2017年11月02日ton ton ton タオル取り扱い開始

11月になりましたね。

おかげさまで「ton ton ton」を立ち上げ、ギフト缶=どうぶつの音楽会も大変ご好評いただいております。

ありがとうございます。

少しずつゆっくりと、できるところからではありますが、贈り物として、ギフト缶と一緒に展開したら楽しく

なるようなものを考え、増やしていきたいと思っています。

第一弾として今回、ギフト缶の6種類のジャケットと同じモチーフで、タオルハンカチを作りました。

その取り扱いがtontontonの通販でも開始になりました。

 

P1010726.jpg

 

詳しくは特設サイト tontonton.gift をご覧ください。

ギフト缶とタオル1枚プラスのセットと、ギフト缶とタオル3枚プラスのセットの2パターンから始めます。

 

P1010736.jpg

 

どうぶつの音楽会の音楽はもちろん素敵なギフトとして喜ばれると思いますが、タオルを添えることでより

一層、ギフト感が増すから不思議。

私も日々重宝しているタオルハンカチ、オススメです。shine

2017年10月27日イヤモニというスタイル

声多重楽曲のコンサート「LAYERS」をきっかけに使い始めたイヤモニでしたが、すっかりその使いやすさに

魅了され、ちょうどイヤモニを使った方がやりやすそうなオーケストラの公演も続いたのでWestoneさんで

2つ目のイヤモニを作っていただきました。

今回の物は12月10日に上野の東京文化会館で行われるオーケストラ公演の為に新調。

 

一つ目同様、KOKIAオリジナルのロゴ入りで色違いのピンクパープルにしてみました。

実際はあまりお客様に見えるところではありませんが、見えないところのおしゃれが自分のテンションを

あげてくれる事ってありますよね?shineイヤモニのおしゃれはそんな感じに似ています。

 

P1010764.jpg

 

オーケストラ公演の準備も着々と進んでいます。

贅沢なことであり、大変嬉しいことでもありますが、今回のオーケストラ公演、ビルボードクラシックスさん

で行うのは3回目なのですが、いつもお客様に楽しんでいただけるよう、何曲も新たに選曲し、オーケストラ

の為のアレンジを0から施すので、準備には時間がかかります。

多くのことを丁寧に、私や周りの方たちが、どんなことを何の為にしているのか、お伝えしてきたつもり

ですが、残念なことにきっと皆様に伝えられている部分は、実際に手間暇かかっている何分の一でしかない

ような気もしています。

私にとって、今回の12月のオケ公演は2018年の春に迎える20周年をすぐそこに見据えながらの

ステージ。

4月に20周年のコンサートを行う予定でいるのですが、12月のこのオーケストラの公演以降は、

制作に身を注ぐため、その4月の20周年公演までは、大きめのコンサートはありません。

 

そんな中、20周年の際に、言葉を残しておきたい。っと、以前にもお伝えしたように、独立してからの自分

のブログを読み返している中に見つけた言葉が今につながった出来事がありました。

 

2007年4月。ちょうど10年前に私は、「私もいつかオーケストラでの公演がやりたい。」

 

そう綴っています。

 

たくさんのやりたいこと、夢を語ってきました。

時間がかかると、その夢がどこかに置き去りにされてしまったように見えてしまう時もあるけれど、想い続け

ること、語り続けることで時間がかかっても叶うこと、実ること、つながることってあるのだと私は信じて

います。

 

10年越し、20周年を前に立つ、私の夢のステージに、ぜひ遊びにいらしてください。

http://www.kokia.com/news/kokia-2017-the-christmas-season-with-the-orchestra.html

2017年10月26日アルバムのタイトル

今、新しいアルバムを作っています。

夏前からとりかかっているのですが、別の仕事をしながら、並行して進めていたら、もう季節が変わって

しまいました。すると、夏に録った曲の聴こえ方がなんだか変わってくるんですね。

長雨のせいもあったでしょうか、お天気は私の制作に大きく影響を及ぼすようです。

 

で、並べ替えては補欠だった曲をベンチから拾ってきてアルバムメンバーの最終候補を決めています。

大分アレンジが見えたのもあって、今日急に、タイトルを決めました。

「Tokyo Mermaid」

多分、これにします。

大文字、小文字の表記は変わってしまうかもなのですが、いろんな言葉を浮かべられるだけ宙に浮かべ

て、歌詞を書いたり、想いを音に紡ぐ作業をつづけているのですが、今回のアルバムに入る楽曲全てに

共通しているテーマは何なのか?

アルバムのタイトルにできるような言葉でいうとなんだろう?と探していました。

 

なんでこのタイトルなのか、私が話したらすぐに話が終わってしまうから、みなさんが空想にふけって

楽しめるように、少しの間私は、黙っておきますね。shine

 

いいアルバムになりそうだ!

2017年10月21日上海公演チケット販売開始

先日ご案内した中国公演のチケットの販売、上海公演の方は本日より始まったようです。

すでに販売が開始されていた広州はおかげさまで完売いたしました。

↓ 上海公演のチケットはこちらよりお買い求めください。

http://www.musikid.com/new/station/21761

 

新たな曲を交えて喜んでいただけるメニューを考え中です。

会場で皆様にお会いできるのが本当に楽しみです。shine

2017年10月10日Nostalgia シングル発売

久しぶりのシングルのご案内です。shine

前作もテーマソングとエンディングを書かせていただいた「悠久のティアブレイド」の続編の

「悠久のティアブレイド」-Fragments of Memory-の主題歌、エンディングを書かせて頂きました。

その主題歌、エンディングが収録されたシングルが明日、発売になります。

http://www.kokia.com/news/release/fd.html

 

主題歌もエンディングも作詞作曲だけでなく今回はアレンジもさせていただきました。

そしてとても素敵な主題歌を書かせていただけたので、ゲームをされていない方にも是非聴いて頂きたい

な。と思っています。

秋めいてきたこの時期にぴったりな気がします。

2017年10月08日tontonton はじまるよ!

shine shine shine 楽しいこと、はじまるよー!shine shine shine

本日は大事に温めてきたどうぶつシリーズのアルバム、ton ton ton 「どうぶつの音楽会」の発売日です。

新しい扉を開けようという想いを込めて、このプロジェクトをton ton ton と命名いたしました。

そして ton ton ton「どうぶつの音楽会」のための特設ブランドサイトを作りましたので、ぜひご覧になって

みてください。

つまみぐい(視聴)もしていただけます。

 

http://tontonton.gift

 

長年追い求めてきた心地の良い優しい音。

子供達に何を届けたいか、残したいか。という切り口で考えたらこんな音にたどり着きました。

皆様の日々が音楽やアートによって、より豊かなものになりますように。

 

 

 

2017年10月07日クリスマスオーケストラコンサート一般発売開始

急に秋めいてきたので、慌てて長袖に腕を通して、何かに包まれる冬の楽しさを思い出していました。

皆様いかがおすごしでしょうか?

さて、12月10日に上野の東京文化会館で行われる

「KOKIA 2017 The Christmas Season with the Orchestra」の一般チケット発売日を迎えました。shine

 

すでにファンクラブの皆様にはお伝えさせていただきましたが、今回、クリスマス時期ということもあり、

コンサートにお越しいただく皆様全員に、コンサートの想い出を形でお持ち帰りいただける素敵なギフトを

ご用意させていただきました。

詳しくはこちらをご覧ください。

http://billboard-cc.com/classics/kokia-2017/

 

第1回、第2回と回を増すごとに充実したプログラムでお届けさせていただいているオーケストラ公演。

今回のビルボードクラシックスとしては3回目となるオーケストラ公演はプログラムの充実度は最終章と

言っても過言ではない顔揃えとなっています。

春までたくさんの製作物がある中で、年内、日本での大きなコンサートはこの上野文化だけになります。

ぜひ、皆様のお越しを心からお待ち申し上げます。

2017年09月27日中国公演再び!

2016年からの中国本土で種蒔きが広がってきています。

12月2日、3日、広州、上海で行われるコンサートが発表になりました。shine

新しい人たちとの出会い。新しい土地、空気との出会い。

音がたくさんの想いをつないでゆきます。ありがとう。

 

本日よりチケット発売のようです。

 

image1.JPG

2017年09月20日言葉を綴るということ

この世の中に余り溢れるほどある音楽。

それについてしばしば考えます。

 

最近、私の中でぴたりときている「音楽が自分があまり好みでない物も含め、あらゆる形で存在する

という理由の答え」は、「音を紡ぐという事は、思想を残すということ。」なのだからだという所に

たどり着きました。

 

20周年を迎えるにあたり、これまでの自分を今一度振り返ってみてみよう。っと、独立してから今日

までのブログを全て読み返しています。若いという言葉ですませていいのかわかりませんが、昔のブログ

の文章からは今とは違うテンションが感じられるのですが、その中にも時たま、今の自分を読んでも

「ハッ」とさせられる感性が光っていたりします。

そして驚くほどに大枠の歌に向かうスタンスや仕事への向き合い方は全くぶれずに同じなのだなと感じ

ました。

強いて言えば、歌う人KOKIAとしては、昔のブログの内容はいらない情報もたくさんあったのでは?

っというのが、今の私が読んだ感想。独立した当初は特に、「頑張っている感」「活動している感」を

むりやり出したかったのもあったのだと思うのですが。

 

そんなわけで、自分の12年分の文章を読み返しながら、キラリと光る言葉探しをしています。

その時感じていた自分の大切な想いを束にして、「ミュージシャン=思想を残す人」として、自分を

見つめ返したい。と思っています。

 

ブログを更新する頻度は変わってしまいましたが、コンサート会場に足を運んでくださるお客様との

距離は10年前よりも近くなっていると感じています。

それはきっと「安心」という言葉でつながっているような気もするのです。

 

お互いの人生を時たま交差させながら豊かにしていきましょ。shine

 

20周年の節目には、10周年で作ったメモリアルブックのように、また自分の言葉を残しておき

たい。っと思っています。変化してゆくKOKIAという人と歩んだ20年分の体験談です。

2017年09月06日ton ton ton「どうぶつの音楽会」

10月8日に発売となります、どうぶつ縛りで曲を書いた動物アルバム。

これを「どうぶつの音楽会」とすることにしました。

 

そして今回、作り始めていろいろと考えていたのですが、この企画を「ton ton ton」プロジェクトと命名し、

今後の私のもう一つのライフワークとして大事にしてゆきたいなと思っています。

 

今年はKOKIAとしてのニューアルバムも製作中で、来春までに様々なリリースが控えています。

そんな中、この動物アルバム「どうぶつの音楽会」をKOKIAが立ち上げた「ton ton ton」というプロジェクト

として呼ぶことで、プロダクトの意図が混線してしまわないように思うのです。

 

今日は一足先にその顔でもあるジャケットのお披露目ですが、今回はジャケットではなく、パッケージと

呼んだ方がしっくりくることと思います。shine

CDを取り出した後もそのパッケージが手元に残る楽しいものであったらいいなという想いで、この缶を

思いつきました。子供にも大人にも嬉しい外側を作りたかったんです。

↓ ヒツジちゃん缶

P1010688.jpg

 

特に今回はお子様にも手に取ってほしいという想いがあるので、通常のプラスチックケースは少し危ない

かなと。

結果、大人の方にも何か小物入れとして使っていただけるような素敵な缶が仕上がりました。

ちなみにこの缶、「ギフト缶」と呼ぶことにしていて、どなたかに贈り物として差し上げたい時、その方の

イメージで缶が選べるように、いろんな種類の缶を作りました。一風変わった出産祝いに!

 

ジャケット違いのようなものですが、好きなどうぶつの缶をお選びいただけるようにしています。

(中に収録されている音楽や入っているカードはどれも同じになります)

↓ クマちゃん缶。

 

P1010689.jpg

 

他にもライオン缶、シマウマ缶、カバ缶、オオカミ缶など作りましたが、どれもすごく可愛いです。

 

つい先週まで最後の歌入れをしておりましたが、歌う以外にヒツジになりきってみたり、オオカミになり

きってみたり、普段のレコーディングではしない鳴き声収録をしていたので、歌よりも動物の鳴き声を収録

する部分に多少苦戦しながら、楽しいレコーディングが無事に終了いたしました。shine

 

お話したいことがたくさん詰まっている「ギフト缶」は、

皆様にとっての「宝缶」になったら嬉しいな。っと。

 

今回、12曲収録されている各楽曲の歌詞カードを独立させて、カードとして作りました。

全てのカードの表面に各動物の絵が描かれていて、小さなお子様と一緒に動物を覚えたり、色を覚えたり、

していただけるそんなカードに仕上げました。

そしてそのカードの裏面にはベイビーマンスリーカードといって、生まれたばかりの赤ちゃんが最初の1年

を過ごすのに、皆さんたくさんのお写真を撮られると思うのですが、毎月の成長の度にお子様の横に置いて

写真を撮っていただけるカードを作りました。

写真は後から見ると、何ヶ月くらいだったか意外とわからなくなってしまうものですが、我が家ではこの

マンスリーカードと一緒に写真を撮っていたおかげで、1年の成長っぷりがとてもよくわかりました。

 

↓ こんな感じです。1ヶ月〜12ヶ月まであります。

 

P1010666.jpg

 

ちなみに、これを使って、数字を覚えたり、形や色を覚えたりもできるのかなぁ?っと思っています。

 

カードを倒す。あおぐ。並べる。たてる。アイディア次第でいろいろなアクションも遊びながら覚えられると

思うのですが、1番の願いは、そうして遊ぶ時間に優しい音楽が皆様を包みますように。ということ。

 

大人も子供も どうぶつ達から学ぶ 想い。という想いで、様々なメッセージを込めて優しい音作りを

心がけました。多くの方の日常を彩るアイテムとなってくれることを願っています。

 

*おかげさまでこちらのアルバム発売記念ライブのお席は昼、夜ともに完売となりました。

ありがとうございます。