2016年11月29日鬼が笑う話

さて、鬼が笑う来年の話をさせてください。

 

お陰様で12月9日、10日に行う教会コンサート「Dedicated to Classical Music〜心に響くもの」は両日

ともに完売いたしました。shine

教会の響きに似合う私の心揺さぶる美しいメロディーのクラシックナンバーをセットリストに組みこみま

したので、オリジナル、クラシック、クリスマスナンバーと、多様なメニューを皆様に楽しんでいただける

ことと想います。

今回選曲したクラシックの曲は、イタリア語だったり、フランス語だったりするのですが、美しすぎるその

楽曲は、言葉という概念を超越してそのメロディーに陶酔できるほどの優しさをもっています。

私にとっては音のミストのようないつまでも浴びていたいようなその甘美なメロディー。皆様にはどのよ

うに聴こえるのか、興味があります。

 

そして、12月24日のクリスマスパーティーライブ、こちらも昼、夜ともにお席はいっぱいになりま

した。shine2016年を総括する、楽しい時間といたしましょう。

 

というわけで年内のステージはこれで終わりになりますので、来年のお話をさせてください。

年が明けてすぐに大きなステージが待っている今年のお正月は、私はソワソワとして過ごすこととなり

そうです。

note1月6日 ハリウッドフェスティバルオーケストラ みなとみらい

note1月28日 ハリウッドフェスティバルオーケストラ オーチャードホール

http://www.kokia.com/news/post-87.html(詳しくはこちらをご覧ください)

 

上記公演の間にnote1月は14日に上海公演が控えています。http://www.kokia.com/news/post-86.html

 

ハリウッドフェスティバルオーケストラコンサートのへの出演は歌い手としても、お客さんとしても、

両方の意味でワクワクする公演です。大好きな映画の名曲の数々、どんな曲が聴けるのか、楽しみで

仕方ありません。この日、私もこれまでに歌ってきた洋楽のナンバー以外で一つ挑戦する曲がありま

す。教会コンサートのクラシックナンバーといい、このハリウッドの公演といい、英語以外の

外国語を歌う機会が続くので、最近は学生時代に戻ったかのように、辞書を片手に意味を調べる。

ということから曲を紐解く作業です。

 

そして2月。すでにファンクラブの皆様へはご案内をさせていただき、先行予約が始まっております

が、今年は苗場、雪との共演コンサートがかえってまいりますnote

この苗場コンサートに関しての詳細は来週に控えている教会コンサートの日をもって情報解禁になり

ますので、またこちらで詳しいご案内をさせていただきますね。

 

そして心に決めていること。bud

それは4月、5月と大きめのコンサートが続く予定ですので、その前の3月、スケジュールが空いて

いる時期に動物シリーズのアルバムを作る!っということ。

3月になった時に、気分が動物じゃなかった時は、どちらにせよ、新しいアルバムを作る作業に入る!

ということを心に決めています。

コンサートは私にとって特別な場所です。

だから絶対にやめられないのだけれど、「制作をする。」「何かを生みだす」という作業もこれまた

特別な状態で、頭をかなり空っぽにしていないとどうもできないことが多いようで、頭の中が妙に

忙しいと、新しくクリエイトするスペースが何かに奪われてしまって、素敵なものが頭の中に描けない

ことが多いようです。

 

3月までに少しずつ書き進めるのも楽しみです。

この時期、動物に反応を示す10ヶ月のレオちゃんからもアイディアを何かもらえそうです。

 

お問い合わせをちらほらいただく、先月行いました国際フォーラム、LAYERSのステージのDVDは

1月にリリースを予定しておりますので、楽しみにしていてください。

 

鬼が笑う来年の話でした。

2016年11月17日上海再び ♪

1月に出演することになったイベントのプロモーションで上海に行っていました。

 

年が明けた1月14日、上海に再び歌を届けにいくことになりました。

今年の4月に初のワンマン上海公演を行ったばかりですが、今回は「UTA Live」というイベントにメイン

アーティストとして呼んでいただきました。

 

↓ 今回、そのイベントのプロモーションでポスターの撮影や記者会見、テレビ出演など・・・お世話になりに

上海に行っていました。

 

IMG_4160.jpg

 

いつもはコンサートのために足を運ぶ海外。

歌う目的で尋ねるときはどこの国でも、公演が終わってからでしかなかなかその街の雰囲気や美味しいものを

心底楽しむほど余裕がないのですが、今回は主に撮影やインタビューなどだったので、大分気楽な旅でした。

 

1月のイベントは今回が第一回目という、日本の「いい歌」を通して、中国の皆さんに日本の良き文化を知っ

ていただこうという音楽イベントです。そんなイベントの一回目にお声がけいただいたということはとても

光栄なことです。

しっかりとその役目を1月に果たしてまいりたいと思っています。

イベントの詳細は以下になります。

興味のある方は是非ご覧になってみてください。

 

UTA-Live 2017 上海コンサート vol.1

 

Main Artist:KOKIA

Guest Artist:宮脇詩音

会場:上海マジェスティック・シアター(上海美琪大戲院)

日程:2017.1.14(土)

開場:18:45

開演:19:30

チケット:1080元/680元/380元/80元

公式販売サイト:http://www.228.com.cn/(永楽票務)

先行予約:2016.11.17 09:00(現地時間)スタート

 

 

上海の種まき活動はこれからも続けてゆこうとしているところに今回のイベント出演のお話でした。

これでまた私の歌に出会ったことがなかった新たなお客様と出会うことができたら素敵だなと、想いを

馳せております。shine

空き時間に会場のマジェスティックシアターを視察してきました。

歴史ある場所ときいていた通り、重厚感のある素敵なホールでした。

中国の皆様に1月そこでお会いするのを楽しみにしています。

 

 

2016年11月07日LAYERSから一夜明けて

独立10周年の節目に掲げたチャレンジとして行った新たな形のステージ、LAYERSの幕が閉じました。

夢のようなあっという間のショーで、まるでこの10年間を象徴するような感覚でした。

カラフルで、キラキラしていて、たくさんの想いが私の心に湧き上がり、最後にたどり着いたのは

 

「人生も音楽も悲しい響きさえ美しいということ」

 

YU7_9551.jpg

 

願い、祈り、夢、音の力、歌の力、人の力、芸術への賛美、夢見る心、遊び心、生命の不思議、想像力、

溢れ出す情熱、湧き上がる想い、生きるということ、新しいことへの挑戦、そうして見えてくる自分の居場所、

原点、重なる色、想い、言葉、チャレンジ、そして自分という色

 

そんなものをあえて言葉の持つ力を音に託してお送りしたコンサートでした。

 

7D2_2943.jpg

 

紡がれる音は私から聴いてくださる皆様への LOVE LETTER。

どんな想いが聴こえてくるかは、受け止めてくださる皆様次第。

そうやって自分に正直な歌を歌ってこれたのは、この10年独立してから私の声にじっと耳を傾けて下さった

みんながいるから。

ファンの方達はもちろん、コンサートをする準備に関わる多くのスタッフと、何気なく交わす「いつも」と

なった会話や光景が、こうして何気なくなるまでには、私の歌に関わり、みんながお仕事とはいえそれぞれの

分野の力を長い間、貸してきてくれたからなのだなと、瞬間、瞬間、ふと何ともいえない幸せな気持ちに包ま

れたりしていました。

音響、照明、舞台美術、ミュージシャン、製作、チケット周りのお仕事の方、私のやりたいステージを形に

するために、たくさんの方たちが各分野の力を貸してくださっています。

私がそれに応えることができるのは、ステージの上だけ。みんなの想いをその日の歌という形で残してゆく

のが私のお仕事。

 

7D2_2470.jpg

 

言葉を組み替えて、あえて言葉の持つ力を音楽に託してお届けしたコンサートの最後に、言葉に載せて歌う

という私にとっての意味をこめて歌った「人生は歌のようね」♪

その意味がしっかりと皆様にも届いていたら嬉しいです。

 

YU7_9974.jpg

 

音の世界が私にみさせてくれる夢の世界は無限です。

音というツールにより、言葉だけで表現するには、どこか足らなかった想いを埋めてくれました。

一方で、言葉を使うことで、その言葉を使い育った皆様と言葉の背景にある心情や考え方、生き方を

共通のイメージをもって、分かち合える。ということが、私にとって歌う、伝える、という意味で

音の世界に夢を見ることと同じように大切なのです。

 

たくさんの前置きがあって、本当は「ありがとう」という一言が伝えたい時があるように、音で私

が伝えたいことはとてもシンプルで、けれどその度に様々な音に載せてその想いをみんなに伝え

ようとしているのかもしれません。

 

コンサートのポスターに「心を込めて 歌います」と書きました。

それは昨夜のコンサートだけに向けて書いた言葉なのではなく、この先みんなと進んでゆく10年を

指す、私の気持ちでした。

 

YUT_0788.jpg

 

本日より会場売りしていたIndependent Music Tシャツがオフィシャル通販サイト「コキア印」での

販売がはじまりました。数に限りがございますので、この機会にぜひお買い求めください。

http://ancocoro.shop-pro.jp/?pid=109428987

 

年内まだ、コンサートが続きます。

年明けもですね。

実は日本だけではないんです。

そのプロモーションで来週この春にもコンサートを行った上海に再び伺います。

LAYERSにも中国から足を運んで下さったファンの方達がいらしたようで、次はいつですか?っと

お問いあわせをいただきましたが、実はとってもすぐなのですよ。ふふふ

 

皆様のおかげで私は新しい扉を開けられた夢のような一夜となりました。ありがとう。

この経験を生かしてこれからも自分らしい活動をしてゆきたいと思っています。

*お問い合わせすでに多々いただいておりますが、LAYERSのコンサート、DVD化されることが

決定いたしました。詳細は追ってホームページよりさせていただきます。

 

2016年11月04日明日はLAYERS

独立10年の節目として新たなチャレンジとして挑むステージLAYERSが明日行われます。

お陰様の満員御礼。shine

会場に足を運んで下さるみなさまが、私の歌を、そして歩みをずっと応援して、KOKIAというアーティスト

の想いにいつも心を傾けてくださっているのだと思うと、身の引き締まる想いであり、胸が熱くなります。

コンサートのチケットを事前に買い、その日その時に想いを寄せるということが、ただ単にチケットが

売れたということではなく、お席の数だけのお客様がそれぞれの想いでいらして下さるということである

ことがどれほど有難く、またミラクルなことなのかと、その想いを受け止めるべく、心からの感謝の気持ち

で歌いたいと思っています。

 

お問い合わせを多数いただきました。明日の公演ですが、休憩はございません。

また販売物はCD,DVD、記念Tシャツ、記念象のぬいぐるみ、楽譜、などが並びます。

休憩時間がありませんので、開演前、また開園後の販売のみとなりますこと、ご了承ください。

 

それでは明日、会場でお会いしましょう。

ドキドキとワクワクが止まりません。

溢れる音と色彩に浸かり、様々な想いをめぐらせてください。

 

_1120211_03.jpg

 

↑ ステージをご一緒する踊り人の方たちと。

2016年11月04日ハイレゾ配信&カスタマイズイヤモニ

LAYERSコンサートにあわせて嬉しいお知らせがあります。

高音質のハイレゾ配信をこれから楽しんでみたいという方。

またすでにそういった機器をお持ちの方、どちらの方にもお楽しみいただけるお知らせです。

 

ここotonamiの少しまえの記事でもお伝えしているように、今回のLAYERSのステージでは私はイヤモニを

使用しています。私が使用しているものはWestone社のものでグレードもいろいろあるのですが、自分の

好みの音を選んで高音質でお楽しみいただけるイヤモニとしておすすめしています。

今回私がステージで使用するオリジナルロゴ入りと同じロゴのものを皆様もオーダーできるように、色々

と整えていただきました。

詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.e-earphone.jp/html/page43.html

 

また、もうすでにハイレゾ対応のイヤフォンや機器をお持ちの方にも嬉しいお知らせです。

すでにコキア印で販売となっている名曲カバーアルバム「Watching from Above」。4月より販売をして

おりますが、こちらのハイレゾ配信第1弾に続き、第2弾の音源配信の準備が整いました。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

通販&コンサート会場限定ジャズ・カヴァー・アルバム「Watching from Above」、アルバムの後半5曲の

ハイレゾ配信「Watching from Above VOL.2」が11月4日(金)より配信開始!
 

ビクターの配信サイト=HD-Siund.からの独占配信で、CD以上の情報量を持つマスター音源(192kHz/24bit.)

を、そのスタジオ・クオリティのままお届けします。
既に配信済のVOL.1(前半5曲)と合わせて、是非この機会に話題のハイレゾをKOKIAの音楽で体験してみて

下さい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

というわけで、普段スタジオでどんなに良い音で録っても、CDにプレスする段階で圧縮がかかるので、

CDクオリティーと呼んでいる音になります。

それはそれなのですが、より良い音質、質感というものを体験されてみたい方にはハイレゾ体験オススメ

します。shine

特に今回の作品のような同録で録音されたものを聴くには質感、呼吸感など、音から伝わってくるディ

テールはそこにいるような感覚です。

普段わたしがスタジオでどんな音を聴いて作品を作っているのか、少しでも感じ取っていただけたら

嬉しいです。


詳しくはこちら↓
http://hd-music.info/album.cgi/VI/VEAHD-11508/

 

 

というわけで、タイミングをあわせたわけでもなかったのですが、ハイレゾの配信、それを聴くアイテム、

ソフトとハードがいい具合にタイミングがあった、素敵なお知らせでした!

私はCDでまだ大丈夫です。という方はコキア印でぜひお買い求めください。

http://ancocoro.shop-pro.jp/?pid=100418777