2019年07月07日上海LAYERSへ向けて

週が明ければ、いよいよ上海LAYERS。

最終ゲネも終了し、ここからは音で想いを描いてゆくイメージトレーニングに入ります。

宙に音で、どんな絵を描くのか、細かくイメージしてゆきます。

 

PH2_5916のコピー.jpg

 

初めて日本公演が行われた3年前、いつかこの公演を海外に持って行きたい!という想いを胸に、

公演の準備をしていました。

日本公演が終わり、達成感に包まれるも、いつものコンサートよりも多くの方々の手を借りなくては

ならないこの公演を、海外にもってゆくのは、なかなか大変だなということにも気づかされ、それでも

チャンスは巡ってくる。っと、その日を夢みて、衣装を綺麗にかけたまま、その日を待ち望んでいました。

 

PH2_5913のコピー.jpg

 

そして今回、上海でLAYERSを行えることを心から嬉しく思っています。

 

歌詞という歌詞が全て、私が作り出した言葉になっているKOKIA語で歌われるこのコンサートには、

ある意味言葉の壁はありません。

 

音の海の中、全身の細胞を震わせて音楽デトックスを体感いただけたら嬉しいなと思っています。

ここ数年、歌を届けにコンスタントに行かせていただいている、中国の方に、少しでも想いを伝えたく、私なり

に勉強した、中国語も皆さんに伝わったらいいなと思っています。

 

七夕の夜。

私の願いをいつも叶えてくれるのは、歌を愛する人々の心のような気がしています。

また夢を一つ、叶えてくれてありがとう。

 

それでは、上海でお会いしましょう!