2018年07月31日オーケストラコンサート

Fireworks Festivalと題したオーケストラコンサートが幕を閉じました。

台風一過の暑い中、お越しいただきましたお客様みなさま、ありがとうございました。

 

ビルボードクラシックスさんのシリーズとしては第4回目となるオーケストラ公演でしたが、オーケストラ

公演ならではの良いところと難しさのバランスが回を重ねるごとによくなってきているように思います。

それに、今回は3回目でもご一緒させていただいた栗田さんの指揮により、以前よりも自由に楽しみながら

コンサートをお届けできましたので、私にとってそれが何より嬉しいことでありました。

 

YU5_6347.jpg

 

懐かしい曲と最新曲の入り混じったメニューでしたが、20年近くの歳月の間、その都度書かれてきた曲

なのに、歌を通して「愛」をつなぎ紡いでゆくという私のスタイルは、何もこの20年変わっていないという

ことに、自分でも不思議だなぁっと。思います。

 

YU7_1187.jpg

 

お盆の季節。

目には見えないものの話をMCでしましたね。

 

おばけ。愛。いろんなきもち。

怖いという感じる人もいれば、怖くないという人もいる。

お化けでもいいから、会いたい人に、私は音楽の中であっているような時があります。

 

目には見えない音楽の世界は宇宙や心やあの世にもつながっているような自由な世界です。

 

YU7_0827.jpg

 

それだから、人は音楽を聴いたり、楽しんだりするのでしょうね。

距離や空間を超えて愛に触れられる歌を歌ってゆきたい。

 

 

暑い昼の公演、開演前に長蛇の列、開門も早められず、影への誘導もなく、お客様が大変だったというお話、

耳に入ってまいりました。本当に申し訳ありませんでした。

 

 

大きなコンサートが続きました。

次回は名古屋ブルーノート。

お客様の顔が見える距離の箱です。

そうしたところでしか生まれない、近距離の空気感を楽しめる楽しいライブにしたいと思っています。