2017年07月09日ニューアルバムのレコーディング

ニューアルバムのレコーディングがいよいよ始まりました。

アルバム制作はこの本ちゃんのレコーディングに至るまでのプリプロ時間からすでに始まっているものです

が、やはり実際に本ちゃんのレコーディングへと段階が進むと、いよいよ楽曲に風景や物語が吹き込まれる

わけで、ぐんと気分が盛り上がってきます。

 

コンサートのように花形で、活動してる感が分かりやすいものは、ブログで紹介しやすいのですが、レコー

ディングの様子をお伝えするのは、作業がわりと地味だったりするので、うまくお伝えする術が見つけられ

ないでいたのですが、今回は、これまであったようでやってこなかった、レコーディングダイアリーを

つけることにしてみました。

 

今日はその初日です。

この日を迎えるまでに楽曲制作は5月あたりから始まっておりましたが、今回、本ちゃんでレコーディング

してゆく楽器を毎回写真に残してゆこうと決めました。

 

タイトル等は発売されるまでにまた変わってしまうこともありますが、今日は「FURUSATO」という曲を

録りました。左からブズーキ、リゾネーター、ガットギターです。

 

P1010530.jpg

 

19885904_1461268597301516_1281970281_o.jpg

 

色々語りたいことはあるのですが、音源をお届けできるのはまだ先なので今日は楽器の選定についてあっさり

触れるくらいにしておきます。

今回、このレコーディングからご一緒するギタリストの「エバラ健太」さん。

親しみを込めてここでは「ケンタ君」とご紹介させていただきます。

初日のレコーディングはケンタ君にブズーキ、リゾネーター、ガットギターを弾いてもらいました。

同じ曲でも楽器の選定によって、別世界の物語ができあがるので、慎重になります。

初めてご一緒する方なのですが、今後レコーディングだけでなく、色々な音楽の形を一緒にさぐってもらえ

そうな、素敵な面持ちの方です。

 

初日はケンタ君の一人演技で♪FURUSATOという曲と♪Japanismという曲のメイントラックをリゾネーター

でこしらえて1日が終了。日をまたいでケンタ君の弾いた「Japanism」のトラックにピアノ、ベース、ピア

ニカを録りました。

 

P1010549.jpg

 

この日、ピアノでは結構長く、深く、サポートしていただいている私の活動をよくご存じの

方ならお馴染みの瀬田創太さんが、ピアノではなく、ピアニカ演奏で異彩なプレイを披露してくれました。

それは本当に時たま、ミュージシャンがマジシャンになる瞬間。と私は呼んでいるのですが、

そのプレイによって、楽曲がまるで魔法にかけられたように、グンと楽しげなものになるんです。

 

今日はそれが聴けただけでも、なんでもオッケーという気持ちになれる幸せな日でした。

 

そして「FURUSATO」「Japanism」の2曲が終了したところで、久しぶりの同録をやってきました。

これに関してはまた今度。

今日のベースは寺尾陽介さん。

こうしてかしこまっての紹介にはちょっと抵抗があるほど、ゆるキャラの素敵なベーシストです。

 

いいオケが録れたので、早く歌いたい気持ちをおさえて、リハーサルと本番の日々に戻ります。

to be continued....