2014年01月07日初めてのライブ盤マスタリング

お正月は少しゆったりと過ごした後、私の仕事初めはニューイヤーコンサートのリハーサルでした。

いつものみんなの顔を久しぶりに見れた仕事はじめ、和やかにそして楽しい音時間。

 

合間を縫ってのライブ盤マスタリング。

マスタリングでしかなかなか会う機会のない、大好きなマスタリングエンジニアの川崎さん。

音のプロが私達の奏でた音に最後の魔法をかけてくれます。

 

私にとってライブ盤のマスタリングって初めてだったので、どんな風になってゆくのかとても興味深かったので

すけど、「あ〜なるほどね。こういう風になるんだぁ」という仕上がりに。

DVDとはまた一味違う、音に気持ちが集中する世界も様々なことをかき立てられる感じがして良い感じです。

まさに、ビクターさんが付けてくれた今回のキャッチフレーズがしっくりくるのです。

「それはまるで、耳で観るコンサート」

確かに、そんな感じなのです。

 

2014_1_7.jpg

 

こちらのライブ盤2月12日に発売になります。

もう、すぐですね。

ブックレットにたくさんコンサートの際の写真、リハの写真など使いました。

動画の良さ、スチールの良さ、それぞれにあると思うけれど、とっても素敵な写真が並んでいて、お気に入りの

ブックレットになりました。shine

 

やっぱり忘れられないステージだったなと。そんなステージの記憶をどんどん更新していけるような素敵な音を

残していけるよう。これからも頑張ってまいりたいと思います!

2014年01月01日2013 → 2014

クリスマスをロンドンで過ごした後、2013年の間に日本に戻ってきました。

たくさんのことがあり、たくさんの想いが私の中を駆け抜けていった1年。

2013年春のホールコンサートでみんなからもらった勇気や優しさを胸に頑張って来れた1年。

私がこれから残してゆく歌の中には、みんなの想いの欠片が詰まっているはず。

 

ありがとう。

 

1月はたくさんステージがあります。

久しぶりに皆さんに会えるのを楽しみにしています。

 

人生で起こることはきっと、その点だけでは白黒つけるのは難しくて、その点だけでは、良かったとか

悪かったとかいうのも難しくて、その点だけで意味付けることなんてできないのかも。

2013年私はいっぱい泣いてしまったけれど、その分2014年は、いっぱい笑う心つもりが整った気がします。

自分の人生を楽しくするのなんて、自分にしかできないことなのだから。

 

音楽と優しさと美しい空の色を想い浮かべることができる心を持っていれば、それだけでどこに居ても、何

をしていても幸せになれる気がする。

 

ゆっくりゆったり笑顔のはじまりを探していこう。   2014年元旦  KOKIA