのです

が、運営事務局の方から、KOKIAのファンクラブの方達のために一部お席をいただけたので、チラホラと

お見かけしたことのある皆様を見かけました。

 

私が通っていた頃にあったチャペルは残念ながら新しいチャペルへと生まれ変わってしまっていたのですが、

石と木で作られた大きなアーチを描いたこの空間は、不思議とホーリーな気持ちにさせてくれるのは、やは

り多くの人の祈りの想いがここに宿るのでしょうか。

 

ここ数年お休みしている品川教会でのクリスマスコンサートになんだか雰囲気が似ているなぁ。そんな感じ

がいたしました。

 

P1010148.jpg

 

小学校、中学校と9年間にわたって通った母校での思い出話を交えながらのコンサート。

とにかく1番嬉しかったことは、終演後思いがけず、小学校の時の音楽の先生、奥寺先生に再会できたことです。

デビュー10周年の時に作ったメモリアルブックの中だったか、どこかで私がお話した・・・

「音楽は音が楽しいと書くから、楽しくないと。音が苦しいのも違うし、音を学ぶのでもない。音に楽しいな

んです」

この言葉は小学校の時に、奥寺先生が授業中に言ってくれた言葉です。

当時、学校外でヴァイオリンを習っていた私は、時々練習が苦しかったり、学ぶ方になってしまっていて、音

を楽しめないでいました。そんな私には衝撃の言葉だったのでしょうね。今でも鮮明に覚えています。

 

だからそれ以来、音を楽しむことを忘れないように、音楽にふれてきました。

 

先生や誰かが言った言葉が私のように、誰かの人生に大きな励みになってずっと連れ添ってくれることって

あるもんですよね。

 

久しぶりのクラスメイトとの再会や、ご近所の方達との再会もあって、とてもほっこりするコンサートでした。

様々な思い出が胸に蘇り、その度に、小さな頃から私は、音の世界に旅していたのだなということを実感。

フォーラムからの流れで、これでほんの一息つけるのか、つけないのか?

頭と気持ちをリセットして、ビルボードのメニューを考えることとします。

 

何か新しいスタンダードのレパートリーも増やしたいと思っているところです。

楽しみにしていてください。