2017年03月27日人生についてまとう ほろ苦さ

桜の便りが来た途端、冬の寒さに戻った東京です。

来週のコンサートの頃には至る所で薄桃色の姿を見ることができるでしょうか?

 

ローマ・イタリア管弦楽団の皆さんと共演させていただく4月4日のコンサートもあと1週間と迫りました。

そこで急に思い立ったのですが、せっかくイタリアのオーケストラと共演させていただくので、何か私が

ご紹介できる「私が好きなイタリアのもの」はないかなと考えていました。

 

1番に浮かんだのはエンニオ・モリコーネ。あまりにも有名な映画「ニューシネマパラダイス」の音楽を

手がけているイタリアの巨匠です。

今回のコンサートで、私のオリジナル楽曲以外で唯一1曲、オーケストラの方達だけでの演奏を構成させ

ていただきましたが、私からのリクエストでモリコーネのニューシネマパラダイスを演奏していただける

ことになりました!有名な曲なのでいろいろなオーケストラが演奏しておりますが、本場イタリアの方

達の音で聴けるのはまた違った印象だと思うんです。

もしもお時間がありましたらコンサートの前でも、あとでも、「ニューシネマパラダイス」をご覧になって

いただく機会があったら嬉しいです。

 

そしてもう1作品、大好きな映画。「Life is beautiful」。

こちらもとても有名な映画なので、多くの方がご存知のことと思いますが、もしもなんとなく見逃して

いたけれど、KOKIAがオススメしているのなら・・・とこの機会にご覧になっていただけたら嬉しい

なと思います。

どちらの作品もユーモアに笑い、愛が溢れていて、人生に必ずついてまとう、ほろ苦さや切なさが漂う

作品なんです。そこが何とも心に留まる決めてとなっているように思います。

「人生に必ずついてまとう、ほろ苦さや切なさ」それは私が音楽の中に残したいと思う想いに似て

います。

 

ところで、上記映画のお共に「フランチャコルタ」はいかがですか?

私はいろいろなお酒をいただくのですが、中でも「泡」=スパークリングワインは好んでよくいただき

ます。

で、スパークリングというとフランスのシャンパンが有名な感じですけど、イタリアにも美味しいスパー

クリングがあるんですね。

ウンチクとかそういうのを言う気はなくて、その土地のものをいただきながら、その土地で生まれた

物語に心を馳せる。って、私にとっては最高の、心の旅時間なんです。

 

実際に足を運べなくとも、「その気を味わう。」ということは、色んな人たちの暮らし方を体験する

かのようで、私は好きです。

 

素晴らしいアレンジとともに迎えるコンサート。

明日はオケとのリハの前にピアニストの方とあわせをします。

これまでとは種類の違う、緊張が私を包み始めています。

 

Mangiare Cantare Amore! 4月4日 東京オペラシティで皆様にお会いできるのを楽しみにしています。shine

 

 

*7月22日名古屋ブルーノートで開催される「Birthday Live~since 1976~」のclub ancoroの会員の皆様の

先行予約が本日より始まっています。

お忘れのないように〜。詳しくはメルマガ過去歴をご覧ください。

2017年03月21日ウォールステッカーのご紹介

そういえば、最近ティッティはどうしてるんですか?っと、お尋ねいただくことがチラホラ。

気にして下さってどうもありがとうございます。おかげさまで元気にしているのですが、母の家に合宿中。

 

レオちゃんがまだ寝ているだけの赤ちゃんの頃は一緒にお昼寝をしていた仲ですが、まだ加減の分からない

レオちゃんに最近は四六時中追いかけられて、ティッティはとても迷惑そうだったので、母の家で預かって

もらうことにしました。

 

それでも時々会うとティッティ ティッティと呼びながら追いかけまわしています。

優しくナデナデしながら一緒に遊べるまではまだ少し時間がかかりそうです。

 

気づけばもう3月も半ばを過ぎ、4月4日のイタリアオケとの共演コンサートももうすぐで、それが

終われば5月13日の軽井沢でのコンサート。

毎回コンサートによって演目もアレンジも違うので、準備に時間がかかるため、コンサートからコン

サートまでの時間はあっという間に経ってしまいます。

 

ママが歌を歌っている人だとわかり始めたレオちゃん。

軽井沢の頃にはコンサートは聴けずとも、その雰囲気を味わいに連れていってあげたいな。と思っています。

 

 

ところで、我が家のこだわり?の育児方法など、いろいろと尋ねてくださるファンの方が多いのですが、

何からお話したらお役にたてるかな?っと考えていました。

で、今日は、我が家を訪ねてくれる友人が意外と「いいね」と揃って言ってくれることが多い、ウォール

ステッカーのご紹介をしたいと思います。

 

↓ 簡単に貼れて、簡単に剥がせるステッカーで、真っ白の殺風景な壁が子供テイストの楽しい空間へ簡単に

変えられるので、我が家では季節やイベントごとにあわせて取り入れています。

したの写真は通常時で、アルファベットと動物を遊びながら日々覚えるのに貼っています。

 

_1120931.jpg

 

クリスマスの時期は、ツリーを飾りたくてもお子様がいると危ないから・・・と断念しなくとも、ステッカー

でもこんさにお部屋がクリスマスムードに早変わり!

 

_1120439.jpg

 

桃の節句や、こどもの日。春、夏、秋、冬、とそれはそれはたくさんのバリエーションがあるので、お部屋の

雰囲気にあわせてデザインを選ぶのもママとしては楽しい一時ですよね。

 

剥がす時期が来た時、お子様と一緒に身体中にペタペタ貼りながらお片づけも子供にとってはいい思い出に

なるんじゃないかな?と思います。

お部屋に物が増えないというのが、最大のメリットだと思うのですけど、毎日目にするものなので、知らず

知らずにシールを見ながら会話をすることで、レオちゃんは大分多くの動物の名前を覚えることができました。

 

「象さんまで行って帰ってきてねー」とか、「ライオンさんまで行って帰ってきてねー」とちょっとした

ゲームにしながら楽しそうにタッチしては戻ってきますよ。

 

いかがでしょうか?

大人向けのデザインもいっぱいあるのでみなさんのお家にあうお気に入りを見つけられては?

2017年03月09日星の音楽会 森の音楽会 ♪

ずっとずっと温めてきた企画「動物縛りで曲を書いてCDにする」=「通称=動物シリーズ」の製作が具体的

に動き出しています。

これまでに書いてきた動物の曲と、新たに時間を見つけては動物たちの目線になって曲を書いています。

 

息子レオナルドも1歳になり、クマや象、ライオンなどのマネをするようになって、音楽にもとても興味を

示します。

長らくこの動物シリーズを楽しみにしてくださっていたファンの方達には、だいぶ長らくお待ちいただく

形となってしまいましたが、レオちゃんの様子を伺いながら進める動物シリーズの製作は、待つべくしてこの

製作時期は今がベストだったのかなっと、私の心はすっと納得しています。

 

 

 

さて、先日、お天気のいい休みの日、レオちゃんと動物園に行った時のこと。

それなりに混んでいた動物園でバギーを押しながらだと、なかなか最前列で人気者にお目にかかるのは

至難の技だったのですけど、誰よりも興奮していた母は、素早くいいポジションを捉えていたようで、

家に帰ってきてから、送ってきてくれた写真にちょっとびっくり!shine

 

S__7561244.jpg

 

まるでナショナルジオグラフィックなみのシロクマさんの泳ぎがわかる生態写真。しかも携帯で。

 

S__7561245_0.jpg

 

 

この姿で北の海を豪快に泳いでいるのだと想像するだけで地球の広さ、生き物の神秘、同じ時を生きている

不思議。なんだか色々なことが頭に浮かんできます。

楽しい音楽に載せながら優しい気持ちを育てる歌や、世界に溢れる様々な違いに目を向けられる。そんな

音がつまったCDが出来上がったらいいなと思いながら姿形がそれぞれ違う、動物達の歌を書き進めています。

 

 

CDが出来上がるのは少し先のことと思いますが、その動物シリーズをステージで初披露する機会にぴったり

のコンサートのご案内をさせてください。

 

「星の音楽会 & 森の音楽会」

緑が風に揺れる頃、軽井沢の風の中、星の音楽会 & 森の音楽会を開きます。

5角形の緑に囲まれたコンサートホール「大賀ホール」を初めて見た時、その素敵ないでたちに、

「まるで星のよう、そして箱舟のよう!」と思いました。
 

その2つのインスピレーションが元になり、この素敵な場所でちょっと欲張りなコンサートがしたく

なりました。「星の音楽会」と題した1部ではこの日の為にアレンジする私のこれまでのオリジナル

楽曲を楽しんでいただく通常のコンサートを行いたいと思っております。そして、「森の音楽会」と

題した2部では、大事にあたためてきた動物シリーズを初お披露目したいな。っと、思っております。
クマやキリン、ライオン達をモチーフに、様々なストーリーを音でお届けしたいと思っています。

 


【KOKIA 2017 星の音楽会 & 森の音楽会】
【日  時】2017年5月13日(土)開場14:00/開演14:30  
【会  場】軽井沢大賀ホール(〒389-0104 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東28-4)
【お問合せ】キャピタルヴィレッジ Tel.03-3478-9999
【一般発売】2017年3月19日(日)

 

 

 

遠くの海で、遠くの草原で、遠くの森で、今日も生きている彼らを想像する。

それだけで少し心の大きさが一回り大きく物事を考えさせてくれるように思うのは、私だけでしょうか?