2017年04月29日来年のこの日に。

来年のこの日、4月29日にデビューして20年を迎えます。

これからの1年はその節目に向けていろいろなことを考えながら音と向き合っていきいたいなと思ってい

ます。

お花やお手紙、メールやプレゼント、それぞれの形で私へ想いを届けてくださる皆様から受け取った優しさ

を、歌にのせてありがとうと返せたらいいなと思っています。

 

そして、4月29日の今日から8月11日にオーチャードホールで行われる「The Soloist」のコンサート

のチケットが一般発売となりました。

http://www.kokia.com/news/the-soloist.html

 

以前にお話したことがある話ですが、ステージの上、直径2mほどのスポットライトの中は最前線です。

そこへ立つ人は誰も見たことのない風景を見させてもらうご褒美をもらえると同時に、全身の力でお客様

へ音を届けるという使命を果たさなければなりません。それはとてもやる気の湧くことでもあるのですが、

孤独な旅でもあります。

同じステージの上、たった数メートル後ろでサポートしてくれているミュージシャンの人たちですら、

最前線に立つソリストとは、その感覚は全く違うものだとおもいます。

ステージ中央に当てられた「私の場所」に立ち続けられることに、感謝しつつ、その場所にいつまでも

立ち続けられますように・・・と、想いを込めて、その日のステージを毎回こなす。そんなことが19年

続いてきました。

そんな風に真剣にステージへの意識を持ち始めたのは、実際には独立を意識し始めた十数年前頃から

だったと思うのですが・・・。

 

そんなソリストというポジションは、いつしか私の現在の活動スタイルにも類似してきました。

周りの皆様のサポートがあって成り立っていることは大前提なのですが、その末端に立って

想いを掲げてみんなを先導してゆく。ということは、時にやりがいと共に孤独を感じることもあります。

 

今回、音楽になぞらえて、自分自身を「The Soloist」とステージコンセプトに掲げる事で、ステージ

ではもちろんですが、今も独りでKOKIAという道を歩み続ける私の姿を、皆様に今回の「ソリスト」

というステージを通して、見届けていただきたいと思っているのだとおもいます。

 

来年のこの日に迎える20年という月日と、8月のコンサートのコンセプトである「ソリスト」という

言葉が、今の私にはとても鮮烈で、思わず少し語ってしまいましたが、想いを込めて一つ一つのステージ

に立ってゆきたいと思っています。

 

近くは来週、5月13日の軽井沢ですね。shine

8月13日は奇しきも山の日。いろんな山を登りくだりしてきたソリストにはぴったりの山舞台となり

そうです。皆様のお越しをお待ちしております。

2017年04月24日打ち上げ花火

なかなかブログを更新できない間、私はタイアップのお仕事に精を出していました。

こんなにまとめて依頼が重なるのは珍しいことなのですけど、ちょうど自分のアルバム制作の為に

スケジュールに余裕をもたせていたので、急にいただいたお仕事もお受けすることができました。

 

タイアップのお仕事の場合、かなり前倒しで音楽制作をするので、情報解禁の縛りなどがあって、

なかなか皆さんに、「今何の為に、どんな音楽を書いているのか?」など、お話したくても、すぐには

できない所がなんとも悩ましところですが、今年は自分のアルバム制作もありますし、すでにこの4月から

5月にかけて、5本のタイアップのお仕事をさせていただいたので、全ては今年、仕掛け花火のように、

時期が来たらそれぞれが違うタイミングで、打ち上がってくれると思いますので、楽しみにしていてく

ださい。shine

 

説明するのはなかなか難しいのですけど、私の音楽制作のスタイルは、コンピューターである程度

アレンジの方向を見据えてから生に差し替えて行くことが多いので、最近の音楽制作はコンピューター

をいじるのがある程度好き、もしくは得意でないと、なかなか進められないところがあります。

 

これまでは、どちらかというと、コンピューターに携わる部分が自分では得意ではない為、なるべく

避けたくて、アレンジャーさんにお任せしてきたところです。

けれど、ここ最近は、仕事の流れで自分でアレンジまでこなす事もその機会も多くなってきたので、

前よりも少しだけ作業のコツを掴んできた感じがします。

 

想いを紡ぐ作曲の作業と、その曲に洋服を着せて送り出す作業(アレンジ)は、頭の使う部分が

まったく違うように感じるのですが、後者はとにかく時間がかかります。

時には作曲をするよりも、アレンジにかかる時間の方が長いことも多々。

 

緩やかに私も、勉強しながら少しずつ、自分にできることの範囲を広げてゆけたら、たくさん音楽に

携わり続けることができるな。っと、日々新たなトライを続けています。

 

自分のアルバム制作、それから動物シリーズのアルバムも少しずつ進んでいます。

全ては2018年私のキャリア20周年の節目に向けて大きな音波にのせて・・・

2017年04月21日さくら吹雪に包まれて

季節を印象的に演出してくれるさくら。

思い返せば1年前はバギーでお散歩だったのに、しっかりとその足で自分の行きたいところに歩みを進める

立派な我が子。

れおちゃんすごいよ!ママは感動だよ!shine

こうやってどんどん大きくなってゆくんだなと。

 

IMG_6014.jpg

 

最近は私の仕事部屋にあるキーボードの前へ行き、自分で電源を入れてピアノを弾いています。

弾くといってもバンバンと音を鳴らしているだけなのですが、声を出して歌ったり、彼なりに何か音楽

というようなものを形取ろうとしている様が素晴らしいなと。

 

勉強を教えるのは難しいけれど、音楽というものを教えるというのはもっと難しいように思います。

だから私はいつも・・・

「レオちゃん、風を感じるように、音を感じて!」っと、散歩をしながら一緒に歌います。

ちょっとやばい光景の時もあるようですが、迷惑をかけているわけではないので、いいかなと。

 

IMG_6019.jpg

 

さくらにたくさんの思い出を重ねながら過ごして行けることに、ふいに感謝したくなるこの気持ちを

大事に、暮らしてゆきたいなと思います。

 

皆さんの桜はどんな思い出を残してくれたのでしょう?

2017年04月05日魔法にかかった時間でした

桜の開花と共に迎えた春の日のコンサート。

ローマイタリア管弦楽団のみなさんとお届けした東京オペラシティでの公演は音の海で溢れました。shine

優しく、幸せな時間をありがとうございました。

 

色味修正_5782 (1).jpg

 

今回で3度目のオーケストラ公演。

そして初めての東京オペラシティ。

これまで演奏してみたいと思っていたこの箱は、何とも気持ちのよい音とその佇まいをしていました。

ステージに出る前に指揮者のニコラさんに「緊張しますか?」と聞いたら

「緊張なんてしないよ!だってFANTASTICO!素晴らしい時間じゃないか!」と歯切れのいい答え。

なんともその通りなのですが、なかなか「その時間を楽しむ」というシンプルなことより先に、色々気にする

ことが心に浮かんでくると、そうもいかなくなって、結果心がざわざわして、緊張してしまうこともあるの

ですが、ニコラさんの歯切れのいいお返事を聞いてステージへと呼び込まれたのがよかったのでしょうか?

魔法のような素敵な時間を過ごすことができました。

 

色修正_2874 (1).jpg

 

初めての会場。

初めての海外オケとの共演。

初めて共に演奏する曲目。

 

 

時々自分で、なんでこんなにハードルを高くしてしまったのだ・・・っと目の前のことが怖くなる時がある

のですが、最後はいつも自分を信じるしかないんですね。

私には私の音楽をよく理解してくれているチームがいる。

たくさんの時間を一緒に共にしてきてくれた人たち。

そのサポートがあれば私は高く飛べる!

いつもそんな風に、不安になった時は、もはや歌うアスリートの気分です。

 

色修正_5866 (1).jpg

 

何度もことあるごとに言ってきた話ですが、歌い手は一人の力では羽ばたけません。

特にこうした大きなステージではPAの方々のサポート、伴奏してくださる方々のサポートがなくては、

たくさんのお客様を同時に同じ空へお連れすることができません。

 

この日私はLAYERS以来、愛用しているWestoneのイヤモニでコンサートにのぞんでいました。

その心は、耳の中のバランス一つでいかようにも歌が変わってしまうということなんです。

私は私の耳の中のバランスを作ってくださる方を信じて、その音を頼りにオーケストラを導いてゆきます。

 

色修正_5909 (1).jpg

 

出会ったばかりの演奏者達が、音を通じて交流し始める面白さ。

言葉が通じなくとも音楽を通して会話しているような感覚。

限られた時間の中で一生懸命を尽くしてくれようとした指揮者のニコラさんとコンサートマスターのアントニオ

さん、そしてオーケストラの皆様に感謝しています。

オーケストラと私の間でずっと寄り添ってピアノを演奏してくれた瀬田さんの優しい音にも感謝です。

 

時々、自分でも思ってもみなかった風景に出会える時があります。

昨夜のコンサートはそんな、魔法にかかったような時間がちりばめられていたように思いました。

コンサートって不思議ですね。

 

さて次は皆様をどんな空へお連れしましょう?

5月は軽井沢。http://capital-village.co.jp/calendar/concert/2017020705.html

8月はオーチャードホールで、お待ちしています。(8月公演の一般発売は4月29日になります)

<<2017年4月>>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Web Site Shopping Club ancoro お仕事問い合わせ ファンメール