2007年12月17日2007年最後の「KOKI薬曲」というわけで、総決算!

今日は2007年度の最後の放送の「KOKIA薬曲」でした。
(KOKIA薬曲とは、KOKIAが毎第一第三月曜日にお送りしているネットラジオの番組のことで〜す)

2007年度の最後の放送ということで、みんなから「今年一番心に残った出来事や、KOKIAの曲、ライブ」などなどのお題でメールやファックスを募らせてもらった所、いつもよりた〜くさんのメールを頂きました。
全部読み切れなかったけど、ふむふむ・・・っとKOKIAが楽しく読ませてもらいましたので、番組中に読めなかったみんさん、ありがとうございました〜!

で、ファンのみんなからも来るだろうなぁっと思っていた、ハプニング大賞は

奈良県は壺阪寺で行われた大雨、極寒コンサートでした。^_^/
正直、あの空気感はあそこに居た人にしか、本本当に分からないものがあると思うけど、寒かったり、雨が降っていたりという体感する条件が過酷だったことももちろん、鮮明に覚えているんだけど、それ以上に、あそこに宿っていた神秘的な時間が私にとってはとても心に残っています。
お寺の荘厳な雰囲気と山や霧に様々な神秘を感じながら歌う歌。気持ちのよい瞬間でした。

でもでも・・・やっぱり一つ一つ全ての事を思い返すと、どれも重なることのない想いがそこにあって、充実した1年を送ることができたなぁっと思います。
私的には、ancoになってから始めて出せたCD「aigakikoeru」が今年の出来事だなんてちょっと思えないくらいです。
2年くらい前のことのように感じてしまいます。^^

「aigakikoeru」が出せた事。これは本当に感激でした。
CDを出すという今まで当たり前だったことが、こんなにも大変な事だという事を思い知らされた年だったわけで、自分でやりたい事をやるって、本当に大変なんだと思いました。
それから、初めてのライブDVDを作れたことも、楽しみながらもとてもいい勉強になりました。

*絶賛、通販にて発売中です!^^/(宣伝)

ずっと出したかったライブDVD!どうで作るなら、日本のファンがなかなか見れないレアなコンサートを収録しちゃえ!っというわけで、お馴染みの土屋監督こと、ツッチーをフランスまで連れていって撮ってもらった貴重な映像。
編集全てに立ち会わせてもらって、こだわって作ったので、今見ても「う〜〜〜んいいなぁ」って思えます。
勝手だけど、あのDVDを作った時、やはり私の仕事の環境が変わった節目でもあったので、すごい語っちゃってて、それも後から見るといい記念になった1枚だなぁなんて思っています。

ほいで、ほいで・・・。
ステージの目玉はやっぱり「aigakikoeruツアー」でしたね。
私はすっかり涙もろくなって、恥ずかしい限りですが、もう止まらないんです。

一生懸命やってきてよかった。
みんなあったかいな。有り難いな。
信じてよかった。
嬉しいな。
歌ってこうなんだよ。
何もかも全て忘れて、私にはステージ命。
走馬灯のように、涙。
続けてきたからこその達成感の涙。
なんか色んな気持ちがもう溢れちゃうんです。

こうして発言できる所があるだけ、私は誰かより救われているのかもしれないけど、結構、ぎりぎりの所でやってきたんだなぁって自分を振り返って思います。
今ももしかしたらそうかもしれない。
どうしてそんなにがんばるんだろう?
どうしてこんなにがんばれるんだろう?
って思った時、考えても答えは出ないけど、ステージに立って、みんなに歌を届けることができた時、その瞬間に全てが報われるというか、そんな涙です。

私はまだまだよちよち歩いています。
そんなKOKIAを時に引っ張ってくれたり、奮い立たせてくれるのはやっぱりファンの人達、ancoroちゃんのみんなです。

あ〜なんだか年末で2007年を振り返りモードになってしまいましたが、まだ2007年のステージは3っつも残っています。

この続きは年末にまた致しましょう。
っというわけで、また明日^_^/