2011年12月08日教会コンサート ♪

教会でのコンサート「music like a prayer」が静かに幕を閉じました。

6日、8日と2日間に渡って行われた教会でのコンサート。

ここでなければ、きっと感じることがなかった響きを感じていました。

 

kyoukai.jpg

 

クリスマスにはまだクリスマスライブを控えている為、2011年を締めくくるステージではなかったけれど、私の

心持ちとしては、2011年を集約したような、そんなステージとなりました。

 

それぞれが様々な想いで1年を振り返る時期。

日常の当たり前となった風景や時間の流れに、感謝の気持ちを感じずにはいられなかったであろう2011年。

言葉にするには、胸に溢れた気持ちをちゃんと言い当てられそうもなく、沈黙してしまった日々を振り返りなが

ら歌う瞬間が何度もありました。

 

それでも人は前に進んでゆく。

 

kyoukai2.jpg

 

教会、礼拝堂といった場所は、私にとっては懐かしく穏やかな気持ちにさせてくれる場所です。

初日の6日、大好きな賛美歌「みつかいの主なる大君」を歌い出してしばらくして、教会に響く自分の声を確認し

ながら、体調に悩まされた個人的な2011年の日々を思い返したりしていました。
そして心から、こうしてまた歌えることに感謝していました。

 

kyoyukai6.jpg

 

私にとってはどんなに頑張っても自分の力の及ばない事があるということを、改めて思い知らされ、考えさせ

られた年でありました。

そして、どんなことが起ころうとも、人は前に進んでゆかなくてはいけないという事をこのステージを通して

私が伝えたかったことのはずでした。

 

私事ですが、コンサート数日前から我が家の愛犬のネロ君が体調を崩し、看病の日が続きました。

「行ってくるからね。待っててね。」そう言って家を出た8日の公演の日、家に帰ると静かに眠るネロ君の姿が

ありました。

朝、家を出る時、なんとなく予感していたことではありましたが、横たわる冷たくなった体に触れた途端に、

涙が止まらなくなりました。

 

kyoukai3.jpg

 

2011年のクリスマスコンサート「music like a prayer」音楽は祈りのように。

私の胸の中でネロ君の想い出と共に静かに幕を閉じました。悲しい気持ち、涙の理由は、あなたをずっと覚えてい

るから・・・。

 

それでも私達は前に進んでゆく。

大事なものを確かめながら。

ありがとう。ありがとう。

 

8日。私の胸には言い知れぬ涙と優しい気持ちが波のように押し寄せてくる。そんな時間が流れていました。

 

nero.jpg

<<2011年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Web Site Shopping Club ancoro お仕事問い合わせ ファンメール