2020年07月14日名古屋ブルーノート中止のご案内

タイトルを見て、驚かれた方も多いと思います。

みんなに負けないくらい連絡を受けた私もかなり驚きましたし、落胆しました。

NEWSのページにも正式な主催者様からの文書と一緒にわたしの思いも書かせていただきましたが、券売も

すでに終わっておりましたし、あまりにも本番日と日が近かったため、こんな案内を皆様にしなくてはなら

ないことになるとは、思ってもいなかった為、楽しみにしていてくださったお客様には本当に申し訳がない

気持ちでおります。

 

↓ NEWSに掲載させていただきましたので、詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.kokia.com/news/post-134.html

 

コロナの状況になって以来、これまでお話ししてこなかった事、例えば私自身が主催して開催している公演

と、別の主催者様からお呼びいただいて、出演させていただいている公演とはどんなふうに違うのか?とい

うことについて、ここで話させてもらってきました。

今回、主催者である名古屋ブルーノート様が決定されたことなので、急な決断に私もとても戸惑い、驚いた

のは事実ですが、NEWSに掲載させていただいた、ブルーノート様のオフィシャル文書をご覧いただければ、

この決断がどれほど、言葉に言い表せない悔しい想いと共に下されたことだということをご理解いただける

と思います。

コロナの状況がどれだけ、コンサートやライブを開催する人たちの(わたしも含めですが・・・)生き場を

奪っているかということを、今回のことを通して、自分のシチュエーション意外で知る機会となり、とても

寂しい気持ちになりました。

 

全てのお客様へ払い戻し手続きがされますので、その点はご安心ください。

お迷惑をおかけいたしますが、手続き等は名古屋ブルーノート様へご連絡いただければ助かります。

 

お客様にご迷惑がかかる状況の中、こんなふうに言うのはよくないのかもしれませんが、これまで名古屋

ブルーノートという場所で、わたしとお客様をつないでくれた時間、そうした機会をくれたのは、ほかで

もない、名古屋ブルーノートさんです。

1年に1度、名古屋のブルーノートで!というのが恒例になりつつあったので、お声がけいただく度に、ま

たこの場所でお客様に会えるのを楽しみにしていました。

だから、残念な気持ちはいっぱいなのですが、もっともっと大きな声で・・・

「ありがとうございました!!名古屋ブルーノート!!!」

と言いたいのです。

みんなにもそう思ってもらえたら嬉しいです。

1つの公演を実現させるのに、準備から本番まで1年ほどの時間とそれに携わる多くの方々が動いてく

れます。その人たちがみんな情熱をもってその仕事に見えないエネルギーを注いで、コンサートが開催さ

れてきたわけですから、本当に、「ありがとう」なんです。

 

 

今週末、7月18日(土)にサントリー ホールブルーローズ で客席を半分にしてのコンサートは開催され

ます。配信という形で皆様とつながる場所を引き続き大切にしていきたいとは思っておりますが、お客様

と一緒に作る時間であるライブはそれとは全く別のものであると思っているわたしにとっては、当面は

今回のことで、この7月18日のコンサートが最後のスケジュールとなってしまいました。

よかったらぜひ、公演にいらしてください。

サントリー ホールブルーローズ の公演情報はこちらになります。

 

↓チケットの購入はこちらの「LivePocket」のURLからになります。

https://t.livepocket.jp/e/kokia_premium_concert

 

前向きなことを考えるのは得意です。

新しいことを考えるのも。

そんなマインドをわたしに授けてくれた前向きの神様に感謝しています。

 

だから、こうしたことを一進一退とは思わないように、頑張っていきたい。そう思っています。

でも、名古屋で会いたかったね。