2018年05月02日Beyond Imagination 20周年コンサート

20周年のお祝いに駆けつけてくれた皆様と過ごす時間は夢のような一時でした。

「想像を超えて」と名付けたコンサートは、私が皆様を夢の世界へお連れするという意味だけでなく、

お客様と一緒に作り出すステージで、時たま訪れる私が本来持っている以上の力を皆様のおかげで発揮できる

奇跡の瞬間のことを意味していました。

まさに今回、Beyond Imagination、誰も予想をしなかった素敵な時間が訪れたショーになったこと、本当に

ありがとうございます。とってもうれしく、幸せな時間でした。

 

 

YU7_5463_修正_小.jpg

 

一筋縄ではいかない、夢や希望、不思議なものを見させてくれる、怪しげで魅力的な香りがするサーカス

小屋をイメージしたオープニング。

アルバム「ピエロの夢」に込めた、「空を眺め、夜な夜な夢見る私たち」から物語ははじまりました。

 

YU5_8008_修正_小.jpg

 

ニューアルバム「Tokyo Mermaid」をこの節目に作った時と同じ気持ちがふと舞い降りてきた本番直前。

 

今、私が歌う歌、歌える歌が20年の時を経て出てくる音。

 

こうしよう。ああしよう。こうしたい。ああしたい。そういうものは今日はいらない。

自分から今出てくるものを信じて、今日ここにサポートしてくれているステージを支える全てのスタッフの

力を信じて、委ねよう。私が20年培ってきたKOKIAという樹をみんなに見てもらうだけでいい。

 

そんな想いに包まれると、これまでにない幸せな気持ちに包まれながらコンサートが進んでゆきました。

 

7D2_8461_修正_小.jpg

 

新旧おりまぜて作ったセットリストは私とお客様が一緒に過去を振り返る「ありがとう」の旅。

ありがとうを言いたい人のこと、

ありがとうを伝え忘れてしまった人のこと、

それぞれの心の中にある、大切な人の顔を浮かべて音楽の中に心を寄せてほしい・・・

そう思っていました。

 

「あの日の私に」

倒れそうになった時には 

そっと傍に誰かが居るよ

いつの日か君もそうしてあげる人が現れるよ。(歌詞より)

 

20年間、私をKOKIAとして支えてくれたのはファンの方達です。

みんなは私のことを知っていて、私はみんなのことを知ることはあまりないのかもしれないけれど、

それでも気持ちは・・・

「みんなの心が弱くなった時、私の歌が傍にいるよ。私の歌がそんな存在だったらいいな」

といつも思っています。

だから、私の歌から元気をもらったと言ってくれる人は、今度はみなさん自身が誰かを元気づけてあげて

ほしいし、そんな風に知らないうちに、良い循環が生まれて、世界は回っている気がするんですよね。

 

祝福の輪に包まれながら、

大きなコンサート会場では初めてでしたが、客席に降りて歌わせていただいた「音のアルバム」。

幸せが膨らんでケラケラ笑っているようで、たくさん泣いたり、たくさん悩んだ日々の中に居た私が、

「ここにつながってたんだー」っと、驚きながら笑っていました。

 

YU5_8278_修正_小.jpg

 

夢の途中で閉めたラスト。

5年前に歌った時を昨日のことのように思い出せる。

「いろんなことがあると思うけど、この先もみんなで歩いてゆこう」と問いかけた私に、この5年、着いて

きてくれたみんな。音楽家族はこうやって一緒にこの先も夢を描いてゆくんだな。っと、みんなとの心が

しっかりとつながっていることを教えてくれた温かい拍手。

 

YU5_8310_修正_小.jpg

 

ここからが面白くなる。

絶対にそんな気がする。

音楽の中に神様のような存在を感じることがよくあります。

私はまだ歌っていいよ。と肩を押してもらったような、20周年のコンサートでした。

思い込みも大事だと思うので、音楽の神様から授かった任務をこの先も一生懸命に追行します!

 

ありがとう!

 

*明日は横浜で歌います。生放送の時間が少し早まったようです。詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.kokia.com/news/post-99.html