2015年10月16日森と歌う 空と繋がる ♪

河口湖でのコンサートから1週間。

秋の空気を楽しめるこの時期、木々から香る自然の匂いが気持ちいいですね。

私の住む東京もすっかり涼しくはなってきたけれど、しかし河口湖は冷えたなぁっというのが感想。

当日は録音隊が入っていたのですが、少し時間が経って心が落ち着いてから音源を聴いてみたかったので、

まだ聴けていません。ようやっと来週くらいに聴く予定でいます。

少し・・・あのコンサートの空気感に浸っていたかったというか・・・そんな感じです。

 

_MG_3414 (1).jpg

 

1部と2部に分けてお届けしたコンサート。

夕闇の時間をよんで設定したプログラムが絶妙のタイミングで楽曲を自然の色で演出してくれました。

国際フォーラムではよく置物の樹を造ってもらっておりましたが、今回の背景は自然の丘、自然の樹です。

やっぱり奥行き感や存在感が違います。

 

_MG_9854.jpg

 

おかげさまで雨も降らず、開閉する屋根が開けられたのですが、Family treeを歌いながら屋根が開いてゆく様を

見守りながらステージから空を望むその感じは、これから宇宙へ発射されるロケットに乗っている宇宙飛行士

のような気分でした。

 

_MG_3255 (1).jpg

 

快晴というようなお天気ではなく、むしろ少し靄のかかった幻想的な山のお天気だったにもかかわらず、

富士山がこんなにはっきりと見えるのはとっても珍しかったんですって。

 

今回のステージの私的には目玉であったお客様、会場と一体になる鈴のセレモニー。

 

リン。リン。リーン。

リン。リン。リーン。

暗闇から聞こえてくる虫の声と音楽と会場のみんなの鈴の音が心を揺さぶりました。

言葉ではないもの、目には見えないもの。この手にも掴めないけど確かにある感覚。

なんだか音楽がみんなを一つにしてくれる感じがとっても愛おしい瞬間でした。

またやりましょう。鈴の音の中に心を寄せ合うセレモニー。

 

色味_MG_3477 (1).jpg

 

そんなわけで、この河口湖コンサートもDVD化することが決定いたしました!shine

発売は2016年。来年になるけれど、冬の間にお届けしたいと思っています。

 

お腹の中でポンポコと、ジュニアが動き回って参加していました。